共有チャンネルのセキュリティー & ポリシー

共有チャンネルを使うと、異なる2つの組織がそれぞれの Slack ワークスペース内からひとつのチャンネル内で共同作業を行うことができます。クライアントやベンダー、パートナーなど、定期的にコラボレーションしている組織とのコミュニケーションに活用しましょう。Slack では、共有チャンネル機能の提供にあたり、プライバシーを保護しワークスペースや Enterprise Grid を安全な状態に保てるよう、細心の注意を払っています。


共有チャンネルのリクエスト

チャンネルの共有リクエストを承認する

共有チャンネルに参加するには、チャンネルを接続する前にそれぞれのワークスペースでチャンネルの共有リクエストを承認する必要があります。デフォルトの設定では、以下のメンバーのみがリクエストを承認できます。

  • スタンダードプランプラスプラン : ワークスペースのオーナーと管理者 
  • Enterprise Grid プラン : OrG オーナーと管理者 

共有チャンネルのリクエストには、外部の組織名とワークスペース名が含まれます。この情報をもとに招待の送信者を認識して、自分のワークスペースや Enterprise Grid OrG にそのチャンネルを利用する必要があるメンバーがいるかを確認することができます。


共有チャンネルのリクエストを拒否する

共有チャンネルの目的やリクエスト元が把握できない場合には、以下のようにいくつかのオプションがあります :

  • リクエストを承認しない。受け取ったリクエストはすべて拒否できます。
  • メンバーに対して、招待の送信者と何らかの形ですでにコラボレーションしているかどうかを尋ねる。
  • リクエストの送信者にメールして詳しい説明を求める。


メッセージとファイルの保存

メッセージとファイルのカスタム保存ポリシーはサポートされていません。共有チャンネル内で送信されたメッセージやファイル、関連するダイレクトメッセージには、デフォルトのメッセージ保存ポリシー (「全てのメッセージを保存する」) が適用されます。


メッセージの編集と削除

共有チャンネルには、ワークスペースや Enterprise Grid OrG のメッセージの編集と削除の設定が適用されます。例えば、ワークスペースの管理者は、自分のワークスペースのメンバーから送信されたメッセージを削除することができますが、他のワークスペースのメンバーから送信されたメッセージは削除することができません。


エクスポートツールとデータ損失防止 (DLP)

スタンダードプランとプラスプランでは、ワークスペースのオーナーと管理者は、Standard Export (スタンダードエクスポート) を利用して、共有チャンネルのコンテンツをエクスポートすることができます。プラスプランでは、ワークスペースのオーナーは、Corporate Export (コーポレートエクスポート) の利用を申請して、すべての共有チャンネル (パブリックまたはプライベート) と2つのワークスペース間で共有された関連するダイレクトメッセージのコンテンツをエクスポートすることができます。

両ワークスペースは、共有チャンネルに投稿されたコンテンツやデータを閲覧することができます。ただし、Slack からデータの編集や削除ができるのはそのデータを送信したワークスペースのみとなります。

これらのオプションの詳細は、エクスポートの手段のページを参照してください。