アカウントの重複を修正する

アカウントの重複とは、メンバーがワークスペースに複数のアカウントを持つことを意味します。メンバーにシングルサインオン (SSO) の利用を義務付けているワークスペースでは、こうした問題が手違いで発生することがあります。例えば、メンバーがメールアドレスを入力して Slack にサインインしようとしたり、誤った内容を入力すると、新しいアカウントが作成されます。この問題が発生した場合は、ワークスペースや OrG のオーナーが次の方法でメンバーのアカウントの重複を修正できます。


アカウントの重複を修正する

スタンダードプランとプラスプラン 

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのオーナーは、次の方法でメンバーのアカウントの重複を修正できます。

ステップ 1 : メールアドレスの変更を許可する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「認証」 をクリックします。
  4. 「SAML」または「Google 認証設定」の横の「設定を変更」をクリックします。
  5. 「設定」の右側の「開く」をクリックします。
  6. 「メールアドレスの変更をユーザーに許可する」をオンにします。
  7. 「設定を保存する」をクリックします。

ステップ 2 : メンバーのメールアドレスを更新する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「メンバーを管理する」をクリックします。
  3. 変更するアカウントのメールアドレスをクリックして新しいメールアドレスを入力します。 注意 :  入力するのはどんなメールアドレスでもかまいません。ここでの目的は、重複したアカウントから特定のメールアドレスを切り離すことにあります。
  4. これで、重複したアカウントを解除できます。
  5. 次に、元のアカウントを見つけます。メールアドレスをクリックして先ほど切り離したメールアドレスを入力します。
  6. 対象のメンバー名の右側の  (3 つのドットアイコン) をクリックして、「SSO の再バインドメールを送信する」を選択します。対象のメンバーには、アカウントのバインドと認証方法が記載されたメールが届きます。

ステップ 3 : ワークスペースの設定を元に戻す

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「認証」 をクリックします。
  4. 「SAML」または「Google 認証設定」の横の「設定を変更」をクリックします。
  5. 「設定」の右側の「開く」をクリックします。
  6. 「メールアドレスの変更をユーザーに許可する」をオフにします。
  7. 「設定を保存する」をクリックします。

OrG オーナーは、次の方法でメンバーのアカウントの重複を修正できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3.  (オーガナイゼーション) 「メンバー」 をクリックします。
  4. 対象メンバーの重複したアカウントを見つけ、アカウント名をクリックします。
  5. 右上の「プロフィールを編集する」を選択してアカウントのメールアドレスを別のメールアドレスに変更します。 注意 :  入力するのはどんなメールアドレスでもかまいません。ここでの目的は、重複したアカウントから特定のメールアドレスを切り離すことにあります。
  6. 次に、元のアカウントを見つけます。メールアドレスをクリックして先ほど切り離したメールアドレスを入力します。
  7. 対象のメンバー名の右側の 「3 つのドットアイコン」をクリックして、「SSO の再バインドメールを送信する」を選択します。対象のメンバーには、アカウントのバインド方法と認証方法が記載されたメールが届きます。


アカウントの重複を防ぐ

アカウントの重複を防ぐには、メンバー全員が各自のアカウントに関連付けられたメールアドレスを使用するよう徹底しましょう。その際、次の点を考慮してください。

  • メンバーが正しいメールアドレスで Slack にサインインしていることを確認します。例えば、jsmith@acme.com というメールアドレスを持つメンバーが、john@acme.com というエイリアスを使用すると、重複するアカウントが作成されてしまいます。
  • ID プロバイダ (IDP) を利用している場合は、ユニークで変化しない ID (従業員番号など) が設定されていることを確認してください。メールアドレスなどの値を ID として設定すると、メンバーが重複アカウントを作成してしまうことがあります。

誰がこの機能を利用できますか?

  • ワークスペースのオーナーと OrG オーナー
  • スタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン