ワークスペースのアプリリクエストを管理する

この機能を使えるのは誰?
  • ワークスペースのオーナー とアプリの管理権限を持つ メンバー
  • フリースタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン

ワークスペースで アプリの承認 がオンに設定されている場合、メンバーは Slack で使用したいアプリをリクエストすることができます。デフォルトでアプリのリクエストを確認できるのはワークスペースのオーナーのみですが、他のメンバーも確認できるようアプリ管理者として任命することもできます。

Tip : ワークスペースのオーナーは、メンバーがアプリのリクエストを送信する必要なしにアプリをインストールできるようアプリを事前承認することができます。

設定による影響

  • アプリのリクエストは、ワークスペースのオーナーとアプリ管理者全員に送信されます。ワークスペースの設定に応じ、リクエストは Slackbot からのダイレクトメッセージまたはチャンネルへの送信のいずれかの方法で届きます。
  • ワークスペースのオーナーとアプリ管理者は、ワークスペースのメンバー全員が使用するアプリを承認または制限できます。
  • ワークスペースにインストール済みのアプリについては、そのアプリの開発者がスコープを変更した場合、メンバーはアプリをリクエストする必要がある場合があります。


アプリのリクエストを確認する

アプリのリクエストには、そのアプリの名前と申請者に加え、使用が承認された場合にアプリが Slack でアクセスできる権限 (またはスコープ) の一覧と追加のコメントが記載されます。リクエストを確認するには、次の手順に従います。

  1. リクエストが届いたら、Slackbot からのダイレクトメッセージを開くか、リクエストが送信されたチャンネルを開きます。
  2. リクエストを確認します。「ワークスペースでの利用を承認」または「ワークスペースでの利用を制限」を選択します。 「ワークスペースでの利用を制限」 を選択すると、メンバー全員がアプリのリクエストやインストールをできなくなります。 

Screen_Shot_2020-02-18_at_2.49.45_PM.png

リクエストが承認または拒否されると、アプリ管理者全員がステータスを確認できるよう、Slack が元のリクエストメッセージを更新します。


アプリとスコープ

スコープとは、Slack ワークスペースにインストールされたアプリが実行できる内容とアクセス範囲を定める一連の権限を指します。

ワークスペースへのアプリのインストール後に開発者がアプリのスコープを変更した場合、アプリ管理者が新しいスコープを確認できるよう、メンバーはアプリを再度リクエストする必要があります。アプリ管理者がアプリの新しいスコープを制限した場合には、メンバーはそのアプリの既存のバージョンを引き続き使用できますが、更新バージョンのインストールや使用はできません。