Slack でカレンダーアプリに対するドメイン全体での認証を有効にする

この機能を使えるのは誰ですか?
  • OrG のオーナー / 管理者ワークスペースのオーナー / ワークスペースの管理者
  • フリースタンダードプラス、そして Enterprise Grid の各プラン

フリー、スタンダード、プラスプランのワークスペースのオーナーまたは管理者、そして Enterprise Grid の OrG のオーナーまたは管理者は、メンバー全員の Slack アカウントを Google カレンダーアプリや Outlook の予定表アプリと自動的に連携させることができます。 

連携の仕組み

  • ワークスペースのオーナー/管理者、または OrG のオーナー/管理者は、ドメイン全体でのカレンダーアプリの認証プロセスを開始できますが、G Suite の特権管理者、または Office 365 の管理者に G Suite や Office 365 から Slack のオーガナイゼーションへのアクセスを承認してもらう必要があります。 
  • ドメインが認証されると、そのドメインのメールアドレスを持つすべてのメンバーの Slack アカウントが自動的にカレンダーアプリと連携します。 
  • これまでにメンバーがカレンダーアプリとアカウントの連携を解除している場合、アカウントは自動的に再度連携されます。 
  • メンバーはいつでも、Slack と連携しているカレンダーを変更したり、カレンダーの連携を解除したりできます。 


ステップ 1 : カレンダーアプリをワークスペースにインストールする

以下の手順に従い、Google カレンダーアプリや Outlook の予定表アプリをワークスペースにインストールしてください。カレンダーアプリがすでにインストールされている場合は、手順 2 に進んでください

Google カレンダー

Outlook の予定表

  1. Slack の App ディレクトリの Google カレンダーのページにアクセスします。
  2. 「Slack に追加」をクリックします。 
  3. 「許可する」をクリックして、Google カレンダーによる Slack ワークスペースへのアクセスを許可します。 
  4. メッセージに従い、「Slack を開く」を選択して、デスクトップの Slack に戻ります。 
  1. Slack の App ディレクトリの Outlook の予定表ページにアクセスします。
  2. 「Slack に追加」をクリックします。 
  3. 「許可する」をクリックして、Outlook の予定表による Slack ワークスペースへのアクセスを許可します。 
  4. メッセージに従い、「Slack を開く」を選択して、デスクトップの Slack に戻ります。 


ステップ 2 : ドメインを追加する

オーガナイゼーションのドメインを追加し、ドメイン全体での認証プロセスを開始します。ワークスペースまたは Enterprise Grid OrG のメンバーが複数のドメインのメールアドレスを所有している場合は、追加したいドメインごとに以下の手順を繰り返してください。 

Google カレンダー

Outlook の予定表

  1. デスクトップで、左サイドバーの  (アプリ)をクリックします。 
  2. Google カレンダーを検索して選択します。 
  3. Google カレンダーアプリの「ホーム」タブの「設定」ボタンをクリックします。 
  4. 「ドメイン全体での認証」「ドメインを追加」をクリックします。 
  5. 会社のドメインを入力して「追加」をクリックします。 
  1. デスクトップで、左サイドバーの  (アプリ)をクリックします。 
  2. Outlook の予定表を検索して選択します。 
  3. Outlook の予定表アプリの「ホーム」タブの「設定」ボタンをクリックします。 
  4. 「ドメイン全体での認証」「ドメインを追加」をクリックします。 
  5. 会社のドメインを入力して「追加」をクリックします。 


ステップ 3 : G Suite または Office 365 から Slack にアクセスを許可する 

ドメインを追加したら、G Suite または Office 365 から Slack に対して、メンバーの Google カレンダーまたは Outlook 予定表のアカウントへのアクセスを許可する必要があります。

Google カレンダー

Outlook の予定表

G Suite の特権管理者でない場合は、特権管理者に、G Suite Marketplace から Slack へのドメイン全体でのインストールを許可し、ドメイン所有権を検証してもらう必要があります。  

使用しているドメイン用の Slack アプリを追加する

  1. 対象のアプリの「ホーム」タブの「設定」ボタンをクリックします。 
  2. ドメインを探し、「ドメイン全体での認証」セクションで URL をクリックします。 
  3. メッセージに従い、G Suite の特権管理者アカウントにサインインします。G Suite の特権管理者でない場合は、URL をコピーし、特権管理者と共有します。その後、特権管理者に以下のとおり残りの手順を実行してもらいます。 
  4. 「ドメインのインストール」をクリックします。 
  5. 「次へ」をクリックします。 
  6. ボックスにチェックを入れて、Google のサービス利用規約を受諾し、「受諾する」をクリックします。 
  7. 「完了」をクリックします。 
  8. ワークスペースに戻り、Google カレンダーアプリを開きます。 


ドメイン所有権を検証する

  1. 対象のアプリの「ホーム」タブの「設定」ボタンをクリックします。 
  2. ドメインを探し、「ドメイン所有権を検証する」セクションで URL をクリックします。 
  3. メッセージに従い、G Suite の特権管理者アカウントにサインインします。 
  4. 「Slack を開く」をクリックして、ワークスペース内の Google カレンダーアプリに戻ります。  

Office 365 管理者でない場合は、Office 365 から Slack にアクセスを許可し、ドメイン所有権を確認する管理者が必要です。 

Office 365 から Slack へのアクセスを許可する

  1. 対象のアプリの「ホーム」タブの「設定」ボタンをクリックします。
  2. ドメインを探し、下にある URL をクリックします。 
  3. メッセージに従い、Office 365 管理者アカウントにサインインしてください。Office 365 管理者でない場合は、URL をコピーし、管理者と共有します。その後、管理者に以下のとおり残りの手順を実行してもらいます。 
  4. 「受諾する」をクリックして、メンバーの Outlook の予定表アカウントへのアクセスを Slack に許可します。 
  5. 「Slack を開く」をクリックして、ワークスペース内の Outlook の予定表アプリに戻ります。 


ドメイン所有権を検証する

  1. 対象のアプリの「ホーム」タブの「設定」ボタンをクリックします。 
  2. ドメインを探し、下にある URL をクリックしてドメイン所有権を検証します。 
  3. ボックスにチェックを入れ、メンバーの Outlook の予定表アカウントへの Slack のアクセスを確定します。
  4. 「受諾する」をクリックします。 
  5. 「Slack を開く」をクリックして、ワークスペース内の Outlook の予定表アプリに戻ります。 


ステップ 4 : ドメインを検証する

Google カレンダー

Outlook の予定表

  1. 対象のアプリの「ホーム」タブの「設定」ボタンをクリックします。
  2. ドメインの横の「検証する」をクリックします。 
  3. ドメインの有効なメールアドレスを入力して、「検証する」をクリックします。 
  1. 対象のアプリの「ホーム」タブの「設定」ボタンをクリックします。
  2. ドメインの横の「検証する」をクリックします。 
  3. ドメインの有効なメールアドレスを入力して、「認証する」をクリックします。 


ステップ 5 : Enterprise Grid OrG のワークスペースを選択する

上記の手順を実行したら、OrG のオーナーと管理者は、OrG 内の少なくとも 1 つのワークスペースを選択し、ドメイン全体の認証プロセスを完了する必要があります。 

Google カレンダー

Outlook の予定表

  1. 対象のアプリの「ホーム」タブの「設定」ボタンをクリックします。
  2. ドメインの下にある「選択」をクリックして、ドロップダウンメニューを開きます。
  3. スクロールしてワークスペースを見つけたら、ワークスペース名をクリックして、そのワークスペースに対してドメイン全体の認証を有効にします。

上記の手順を繰り返して、追加のワークスペースに対してドメイン全体の認証を有効にしてください。

  1. 対象のアプリの「ホーム」タブの「設定」ボタンをクリックします。
  2. ドメインの下にある「選択」をクリックして、ドロップダウンメニューを開きます。 
  3. スクロールしてワークスペースを見つけたら、ワークスペース名をクリックして、そのワークスペースに対してドメイン全体の認証を有効にします。 

上記の手順を繰り返して、追加のワークスペースに対してドメイン全体の認証を有効にしてください。 


メンバーのためのカレンダーアプリのオンボーディング

検証されたドメインのメールアドレスを持つメンバーが、まだカレンダーアプリを使用していない場合は、カレンダーアプリの使用の開始をサポートする一連のオンボーディングメッセージが、Google カレンダーアプリまたは Outlook の予定表アプリから届きます。  

  • 最初は、カレンダーアプリが Slack で使用できるようになったことがメンバーに通知されます。必要に応じて、Slack と連携しているカレンダーに切り替えたり、アカウントの連携を解除したりすることができます。アカウントとの連携を解除したメンバーには、オンボーディングメッセージが届かなくなります。 
  • 次に、メンバーはステータスの同期を有効にするように求められます。Google カレンダーまたはOutlook の予定表でステータスの同期を有効にすると、カレンダーに基づいてメンバーが会議中であることが反映され Slack のステータスが自動的に更新されます。 
  • 最後に、Slack でのカレンダー通知設定の調整に関する情報がメンバーに送られます。 


ドメインを管理する

注意 : オーナーまたは管理者はドメインを管理できます。ドメインが削除されても、ドメインを追加したオーナーと管理者には通知が届きません。

特定のドメインのメールアドレスを持つメンバーに Slack でカレンダーアプリを使用してもらいたくない場合や、使用していないドメインを削除する必要がある場合は、以下の手順に従ってください。 

Google カレンダー

Outlook の予定表

  1. Slack で Google カレンダーアプリを開きます。
  2. 「ホーム」タブの「設定」ボタンをクリックします。 
  3. 削除したいドメインの横の「削除」をクリックします。 
  4. 次に「削除」をクリックして確定します。 
  1. Slack で Outlook の予定表アプリを開きます。
  2. 「ホーム」タブの「設定」ボタンをクリックします。 
  3. 削除したいドメインの横の「削除」をクリックします。 
  4. 次に「削除」をクリックして確定します。 

Tip : Slack からカレンダーアプリをアンインストールするには、ワークスペースからアプリとカスタムインテグレーションを削除するの記事を参照してください。