Slack アナリティクスダッシュボードを閲覧する

Slack アナリティクスダッシュボードを使えば、組織での Slack の利用状況をさまざまなデータから確認できます。このダッシュボードから、メッセージ、チャンネル、ワークスペースのメンバーまたは Enterprise Grid オーガナイゼーションのメンバーについての情報を簡単に見つけて並べ替え、理解を深めることができます。

設定による影響

  • 利用できる表示やメトリクスはプランによって異なります。Slack のフリープランでは基本的なメトリクスを表示できます。有料プランでは、チャンネルおよびワークスペースのメンバーまたは Enterprise Grid OrG のメンバーに関するより詳細なメトリクスを表示できます。
  • Slack アナリティクスダッシュボードから利用できるメトリクスとその定義の一覧を確認すると、アナリティクスダッシュボードのデータを理解するのに役立ちます。
  • デフォルトでは、すべてのメンバーがワークスペースのアナリティクスを表示できます。ワークスペースのオーナーは、この機能へのアクセスを制限することや、メンバーのメトリクスを完全に無効にすることができます。

注意 :ワークスペースのオーナーは、アナリティクスダッシュボードへのアクセス権限をオーナーと管理者のみに制限することもできます。アナリティクスにアクセスできない場合は、オーナーまたは管理者に相談してください。

アナリティクスダッシュボードを閲覧する

無料

スタンダードプランとプラスプラン

Enterprise Grid

Slack のフリープランでは、アナリティクスダッシュボードの「概要」タブからワークスペースのアクティビティの概要を確認できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツール」を選択して、「アナリティクス」をクリックします。
  3. ワークスペースの全履歴のデータを表示するには、右上の「過去 30 日間」をクリックしてデータの範囲を調整します。
  4. Slack の外部でデータを確認するには、「エクスポート」をクリックします。

Tip :メッセージ、ファイル、チャンネル、メンバーのデータは、Slack の有料プランでのみ利用できます。さらに多くのアナリティクス機能を使用するには、ワークスペースをアップグレードしてください。

スタンダードプランとプラスプランでは、「概要」タブからワークスペースのアクティビティの概要を確認できます。「チャンネル」タブと「メンバー」タブを使用して、より詳細なデータを確認することもできます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツール」を選択して、「アナリティクス」をクリックします。
  3. ワークスペースの全履歴のデータを表示するには、右上の「過去 30 日間」をクリックしてデータの範囲を調整します。
  4. 「チャンネル」タブまたは「メンバー」タブの列を調整するには、「列を編集する」をクリックして、表示したいデータを選択します。
  5. Slack の外部でデータを確認するには、「エクスポート」をクリックします。

OrG レベル

OrG オーナーと OrG 管理者は、Enterprise Grid OrG 全体のアナリティクスを表示できます。「概要」ページには OrG アクティビティの概要が表示され、「ワークスペース」ページ、「チャンネル」ページ、「メンバー」ページにはより詳細なデータが表示されます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択してから、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 画面左側にある 「アナリティクス」をクリックします。
  4. ワークスペースの全履歴のデータを表示するには、右上の「過去 30 日間」をクリックしてデータの範囲を調整します。
  5. 「ワークスペース」ページ、「チャンネル」ページ、または「メンバー」ページの列を調整するには、「列を編集する」をクリックして、表示したいデータを選択します。
  6. Slack の外部でデータを確認するには、「エクスポート」をクリックします。


ワークスペースレベル

デフォルトでは、ワークスペースのすべてのメンバーが「概要」タブからワークスペースのアクティビティの概要を表示できます。また、「チャンネル」タブと「メンバー」タブを使用して、より詳細なデータを表示することもできます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツール」を選択して、「アナリティクス」をクリックします。
  3. ワークスペースの全履歴のデータを表示するには、右上の「過去 30 日間」をクリックしてデータの範囲を調整します。
  4. 「チャンネル」タブまたは「メンバー」タブの列を調整するには、「列を編集する」をクリックして、表示したいデータを選択します。
  5. Slack の外部でデータを確認するには、「エクスポート」をクリックします。

ポイント : OrG レベルとワークスペースレベルのアナリティクスでは、メンバーとメッセージの数が異なる場合があります。

誰がこの機能を利用できますか?
  • デフォルトの設定では、ゲスト以外のメンバーなら誰でもこの機能を使えます。
  • フリースタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン