Slack アナリティクスダッシュボードを閲覧する

Slack アナリティクスダッシュボードを使えば、組織での Slack の利用状況をさまざまなデータから確認できます。このダッシュボードでは、担当するワークスペースや Enterprise Grid オーガナイゼーション内のメッセージ、チャンネル、メンバーについてより理解できる情報を簡単に発見・ソートできます。

この機能でできること

  • 利用できる表示やメトリクスはプランによって異なります。Slack のフリープランでは基本的なメトリクスを表示できます。有料プランでは、チャンネルおよびワークスペースのメンバーまたは Enterprise Grid OrG のメンバーに関するより詳細なメトリクスを表示できます。
  • ダッシュボードから利用できるメトリクスとその定義の一覧を確認すると、Slack アナリティクスのデータを理解するのに役立ちます。
  • デフォルトでは、すべてのメンバーがワークスペースのアナリティクスを表示できます。ワークスペースのオーナーは、この機能へのアクセスを制限することや、メンバーの指標を完全に無効にすることができます。アナリティクス管理者の種別であるメンバーは、アナリティクスダッシュボードが有効であればアナリティクスダッシュボードをいつでも閲覧できます。 

注 :プライベートチャンネルのアナリティクスは、Enterprise Grid プランのプライベートチャンネルの管理権限を持つオーナーと管理者だけが利用できます。

アナリティクスダッシュボードを閲覧する

無料

プロ、ビジネスプラス

Enterprise Grid

Slack のフリープランでは、アナリティクスダッシュボードの「概要」タブからワークスペースのアクティビティの概要を確認できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツール」を選択して、「アナリティクス」をクリックします。
  3. ワークスペースの全履歴のデータを表示するには、右上の「過去 30 日間」をクリックしてデータの範囲を調整します。
  4. Slack の外部でデータを確認するには、「エクスポート」をクリックします。

Tip : メッセージ、ファイル、チャンネル、メンバーのデータは、Slack の有料プランでのみ利用できます。さらに多くのアナリティクス機能を使用するには、ワークスペースをアップグレードしてください。

プロプランとビジネスプラスプランでは、「概要」タブからワークスペースのアクティビティの概要を確認できます。「チャンネル」タブと「メンバー」タブを使用して、より詳細なデータを確認することもできます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツール」を選択して、「アナリティクス」をクリックします。
  3. ワークスペースの全履歴のデータを表示するには、右上の「過去 30 日間」をクリックします。
  4. 月ごとのデータも確認できます。チャンネルまたはメンバーに対して日付範囲をカスタム設定することもできます(13 か月前以降)。
  5. 「チャンネル」タブまたは「メンバー」タブの列を調整するには、「列を編集する」をクリックして、表示したいデータを選択します。
  6. Slack の外部でデータを確認するには、「エクスポート」をクリックします。

OrG レベル

OrG オーナー、OrG 管理者、アナリティクス管理者は、Enterprise Grid OrG 全体のアナリティクスを表示できます。「概要」ページには OrG アクティビティの概要が表示され、「ワークスペース」ページ、「メンバー」ページ、「OrG 全体のチャンネル」ページ、「ハドルミーティング」ページ、「クリップ」ページにはより詳細なデータが表示されます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択してから、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 画面左側にある 「アナリティクス」をクリックします。
  4. ワークスペースの全履歴のデータを表示するには、右上の「過去 30 日間」「ハドルミーティング」および「クリップ」ダッシュボードでは「過去 28 日間」)をクリックします。月ごとのデータも確認できます。メンバーOrG 全体のチャンネルハドルミーティングクリップに対して日付範囲をカスタム設定することもできます(13 か月前以降)。
  5. 「ワークスペース」ページ、「メンバー」ページ、または「OrG 全体のチャンネル」ページの列を調整するには、「列を編集する」をクリックして、表示したいデータを選択します。
  6. Slack の外部でデータを確認するには、「CSV のエクスポート」をクリックします。

注 :Slack は、新しいデザインを順次展開しています。変更が Enterprise Grid OrG に適用されるまでは、OrG オーナーと OrG 管理者がアナリティクスダッシュボードへのリンクをアナリティクス管理者に転送する必要があります。


ワークスペースレベル

デフォルトでは、ワークスペースのすべてのメンバーが「概要」タブからワークスペースのアクティビティの概要を表示できます。また、「チャンネル」タブ、「メンバー」タブ、「App」タブを使用して、より詳細なデータを表示することもできます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツール」を選択して、「アナリティクス」をクリックします。
  3. ワークスペースの全履歴のデータを表示するには、右上の「過去 30 日間」「App」タブでは「過去 28 日間」)をクリックします。
  4. 月ごとのデータも確認できます。チャンネルメンバー、またはアプリに対して日付範囲をカスタム設定することもできます(13 か月前以降)。
  5. 「チャンネル」タブ、「メンバー」タブ、または「App」 タブの列を調整するには、「列を編集する」をクリックして、表示したいデータを選択します。
  6. Slack の外部でデータを確認するには、「CSV のエクスポート」をクリックします。

ポイント : OrG レベルとワークスペースレベルのアナリティクスでは、メンバーとメッセージの数が異なる場合があります。

注 :Slack の新しいデザインが全面的に展開されるまで、アナリティクス管理者はアナリティクスを閲覧したいワークスペースにログインしている必要があります。

誰がこの機能を利用できますか?
  • デフォルトの設定では、ゲスト以外のメンバーなら誰でもこの機能を使えます。
  • すべてのプランで利用できます

もっと詳しく :Slack アナリティクスについて理解を深めるには、コースを受講して知識をテストし、Slack スキルバッジを獲得しましょう。

Slack アナリティクスダッシュボードを使えば、組織での Slack の利用状況をさまざまなデータから確認できます。このダッシュボードでは、担当するワークスペースや Enterprise Grid オーガナイゼーション内のメッセージ、チャンネル、メンバーについてより理解できる情報を簡単に発見・ソートできます。

この機能でできること

  • 利用できる表示やメトリクスはプランによって異なります。Slack のフリープランでは基本的なメトリクスを表示できます。有料プランでは、チャンネルおよびワークスペースのメンバーまたは Enterprise Grid OrG のメンバーに関するより詳細なメトリクスを表示できます。
  • ダッシュボードから利用できるメトリクスとその定義の一覧を確認すると、Slack アナリティクスのデータを理解するのに役立ちます。
  • デフォルトでは、すべてのメンバーがワークスペースのアナリティクスを表示できます。ワークスペースのオーナーは、この機能へのアクセスを制限することや、メンバーの指標を完全に無効にすることができます。アナリティクス管理者の種別であるメンバーは、アナリティクスダッシュボードが有効であればアナリティクスダッシュボードをいつでも閲覧できます。 

注 :プライベートチャンネルのアナリティクスは、Enterprise Grid プランのプライベートチャンネルの管理権限を持つオーナーと管理者だけが利用できます。

アナリティクスダッシュボードを閲覧する

無料

プロ、ビジネスプラス

Enterprise Grid

Slack のフリープランでは、アナリティクスダッシュボードの「概要」タブからワークスペースのアクティビティの概要を確認できます。

  1. デスクトップのサイドバーにあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「ツールと設定」にマウスポインターを重ねてから、「アナリティクス」をクリックします。
  3. ワークスペースの全履歴のデータを表示するには、右上の「過去 30 日間」をクリックしてデータの範囲を調整します。
  4. Slack の外部でデータを確認するには、「エクスポート」をクリックします。

Tip : メッセージ、ファイル、チャンネル、メンバーのデータは、Slack の有料プランでのみ利用できます。さらに多くのアナリティクス機能を使用するには、ワークスペースをアップグレードしてください。

プロプランとビジネスプラスプランでは、「概要」タブからワークスペースのアクティビティの概要を確認できます。「チャンネル」タブと「メンバー」タブを使用して、より詳細なデータを確認することもできます。

  1. デスクトップのサイドバーにあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「ツールと設定」にマウスポインターを重ねてから、「アナリティクス」をクリックします。
  3. ワークスペースの全履歴のデータを表示するには、右上の「過去 30 日間」をクリックします。
  4. 月ごとのデータも確認できます。チャンネルまたはメンバーに対して日付範囲をカスタム設定することもできます(13 か月前以降)。
  5. 「チャンネル」タブまたは「メンバー」タブの列を調整するには、「列を編集する」をクリックして、表示したいデータを選択します。
  6. Slack の外部でデータを確認するには、「エクスポート」をクリックします。

OrG レベル

OrG オーナー、OrG 管理者、アナリティクス管理者は、Enterprise Grid OrG 全体のアナリティクスを表示できます。「オーガナイゼーション」ページには OrG アクティビティの概要が表示され、「ワークスペース」ページ、「メンバー」ページ、「OrG 全体のチャンネル」ページ、「ハドルミーティング」ページ、「クリップ」ページ、「アプリ」ページにはより詳細なデータが表示されます。

  1. デスクトップのサイドバーにあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「ツールと設定」にマウスポインターを重ねてから、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 画面左側にある 「アナリティクス」をクリックします。
  4. ワークスペースの全履歴のデータを表示するには、右上の「過去 30 日間」「ハドルミーティング」「クリップ」および「アプリ」ダッシュボードでは「過去 28 日間」)をクリックします。月ごとのデータも確認できます。メンバーOrG 全体のチャンネルハドルミーティングクリップに対して日付範囲をカスタム設定することもできます(13 か月前以降)。
  5. 「ワークスペース」ページ、「メンバー」ページ、または「OrG 全体のチャンネル」ページの列を調整するには、「列を編集する」をクリックして、表示したいデータを選択します。
  6. Slack の外部でデータを確認するには、「CSV のエクスポート」をクリックします。


ワークスペースレベル

デフォルトでは、ワークスペースのすべてのメンバーが「概要」タブからワークスペースのアクティビティの概要を表示できます。また、「チャンネル」タブ、「メンバー」タブ、「App」タブを使用して、より詳細なデータを表示することもできます。

  1. デスクトップのサイドバーにあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「ツールと設定」にマウスポインターを重ねてから、「アナリティクス」をクリックします。
  3. ワークスペースの全履歴のデータを表示するには、右上の「過去 30 日間」「App」タブでは「過去 28 日間」)をクリックします。
  4. 月ごとのデータも確認できます。チャンネルメンバー、またはアプリに対して日付範囲をカスタム設定することもできます(13 か月前以降)。
  5. 「チャンネル」タブ、「メンバー」タブ、または「App」 タブの列を調整するには、「列を編集する」をクリックして、表示したいデータを選択します。
  6. Slack の外部でデータを確認するには、「CSV のエクスポート」をクリックします。

ポイント : OrG レベルとワークスペースレベルのアナリティクスでは、メンバーとメッセージの数が異なる場合があります。

誰がこの機能を利用できますか?
  • デフォルトの設定では、ゲスト以外のメンバーなら誰でもこの機能を使えます。
  • すべてのプランで利用できます

もっと詳しく :Slack アナリティクスについて理解を深めるには、コースを受講して知識をテストし、Slack スキルバッジを獲得しましょう。