Slack のメンバー種別

Slack のメンバーは誰でも、権限レベルの異なる種別を持っています。ここでは、メンバーの種別について説明します。それぞれの権限についてさらに詳しくは、Slack での権限オーガナイゼーションでの権限をチェックしてみてください。

フリープラン、スタンダードプラン、プラスプラン

Enterprise Grid プラン

フリープラン、スタンダードプラン、プラスプランは、1 つのワークスペースを利用します。ワークスペースのメンバー種別は、管理権限がある種別と、そうでない種別とに分かれます。

管理権限のあるメンバー種別

  • ワークスペースのプライマリーオーナー
    どのワークスペースにも、最高の権限を持つプライマリーオーナーが 1 人います。ワークスペースの削除とオーナー権限の引き継ぎができるのはこのプライマリーオーナーのみです。
  • ワークスペースのオーナー
    ワークスペースには複数のオーナーを任命できます。ワークスペースのオーナーはプライマリーオーナーと同じレベルの権限を持ちますが、ワークスペースの削除とオーナー権限の引き継ぎはできません。
  • ワークスペースの管理者
    ワークスペースの管理者も複数の人を任命できます。管理者は、メンバーとチャンネルの管理権限と、ワークスペースで利用する Slack アカウント全体の管理・運営権限を持ちます。


管理権限のないメンバー種別

  • メンバー
    Slack ワークスペースに参加しているユーザーをメンバーと呼びます。メンバーは、Slack を使って他のメンバーとコミュニケーションを取ったり一緒に仕事をすることができます。
  • ゲスト
    アクセスが制限された状態でワークスペースに参加しているユーザーをゲストと呼びます。マルチチャンネルゲストは決められた複数のチャンネルを利用でき、シングルチャンネルゲストは 1 つのチャンネルだけ利用できます。ゲストは、参加しているチャンネルのメンバーとだけコラボレーションができます。
  • 招待されたメンバー
    招待されたメンバーはワークスペースに招待されたものの、まだ招待を受諾していないメンバーを指します。チャンネルへ追加するほか、これらのメンバーへはメンションやダイレクトメッセージの送信も可能です。また、こうしたメッセージに関するメール通知も送信されます。まもなく、メール経由で Slack メッセージへの返信も可能になる予定です。

Slack Enterprise Grid は、同じ企業・組織内にある複数の Slack ワークスペースを一つにつなげます。Slack オーガナイゼーションのメンバー種別は、OrG レベルかワークスペースレベルで設定できます。

OrG レベルのメンバー種別

その他管理項目

  • プライマリー OrG オーナー
    どの OrG にも、最高の権限を持つプライマリーオーナーが 1 人います。OrG オーナーの権限の引き継ぎを行うことができるのはこのプライマリーオーナーのみです。
  • OrG オーナー
    OrG オーナーには複数の人を任命できます。OrG オーナーはプライマリー OrG オーナーと同じレベルの権限を持ちますが、OrG オーナー権限の引き継ぎはできません。
  • OrG 管理者
    OrG 管理者にも複数の人を任命できます。管理者は、OrG で利用する Slack アカウント全体の管理・運営権限を持ちます。


ワークスペースレベルのメンバー種別

管理権限のあるメンバー種別 

  • ワークスペースのプライマリーオーナー
    どのワークスペースにも、最高の権限を持つプライマリーオーナーが一人います。ワークスペースの削除とオーナーの権限の引き継ぎを行うことができるのは、プライマリーオーナーのみです。
  • ワークスペースのオーナー
    ワークスペースには複数のオーナーを任命できます。プライマリーオーナーと同じ最高レベルの権限を持ちますが、ワークスペースの削除とオーナーの権限の引き継ぎはできません。
  • ワークスペースの管理者
    ワークスペースの管理者にも複数の人を任命できます。管理者は、メンバーやチャンネルの管理権限と、ワークスペースで利用する Slack アカウント全体の管理・運営権限を持ちます。


管理権限のないメンバー種別

  • メンバー
    Slack ワークスペースに参加しているユーザーをメンバーと呼びます。メンバーは、Slack を使って他のメンバーとコミュニケーションを取ったり一緒に仕事をすることができます。
  • ゲスト
    アクセスが制限された状態でワークスペースに参加しているユーザーをゲストと呼びます。マルチチャンネルゲストは決められた複数のチャンネルを利用でき、シングルチャンネルゲストは 1 つのチャンネルだけ利用できます。ゲストは、参加しているチャンネルのメンバーとだけコラボレーションができます。
  • 招待されたメンバー
    招待されたメンバーはワークスペースに招待されたものの、まだ招待を受諾していないメンバーを指します。チャンネルへ追加するほか、これらのメンバーへはメンションやダイレクトメッセージの送信も可能です。また、こうしたメッセージに関するメール通知も送信されます。まもなく、メール経由で Slack メッセージへの返信も可能になる予定です。

Tip : ワークスペースや OrG のオーナーや管理者に任命された人は、メンバー種別の変更についてもぜひ詳しく理解しておきましょう。