Slack コネクトでファイルのアップロードを管理する

Slack コネクトは、企業同士が Slack で直接、安全にコラボレーションできる方法です。オーナーと管理者は、必要に応じて、社外メンバーの参加しているチャンネルおよび DM でメンバーがファイルをアップロードできるか、
ファイルを共有できるかなどの権限を管理できます。


ファイルのアップロード権限を管理する

プロプランとビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

デフォルトでは、メンバーは社外メンバーの参加しているチャンネルおよび DM でファイルをアップロードおよび共有することが許可されています。ワークスペースのオーナーと管理者は、この権限を変更できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「権限」タブをクリックします。
  4. 「Slack コネクトのファイルアップロード」の横にある「開く」をクリックします。
  5. ボックスにチェックをつけるか外して、ファイルのアップロード権限を指定します。
  6. 「保存」をクリックします。

OrG レベル

デフォルトでは、メンバーは社外メンバーの参加しているチャンネルおよび DM でファイルをアップロードおよび共有することが許可されています。OrG オーナーと OrG 管理者は、所属する OrG 内でこの権限を有効または無効に設定できます。また、個々のワークスペースにおけるファイルのアップロード許可をワークスペースのオーナーと管理者が管理してよいかどうかを設定することもできます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「設定とその他管理項目」を選択し、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの 「Slack コネクト」をクリックし、「設定」を選択します。
  4. 「ファイルのアップロード」の横の「編集」をクリックします。
  5. 「有効にする」の横のボックスにチェックをつけるか外します。「この設定を管理できるメンバー」の下にあるオプションを選択します。
  6. 「設定を保存する」をクリックします。


ワークスペースレベル

OrG レベルでの権限の制限がない場合、ワークスペース内のファイルのアップロード権限はワークスペースのオーナーと管理者が管理できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「権限」タブをクリックします。
  4. 「Slack コネクトのファイルアップロード」の横にある「開く」をクリックします。
  5. ボックスにチェックをつけるか外して、ファイルのアップロード権限を指定します。
  6. 「保存」をクリックします。
誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークスペースのオーナー / 管理者と OrG のオーナー / 管理者
  • 有料プランでご利用いただけます。