Slack のフェアビリングポリシー

企業向けソフトウェアの料金プランではほとんどの場合、チームのユーザー数をもとに請求が行われ、ソフトウェアを実際に使用しているユーザー数は考慮されません。しかし、Slack では実際に利用した分のみの料金が請求されるので、Slack を使用していないメンバー分の料金を支払うことはありません。すでに支払い済みのメンバーが非アクティブになった場合は、未使用の時間を日割りした Slack クレジットポイントがアカウントに付与されます。使った分だけ払う。フェアですね!

概要

  • 有料プランを購入すると、そのワークスペース全体にアップグレードが適用され、アクティブなメンバー分の料金が請求されます。

  • ワークスペース内で有料プランのアクティブメンバーの人数に変更があった場合、請求書にその内容が反映されます。

  • すべてのメンバーが非アクティブになった場合は、Slack のフリープランにダウングレードしない限り、最低料金としてメンバー 1 人分の料金が請求されます。


メンバーの使用分に対する請求方法

アクティブメンバー数が請求の対象となります。特定の種類のメンバーは有料ですが、ほかは無料です。

有料

  • ワークスペースのオーナー
  • ワークスペースの管理者
  • 通常メンバー
  • マルチチャンネルゲスト

フリー

  • シングルチャンネルゲスト
  • 招待されたメンバー*
  • ボット

*注意 : 招待されたメンバーが招待を承諾してワークスペースに参加すると、このメンバーはその日以降、アクティブメンバーとして請求されます。


請求締め日前に新しいメンバーを追加する

有料プランを利用中のチームが請求締め日前に新しくメンバーを追加した場合、新規メンバーに関しては、実際に利用した時間のみが請求対象となります。利用時間については Slack が計算し、適正に請求します。 

  • クレジットカードで月払いを選択している場合、新規メンバーに関しては、そのメンバーを追加した翌月に日割り計算された料金が請求されます。 
  • クレジットカードで年払いを選択している場合、新規メンバーに関しては、そのメンバーを追加した月の月末に、年末までの残日数を日割りで計算した料金が請求されます。  
  • 請求書払い(年払い)を選択し、ワークスペースのメンバー数が支払い済みの人数を超えた場合、四半期ごとに差額料金を算出し、未払残高分の請求書をお送りします。

月払いでプロプランを利用しているワークスペースの場合、メンバー 1 人あたりの料金は 8 ドルです。請求期間の 10 日目に新しいメンバーを追加しました。その月の請求期間は、あと 20 日残っています。


料金の請求方法

新しく追加したメンバーの料金を日割り計算するには、メンバー 1 人あたりの月額料金をその月の日数で割った数に、その月の残日数を掛けます。式は次のとおりです。(8 ドル ÷ 30 日) x (20 日) = 5.33 ドル

 

メンバーが非アクティブ/解除された場合の請求書への影響

有料プランのメンバーが請求対象となるのは、Slack の利用状況がアクティブである場合のみです。Slack は非アクティブメンバーを自動的に検知します。非アクティブメンバーが検知されると、日割りの Slack クレジットポイント** がアカウントに付与されます。Slack クレジットポイントは、ワークスペースへの新しいメンバーの追加時や、次回の契約更新時といった、今後の支払いに適用されます。

月払いでプロプランを利用しているワークスペースの場合、メンバー 1 人あたりの料金は 8 ドルです。請求期間の 15 日目に、あるメンバーが解除されました。その月の請求期間は、あと 15 日残っています。


Slack クレジットポイントの付与方法

Slack クレジットポイントを日割り計算するには、メンバー 1 人あたりの月額料金をその月の日数で割った数に、その月の残日数を掛けます。式は次のとおりです。8 ドル ÷ 30 日) x (15 日) = 4 ドル


非アクティブなメンバーアカウントとアクティブなメンバーアカウントの比較

メンバーがアクティブまたは非アクティブかを判断する際の Slack の基準と、その判断結果による請求金額への影響について、以下の表に概要をまとめました。 

アカウントアクティビティ ステータス 請求金額への影響

メンバーが Slack を 14 日以上利用していない場合

非アクティブ 請求期間中に利用されなかった日数分の Slack クレジットポイントが、Slack アカウントに払い戻されます

非アクティブなメンバーが Slack を再び使用し始めた場合

アクティブ

ステータスの変更が自動で検知され、請求締め日までの残日数分の日割額が請求されます

ワークスペースのオーナーまたは管理者によって、メンバーが解除された場合

非アクティブ

請求期間中に利用されなかった日数分の Slack クレジットポイントが、Slack アカウントに払い戻されます

解除されたメンバーが、ワークスペースのオーナーまたは管理者によって復活させられた場合

アクティブ ステータスの変更が自動で検知され、請求締め日までの残日数分の日割額が請求されます

**注 :Slack クレジットポイントには貨幣価値や交換価値がなく、譲渡や返金はできません。また、クレジットポイントはチームの有料プランの終了に伴い失効します。


クレジットカードへの請求日

お使いのクレジッドカードへの Slack からの請求は、有料プランを購入した日に確認できます。Slack からのその他の請求のタイミングは以下の通りです。

  • 月払いの場合は、毎月の更新日
  • 年払いの場合は、毎年の更新日
  • 年払いを選択し、新規メンバーを追加したために未払残高がある場合は、そのメンバーが参加した月の末日