SCIM プロビジョニングによるメンバー管理

Slack は、SCIM(System for Cross-domain Identity Management)の仕様に基づくメンバーのプロビジョニングに対応しています。プロビジョニングを使用するためには、Slack 対応の ID プロバイダの利用とコネクタ・アプリケーションが必要です。

Tip: カスタムスクリプトを作成してプロビジョニングを行いたい場合は、SCIM API を参照してください。


メンバー管理

SCIM プロビジョニングにより、ワークスペースのオーナーと管理者はメンバーの管理をより効率的に行うことができます。

✅  できること :

🚫  できないこと :

  • ゲストアカウント の作成(代わりに、ゲストを通常メンバーとして作成した後に、メンバーページからそのメンバーの種別をゲストに制限する必要があります。)
  • ユーザーグループハンドル(ユニークな表示名)の設定


プロビジョニングを設定する

SCIM プロビジョニングの設定方法は各 ID プロバイダによって異なります。Slack では、以下の ID プロバイダに対応しています :

設定中に、ID プロバイダから OAuth 2.0 フローで作成された API トークンが要求されます。

Slack では、これらの ID プロバイダを使って、ワークスペースの Active Directory グループをリアルタイムで同期できます。

注意 : SCIM により追加を承認されたメンバーは、初回のサインイン時点でアクティブユーザーとみなされ、料金が発生します。新しいメンバーのアカウントにかかる料金は、その時から請求締め日までの残日数を基に日割り計算した金額となります。

Slack Enterprise Grid をお使いですか? Enterprise Grid オーガナイゼーションのワークスペースに IDP グループを接続する方法を確認してみましょう。

この機能を使えるのは誰?
  • ワークスペースのオーナーがこの機能を有効にすることができ、管理者はプロビジョニングを管理することができます。
  • プラスプランと Enterprise Grid プランで利用できます。