ワークスペースからアプリとカスタムインテグレーションを削除する

アプリやカスタムインテグレーションの削除方法は、作成者や設定方法によって異なります。削除する際に知っておくべきことすべてを、以下の便利なガイドにまとめました。

基本事項

  • サードパーティ製アプリ、Slack 純正アプリ、ワークスペーストークンアプリ
    これらのアプリについては、ワークスペースから完全に削除することも、個別の連携許可(サードパーティ製アプリ)や設定(Slack 純正アプリ)を無効にすることもできます。ワークスペーストークンアプリはレガシーフレームワークで開発されているため、Slack からの削除方法が少し異なります。
  • カスタムインテグレーション
    ワークスペース全体からカスタムインテグレーションを削除することも、個別の設定を無効にすることもできます。
  • 権限
    ワークスペースのオーナーは、アプリとインテグレーションを管理できるメンバーを制限できます。削除のオプションが見当たらない場合は、オーナーや管理者に変更をお願いしましょう。

 

アプリを削除する

アプリを削除する

設定や許可を無効にする

サードパーティ製アプリと Slack 純正アプリ

  1. デスクトップから、Slack の App ディレクトリにアクセスします。
  2. 右上の「管理」をクリックします。
  3. 左側の列のリストから「App」をクリックします。
  4. 削除するアプリを見つけて選択します。
  5. サードパーティ製アプリ :
    「アプリケーションを削除する」までスクロールダウンして「アプリを削除する」を選択します。

    Slack 純正アプリ :

    •  「鉛筆」アイコンをクリックして、「削除」を選択します(設定された内容が 1 種類のみの場合には、「鉛筆」アイコンは表示されません。「削除する」をクリックしてください)。

ワークスペーストークンアプリ

Asana、GitHub、Sentry、Zendesk といったアプリはいずれもレガシーフレームワークを使用して開発されました。ワークスペースからこれらのアプリをアンインストールするには、以下の手順に従ってください。

  1. デスクトップから、Slack の App ディレクトリにアクセスします。
  2. 削除するアプリを検索します。
  3. そのアプリのページで、「設定」をクリックします。
  4. メニューから、「ワークスペースへのアクセス」を選択します。
  5. 「アプリをアンインストールする」をクリックします。
  1. デスクトップから、Slack の App ディレクトリにアクセスします。
  2. 右上の「管理」をクリックします。
  3. 左側の列のリストから「App」をクリックします。
  4. 設定を変更したいアプリを見つけて選択します。
  5. サードパーティ製アプリ :
    「許可」の下で、無効にしたい設定の横にある  「ゴミ箱」アイコンをクリックします。

    Slack 純正アプリ :

     「鉛筆」アイコンをクリックしてから、右上の「無効にする」を選択します。


カスタムインテグレーションを削除する

  1. デスクトップから、Slack の App ディレクトリにアクセスします。
  2. 右上の「管理」をクリックします。
  3. 左側の列から「カスタムインテグレーション」を選択します。
  4. 削除したいカスタムインテグレーションを見つけて選択します。
  5. 変更したい設定の横の  「鉛筆」アイコンをクリックします。
  6. 「削除する」をクリックして設定を削除します。または、「無効にする」をクリックしてオフにすることもできます。
この機能を使えるのは誰?
  • デフォルトでは、ゲスト以外のメンバー全員
  • フリースタンダードプラスEnterprise Grid の各プランで利用可能