メッセージの書式設定

メッセージの書式設定を活用することで、Slack のコミュニケーションをより詳細に、わかりやすくすることができます。Slack の自動書式設定を使用すると、メッセージがどう表示されるかを送信前に確認でき、選択したテキスト内容に複数の書式設定オプションを適用することもできます。

注意 : デスクトップで、自動書式設定ではなくマークアップを使ってメッセージをフォーマットしたい場合は、 デスクトップで書式設定を行う のページで詳細を確認してください。

 

メッセージに書式を追加する

デスクトップ

モバイル

デスクトップでのメッセージの書式設定には次の3つの方法があります。

  • メッセージフィールドの書式設定ツールバーを使用する
  • キーボードショートカットを使用して選択したテキストを書式設定する
  • 各書式に関連付けられた記号でテキストを囲む
01_WYSIWYG-Final_1.1.gif

注意 : 書式設定ツールバーを表示または非表示にするには、メッセージフィールドの右下にある   (テキストアイコン) をクリックします。


太文字

太字のテキストを含む Slack のメッセージ書式設定のスクリーンショット
  • テキストを選択し、書式設定ツールバーの   (太字アイコン) をクリックします。
  • テキストを選択し、B (Mac) か CtrlB (Windows/Linux) を押します。
  • 対象のテキストの前後を次のように * (アスタリスク) で囲みます : *対象のテキスト*

 

斜体

斜体のテキストを含む Slack のメッセージ書式設定のスクリーンショット
  • テキストを選択し、書式設定ツールバーの   (斜体アイコン) をクリックします。
  • テキストを選択し、I (Mac) か CtrlI (Windows/Linux) を押します。
  • 対象のテキストの前後を次のように _ (アンダースコア) で囲みます : _対象のテキスト_

 

取り消し線

取り消し線付きのテキストを含む Slack のメッセージ書式設定のスクリーンショット
  • テキストを選択し、書式設定ツールバーの   (取り消し線アイコン) をクリックします。
  • テキストを選択し、ShiftX (Mac) か CtrlShiftX (Windows/Linux) を押します。
  • 対象のテキストの前後を次のように ~ (チルダ)で囲みます : ~対象のテキスト~ 

 

インラインコード

インラインコードのテキストを含む Slack のメッセージ書式設定のスクリーンショット

1 つの単語や 1 行の文を設定:

  • テキストを選択し、書式設定ツールバーの   (コードアイコン) をクリックします。
  • テキストを選択し、  ShiftC (Mac) か CtrlShiftC (Windows/Linux) を押します。 
  • 対象のテキストをバッククォート (`) 記号で囲みます。
    `1 つの単語や 1 行の文を設定`

ひとまとまりのテキストを設定:

  • テキストを選択し、書式設定ツールバーの   (コードブロックアイコン) をクリックします。
  • テキストを選択し、OptionShiftC (Mac) か CtrlAltShiftC (Windows/Linux) を押します。 
  • メッセージの文頭にバッククォート (```) 記号 (3つ) を入力します。
    ```
    ひとまとまりのテキストを設定
     

注意 : 太字や斜体など他の書式はコードブロックには表示されません。より高度にコードをシェアする場合には スニペットの作成をおすすめします。


引用タグ

引用タグ付きのテキストを含む Slack のメッセージ書式設定のスクリーンショット
  • テキストを選択し、書式設定ツールバーの   (引用タグアイコン) をクリックします。
  • テキストを選択し、 Shift9 (Mac) かCtrlShift9 (Windows/Linux) を押します。
  • メッセージの文頭に大なり (>) を入力します。 
    1 つの単語や 1 行の文を引用

 Shift Enter を押すと、書式設定済みの行が新しく作成されます。

 

リスト

順序付きリストと箇条書きのテキストを含む Slack のメッセージ書式設定のスクリーンショット 

順序付きリスト:

  • テキストを選択し、書式設定ツールバーの   (順序付きリストアイコン) をクリックします。
  • テキストを選択し、Shift7 (Mac) か CtrlShift7 (Windows/Linux) を押します。
  • メッセージの文頭に「1」とピリオドを入力 (1.) し、Space を押します。

 Shift Enter を押すと、書式設定済みの行が新しく作成されます。

箇条書き :

  • テキストを選択し、書式設定ツールバーの   (箇条書きアイコン) をクリックします。
  • テキストを選択し、Shift8 (Mac) か CtrlShift8 (Windows/Linux) を押します。
  • アスタリスク (*) を入力して、メッセージを箇条書き記号 (•) で開始します。

 Shift Enter を押すと、書式設定済みの行が新しく作成されます。

 

注意 : これらの装飾記号は、英数 (半角) と日本語 (全角) のどちらのモードでも入力することが可能です。(一部例外あり)ですが、英数 (半角) 入力をする場合は、装飾記号で囲んだテキストブロックの前後にスペースを入力する必要があります。

Tip : 書式設定が適用されたメッセージを Slack にコピー・ペーストする時は、その元の書式設定のままペーストされます。新しい書式設定をすばやく適用したい場合は、ShiftF (Mac の場合) または CtrlShiftF (Windows / Linux の場合) を押してください。書式を元に戻すには、ZまたはCtrlZを押します。

モバイルでのメッセージの書式設定には次の2つの方法があります。

  • メッセージフィールドの書式設定ツールバーを使用する
  • 特定の書式に関連付けられた記号でテキストを囲む

注意 : 書式設定ツールバーを表示するには、メッセージフィールドの下にある   (テキストアイコン) をタップします。ツールバーを非表示にするには、 アイコン (iOS の場合) または アイコン (Android の場合) をタップします。


太文字

太字のテキストを含む Slack のメッセージ書式設定のスクリーンショット
  • テキストを選択し、書式設定ツールバーの   (太字アイコン) をタップします。
  • 対象のテキストの前後を次のように * (アスタリスク) で囲みます : *対象のテキスト*

 

斜体

斜体のテキストを含む Slack のメッセージ書式設定のスクリーンショット
  • テキストを選択し、書式設定ツールバーの   (斜体アイコン) をタップします。
  • 対象のテキストの前後を次のように _ (アンダースコア) で囲みます : _対象のテキスト_

 

取り消し線

取り消し線付きのテキストを含む Slack のメッセージ書式設定のスクリーンショット
  • テキストを選択し、書式設定ツールバーの   (取り消し線アイコン) をタップします。
  • 対象のテキストの前後を次のように ~ (チルダ)で囲みます : ~対象のテキスト~ 

 

インラインコード

インラインコードのテキストを含む Slack のメッセージ書式設定のスクリーンショット

1 つの単語や 1 行の文を設定:

  • テキストを選択し、書式設定ツールバーの   (コードアイコン) をタップします。
  • 対象のテキストをバッククォート (`) 記号で囲みます。
    `1 つの単語や 1 行の文を設定`

ひとまとまりのテキストを設定:

  • テキストを選択し、書式設定ツールバーの   (コードブロックアイコン) をタップします。

 

引用タグ

引用タグ付きのテキストを含む Slack のメッセージ書式設定のスクリーンショット
  • テキストを選択し、書式設定ツールバーの   (引用タグアイコン) をタップします。

 

リスト

順序付きリストと箇条書きのテキストを含む Slack のメッセージ書式設定のスクリーンショット 

順序付きリスト:

  • テキストを選択し、書式設定ツールバーの   (順序付きリストアイコン) をタップします。

箇条書き :

  • テキストを選択し、書式設定ツールバーの   (箇条書きアイコン) をタップします。

 

注意 : これらの装飾記号は、英数 (半角) と日本語 (全角) のどちらのモードでも入力することが可能です。(一部例外あり)ですが、英数 (半角) 入力をする場合は、装飾記号で囲んだテキストブロックの前後にスペースを入力する必要があります。

注意 : メッセージに URL を追加するには、対象の URL をメッセージフィールドにペーストします。現時点では、メッセージ内でハイパーリンクを作成することはできません。詳細は Slack でのリンクの共有 を参照してください。