アプリの設定と権限を管理する

誰がこの機能を利用できますか?

デフォルト設定では、メンバーなら誰でもアプリをインストールして、サードパーティのサービスを Slack ワークスペースに連携できます。必要に応じて、ワークスペースのオーナーは Slack でアプリの使用方法を管理するための権限を設定できます。このような権限の調整に、ワークスペースでアプリの承認機能が有効であるかどうかは関係ありません。 

利用できる権限

  • Slack App ディレクトリのアプリのみを許可する
    メンバーに対して、インストールできるアプリを Slack App ディレクトリのものに限定する。App ディレクトリ内のアプリはすべて、Slack によって審査されます。
  • マルチチャンネルゲストは、アプリのスラッシュコマンドとショートカットを使用できる
    マルチチャンネルゲストに、利用可能なアプリのショートカットスラッシュコマンドの使用を許可します。
  • インストールされたアプリのリンクプレビューのみ許可する
    リッチリンクプレビューでは、そのリンクドメインに登録された Slack アプリがワークスペースにインストールされている場合のみ、プレビューが表示されます。


権限を設定する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、「アプリを管理する」をクリックして Slack App ディレクトリを開きます。 
  3. 画面左側にある「アプリの管理設定」をクリックします。 
  4. ページの一番下までスクロールして、管理する権限のオンとオフを切り替えます。