ワークスペースのデータをエクスポートする

Slack を使うと、ワークスペースや Enterprise Grid オーガナイゼーションからデータをエクスポートできます。プランに応じて、データエクスポートにいくつかの選択肢があります。

  フリー スタンダード プラス Enterprise Grid
ワークスペースのパブリックチャンネルからデータ(メッセージとファイルへのリンク)をエクスポートする
パブリックチャンネル、プライベートチャンネル、ダイレクトメッセージ(DM)からデータをエクスポートする*    
定期的なエクスポートのスケジュールを設定する*      
1 人のユーザーが参加したすべての会話からデータをエクスポートする*      

*これらのエクスポートのタイプを使用するには、ワークスペースのオーナーと OrG オーナーが申請する必要があります。

Tip :プラン別の Slack のエクスポートのオプションについての詳細は、Slack のインポート/エクスポートの手段を参照してください。エクスポートファイルの解釈方法については、Slack からエクスポートしたデータの読み方を参照してください。


データのエクスポート

フリープランとスタンダードプラン

プラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのオーナーと管理者は、次の方法でワークスペース内のパブリックチャンネルからデータをエクスポートできます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「データのインポート/エクスポート」をクリックします。
  4. 「エクスポート」タブを選択します。
  5. 「日付範囲をエクスポートする」のドロップダウンメニューを開き、オプションを選択します。
  6. 「エクスポート開始」をクリックします。エクスポートファイルの準備ができ次第、メールをお送りします。
  7. 届いたメールに記載されている「ワークスペースのエクスポートページにアクセスする」をクリックします。
  8. 「ダウンロードを開始する」をクリックして zip ファイルにアクセスします。


zip ファイルには、すべてのパブリックチャンネルからエクスポートされた、ワークスペースのメッセージ履歴(JSON 形式)とファイルへのリンクが含まれます。

ワークスペースからデータをエクスポートする

ワークスペースのオーナーと管理者は、次の方法でワークスペース内のパブリックチャンネルからデータをエクスポートできます。ワークスペースのオーナーがすべてのチャンネルと会話を対象としたデータエクスポートを承認されると、同様の手順でパブリックチャンネル、プライベートチャンネル、DM からデータをエクスポートできます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「データのインポート/エクスポート」をクリックします。
  4. 「エクスポート」タブを選択します。
  5. 「日付範囲をエクスポートする」のドロップダウンメニューを開き、オプションを選択します。
  6. 「エクスポート開始」をクリックします。エクスポートファイルの準備ができ次第、メールをお送りします。
  7. 届いたメールに記載されている「ワークスペースのエクスポートページにアクセスする」をクリックします。
  8. 「ダウンロードを開始する」をクリックして zip ファイルにアクセスします。

zip ファイルには、すべてのパブリックチャンネル、またはすべてのチャンネルと DM からエクスポートされた(エクスポート元はエクスポートのタイプに応じて異なる)、メッセージ履歴(JSON 形式)とファイルへのリンクが含まれます。


定期的なデータエクスポートのスケジュールを設定する

すべてのチャンネルと会話を対象としたデータエクスポートの申請が承認されている場合、ワークスペースのオーナーは、エクスポートが毎日・毎週・毎月といった頻度で定期的に実行されるようスケジュールを設定できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 右上の「データのインポート/エクスポート」を選択します。
  4. 「エクスポートをスケジュールする」を選択し、頻度を指定します。

注意 :Enterprise Grid OrG からエクスポートしたデータを、ほかのワークスペースにインポートすることはできません。

すべてのチャンネルと会話からのデータエクスポート

OrG オーナーは、OrG 内のすべてのチャンネルと会話を対象としたデータエクスポートをリクエストできます。このエクスポートのタイプを有効にすると、次の方法でパブリックチャンネル、プライベートチャンネル、DM からデータをエクスポートできます。
  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーで、「セキュリティ」をクリックしてから、「エクスポート」を選択します。
  4. 使用するエクスポートのタイプの横で、「エクスポート」をクリックします。
  5. OrG 全体と特定のワークスペースのどちらを対象にデータエクスポートを実行するか選び、日付範囲を選択します。
  6. 「スタート」をクリックします。エクスポートファイルの準備ができ次第、メールをお送りします。
  7. 届いたメールに記載されている「ワークスペースのエクスポートページにアクセスする」をクリックします。
  8. 「ダウンロード」タブをクリックします。
  9. エクスポートの横で「ダウンロード」をクリックして zip ファイルにアクセスします。

zip ファイルには、すべてのチャンネルと会話からエクスポートされた、OrG のメッセージ履歴(JSON 形式)とファイルへのリンクが含まれます。


シングルユーザーのデータをエクスポートする

OrG オーナーは、1 人のユーザーが参加したすべての会話を対象としたデータエクスポートをリクエストできます。このエクスポートのタイプが有効になると、OrG オーナーは次の方法で、1 人のユーザーの会話からデータをエクスポートできます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーで、「セキュリティ」をクリックしてから、「エクスポート」を選択します。
  4. 使用するエクスポートのタイプの横で、「エクスポート」をクリックします。
  5. メンバーを指定し、OrG 全体と特定のワークスペースのどちらを対象にデータエクスポートを実行するか選びます。続いて、日付範囲とエクスポートする形式を選びます。
  6. 「スタート」をクリックします。エクスポートファイルの準備ができ次第、メールをお送りします。
  7. 届いたメールに記載されている「ワークスペースのエクスポートページにアクセスする」をクリックします。
  8. 「ダウンロード」タブをクリックします。
  9. エクスポートの横で「ダウンロード」をクリックして zip ファイルにアクセスします。

この zip ファイルには、1 人のユーザーのメッセージ履歴とファイルが、指定した形式で格納されます。

注意 :OrG 全体から TXT 形式でデータをエクスポートすることを選んだ場合、含まれるのは OrG 全体のマルチワークスペースチャンネルと DM のみです。1 つのワークスペースのエクスポートには、そのワークスペースのチャンネルと DM のデータのみが含まれます。

Tip :特定のチャンネルのみを対象にして、データをエクスポートすることはできません。データを別のワークスペースにインポートする場合、特定のメッセージやファイルを選択してインポートできます。

この機能を使えるのは誰?
  • ワークスペースのオーナーおよび管理者OrG のオーナーおよび管理者
  • フリースタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン