Slack コネクトを使ってチャンネルで他社と連携する

メールを使ったコミュニケーションの代わりに Slack コネクトを使えば、同じ Slack チャンネルで他社のメンバーとも一緒に働けます。Slack で他社のメンバーと連携する場合、その人がアクセスできるのは参加するよう招待されたチャンネルだけです。

注意 : 管理者は、他社のメンバーをチャンネルに招待できる人を制限できます。このオプションが見当たらない場合は、オーナーや管理者に相談してください。


他社のメンバーをチャンネルに追加する

連携相手になるメンバーにチャンネルへの招待を送信しましょう(Slack コネクトでは、自身のオーガナイゼーションを含め最大 250 社が連携できます)。なお、#general チャンネルに他社のメンバーを追加することはできません。

デスクトップ

モバイル

  1. 招待先のチャンネルを開きます。(新しいチャンネルを作成することもできます)。
  2. 右上のプロフィール写真の一覧をクリックします。
  3. 「メンバーを追加する」をクリックします。
  4. チャンネルに招待するメンバーのメールアドレスまたは名前を入力してから、「追加」をクリックします。
  5. 「別の会社から」を選択し、「次へ」をクリックします。
  6. メッセージを確認し、「了解」を選択して確定します。
  7. 権限がある場合は、招待先のチャンネルでメンバーが投稿および招待できるようにするか、または投稿のみできるようにするか選択できます。「次へ」をクリックして次に進みます。
  8. 必要に応じて任意のコメントを入力し、「招待を送信する」をクリックします。
  1. 招待先のチャンネルを開きます。(新しいチャンネルを作成することもできます)。
  2. 上部のチャンネル名をタップします。
  3. 「メンバーを追加する」をタップします。
  4. チャンネルに招待するメンバーのメールアドレスまたは名前を入力してから、「追加」をタップします。
  5. 「別の会社から」を選択し、「次へ」をタップします。
  6. メッセージを確認し、「了解」を選択して確定します。
  7. 権限がある場合は、招待先のチャンネルでメンバーが投稿および招待できるようにするか、または投稿のみ できるようにするか選択できます。「次へ」をタップして次に進みます。
  8. 必要に応じて任意のコメントを入力し、「招待を送信する」をタップします。

注意 : 送信した招待を管理者が承認することが必要な場合があります。各社の Slack 設定によっては、招待を承諾する時に管理者の承認が必要な場合もあります。


チャンネルへの招待を取り消す

送信した招待が承諾されていない場合は、招待を取り消せます。

  1. デスクトップから、左サイドバーの上部にある 「Slack コネクト」をクリックします。このオプションが見当たらない場合、 「その他」をクリックすると見つけることができます。
  2. ページ上部の「送信済み」タブをクリックします。
  3. 取り消したい招待にマウスポインターを重ねて、 (取り消しアイコン)をクリックします。

Tip :Slack コネクトチャンネルの権限を管理できるメンバーは、所属するオーガナイゼーションのメンバーが送信した保留中の招待をどれでも取り消すことができます。 

 

既存の権限を調整する

招待が承諾されると、Slack コネクトの承認設定を管理する権限を持つメンバーは、他社のメンバーの権限を調整することができます。

注意 : 各メンバーが権限をアップグレードまたはダウングレードできるかどうかは、送信を許可されている招待の種類によって異なります。

  1. デスクトップから、権限を管理するチャンネルを開きます。
  2. 会話のヘッダーのチャンネル名をクリックします。
  3. 「オーガナイゼーション」セクションで、アップグレードまたはダウングレードするチームの横にある (3 つのドットアイコン)をクリックします。
  4. 「権限を管理する」をクリックします。
  5. チームの権限を「投稿と招待が可能」または「投稿のみ可能」のいずれにするかを選択し、「次へ」をクリックします。
  6. 「保存」をクリックします。

Tip :ビジネスプラスおよび Enterprise Grid プランでは、招待を送信する権限を持ち、チャンネル管理の権限も持つメンバーは、チャンネル管理ツールを使用して他社のメンバーをアップグレードまたはダウングレードすることができます。

誰がこの機能を利用できますか?
  • デフォルトの設定では、ゲスト以外のメンバーなら誰でもこの機能を使えます。
  • 有料プランでご利用いただけます。