Slack のメンバー種別

メンバー種別は、Slack でメンバーがどの情報を閲覧できるかや、どのようなことができるかを決定します。Slack のアカウントと設定の管理を担当するメンバーのために、管理権限のあるメンバー種別が用意されています。管理者権限のないメンバー種別では、Slack で作業しながら主要な機能を利用できます。 

注意 : 詳しくは、Slack での各メンバー種別の権限の内容を参照してください。

 

Slack のメンバー種別

以下は、Slack のすべてのプランで利用可能なメンバー種別の一覧です。

  • ワークスペースのプライマリーオーナー
    Slack のワークスペースには、1 人のプライマリーオーナーが任命されています。ワークスペースの削除オーナー権限の引き継ぎができるのはこのプライマリーオーナーのみです。
  • ワークスペースのオーナー
    プライマリーオーナーがワークスペースのオーナーを任命することができます。ワークスペースのオーナーはプライマリーオーナーと同じレベルの権限を持ちますが、ワークスペースの削除とオーナー権限の譲渡はできません。
  • ワークスペースの管理者
    ワークスペースのオーナーがワークスペースの管理者を任命することができます。管理者は、メンバーの管理権限と、ワークスペースで利用する Slack アカウント全体の管理・運営権限を持ちます。
  • 通常メンバー
    メンバーは、オーナーと管理者のみに制限されている機能を除き、Slack の機能を使うためのアクセス権があります。
  • マルチチャンネルゲスト(有料プランでのみ利用可能)
    マルチチャンネルゲストは、Slack 内のアクセスが制限されています。管理者は、マルチチャンネルゲストを Slack 内の複数のチャンネルに追加できます。
  • シングルチャンネルゲスト(有料プランでのみ利用可能)
    シングルチャンネルゲストは、Slack 内のアクセスが制限されています。管理者は、シングルチャンネルゲストを Slack 内の 1 つのチャンネルに追加できます。
  • 招待されたメンバー
    招待されたメンバーとは、Slack に招待されたものの、まだ招待を承諾していないメンバーを指します。ほかのメンバーは、招待されたメンバーをチャンネルに追加して、メンションし、ダイレクトメッセージ(DM)を送信できます。招待されたメンバーが実際にアカウントを作成するまでは、メール通知が届きます。


Enterprise Grid プランのその他のメンバー種別

ほかにも Enterprise Grid プランには、オーガナイゼーションが Slack を管理するためのメンバー種別があります。

  • OrG プライマリーオーナー
    すべての Enterprise Grid OrG には、1 人の OrG プライマリーオーナーが任命されています。OrG オーナーの権限の譲渡を行うことができるのはこのプライマリーオーナーのみです。
  • OrG オーナー
    OrG プライマリーオーナーは、OrG オーナーを任命することができます。OrG オーナーは OrG プライマリーオーナーと同じレベルの権限を持ちますが、OrG オーナー権限の譲渡はできません。
  • OrG 管理者
    OrG オーナーは、OrG 管理者を任命することができます。管理者は、OrG レベルのポリシーと、ワークスペースで利用する Slack アカウント全体の管理・運営権限を持ちます。


システムのメンバー種別

Enterprise Grid プランでは、オーガナイゼーションはシステムのメンバー種別を使用して、さらに柔軟な方法でメンバーに権限を付与できます。メンバー種別の割り当て権限を付与された管理者は、ユーザーに 1 つ以上のシステムのメンバー種別を割り当て、オーガナイゼーションを管理する権限をそのユーザーに付与できます。例えば、セキュリティ管理者のシステムのメンバー種別を割り当てることで、通常メンバーにオーガナイゼーションのセキュリティ機能を管理する権限を付与します。

利用可能なシステムのメンバー種別は、以下のとおりです。詳細については、メンバー種別ごとの権限を参照してください。

  • チャンネル管理者 :チャンネルの管理方法を管理する
  • コンプライアンス管理者 :訴訟ホールドを作成および管理する
  • メンバー種別管理者 :システムのメンバー種別を割り当てるメンバーを管理する
  • ユーザー管理者 :管理者以外のメンバーを管理して、ユーザーグループを作成・管理する

その他のシステムのメンバー種別については、追って公開される予定です。決まりましたらお知らせします。