Slack のアップタイムアラートの更新を受け取る

Slack では、高い透明性を維持することを重視しています。特に、Slack のサービスに関して、その可用性やアップタイムを皆さんにしっかり伝えることが重要だと考えています。そこで Slack では Slack 稼働状況と Slack 上の不具合に関する履歴に誰でもアクセスできるようにしています。


問題の発生中

ユーザーの皆さんに影響する問題について、Slack 稼働状況で最新情報を確認できます。ほかにも最新情報を得る方法がいくつかあります。

  • Slack 稼働状況の RSS フィードを購読する
    お好みの購読ツールを使用して、Atom フィードRSS フィードによって Slack 稼働状況の更新情報を受け取ります。最新情報に関する通知をすぐに受け取れるように、定期的に更新をチェックするように RSS リーダーを設定することもできます。
  • Twitter で @SlackStatus をフォローする
    Twitter で @SlackStatus をフォローし、Slack サービスに影響する更新情報を受け取ります。
  • サードパーティー製のモニタリングシステムを設定する
    Slack サービスに影響する場合に更新情報を送信するカスタムツールの作成については、Slack の API ページを参照してください。


問題が解決すると

問題が解決したら、24 時間以内に Slack 稼働状況に問題の概要が公開されます。問題の概要には、どのような問題が発生し、ユーザーの皆さんにどのように影響したか、具体的な詳細情報が含まれます。