データ管理機能が Slack コネクトに適用されるしくみ

Slack コネクトは、企業同士が Slack で直接、安全にコラボレーションできる方法です。 Slack で他社のメンバーと共同作業をするときにセキュリティとデータ管理機能がどのように適用されるかについて、詳細をご覧ください。

注意 : Slack では、チームが信頼できるパートナーとコラボレーションできるように、オーガナイゼーションの認証に取り組んでいます。


データの保存、編集および削除

メッセージとファイルの保存

オーガナイゼーションの保存設定は、メンバーが送信したメッセージとファイルにのみ適用されます。他社のメンバーが送信したコンテンツは、その会社の Slack でのオーガナイゼーションの保存設定に基づいて、保持または削除されます。


メッセージの編集と削除

オーガナイゼーションのメッセージの編集と削除の設定は、メンバーが送信したメッセージにのみ適用されます。メッセージを編集または削除できるのは、そのメッセージの送信元オーガナイゼーションのメンバーのみです。


Enterprise Key Management 

2020 年 9 月より、Slack コネクトで Enterprise Key Management(EKM)を利用できるようになり、遡及的に適用されます。EKM をご利用中の場合、オーガナイゼーションのメンバーから送信されたメッセージとファイルのみが、独自のキーを使用して暗号化されます。他社のメンバーから送信されたメッセージやファイルは、その会社も EKM を利用していれば、その会社のキーによって暗号化されます。


エクスポートツール

どの有料プランでも、ワークスペースのオーナーと管理者が、他社と共有されたパブリックチャンネルからデータをエクスポートできます。プラスプランと Enterprise Grid プランでは、ワークスペースのオーナーと OrG オーナーが、他社のメンバーと共有されたすべてのパブリックチャンネル、プライベートチャンネル、ダイレクトメッセージ(DM)を対象としたデータのエクスポートを申請できます。エクスポートする際の注意点は以下のとおりです。

請求に含まれる

  • エクスポート元のオーガナイゼーションに所属していないメンバーからのメッセージとその Slack 表示名
  • エクスポート元のオーガナイゼーションのメンバーがアップロードしたファイルへのリンク

含まれない内容

  • エクスポート元のオーガナイゼーションに所属していないメンバーのリスト
  • エクスポート元のオーガナイゼーションに所属していないメンバーがアップロードしたファイルや、関連するメッセージ

注意 : Slack で共同作業している他社が、ワークスペースまたは Enterprise Grid オーガナイゼーションにカスタム保存設定を適用している場合は、エクスポートに含まれるデータに影響を及ぼします。


Discovery API

Enterprise Grid プランでは、OrG オーナーは eDiscovery およびデータ損失防止(DLP)ソリューションを使用して、他社のメンバーと共有されたチャンネルおよび DM のコンテンツを確認して規制できます。

  • Discovery API により、すべてのオーガナイゼーションが社外のメンバーと共有されたチャンネルおよび DM のコンテンツを読むことができるようになります。
  • Discovery API による編集または削除が可能なメッセージやファイルは、そのチャンネルや DM に参加しているオーガナイゼーションのメンバーが送信したものに限られます。
  • 外部のオーガナイゼーションのメンバーの表示名は、Discovery API のユーザーメソッド経由では返されますが、会話履歴は一緒には返されません。