Slack でのゲストのメンバー種別を理解する

ゲストのメンバー種別を使用すると、請負業者、インターン、クライアントなど、会社の Slack ワークスペースへのアクセスが制限されているメンバーと共同作業することが可能です。ゲストは、Slack の有料プランでのみ利用可能な機能です。


ゲストと Slack コネクトの比較

ワークスペースにゲストを追加することで、会社側でゲストのアカウントの利用料金を支払う必要が生じます。追加したいメンバーも社内で Slack を導入している場合は、代わりに Slack コネクトを使って、別々のワークスペースのチャンネルでコラボレーションを試してみましょう。

チャンネル共有への招待を送信する方法を参照してください。もしくは、Slack でのゲストのメンバー種別についての情報を読み進めてください。

 

ゲストの請求

ゲストアカウントは有料プランでのみ利用できます。次のとおり、ゲストのメンバー種別には 2 種類あります。

  • マルチチャンネルゲストはあなたが指定するチャンネル (複数可) のみにアクセスできます。マルチチャンネルゲストは通常のメンバー料金が請求されます。そのため、参加できるチャンネル数に制限はありません。
  • シングルチャンネルゲストは無料で、アクセスできるのは 1 チャンネルのみとなっています。ワークスペースの有料アクティブメンバー 1 人につき 5 人まで、シングルチャンネルゲストを招待できます。例えば、ワークスペースのメンバー数が 10 人の場合、招待できるシングルチャンネルゲストは最大 50 人です。

 

ゲストアカウントを管理する

新規ゲストを招待

ワークスペースのオーナーと管理者はゲストをワークスペースに招待できる一方で、メンバーはゲストの招待リクエストを送信できます。メンバーの招待についてもっと詳しく知る。 


メンバーをゲストに変更する

ワークスペースのオーナーと管理者は、どのメンバーでもゲストの種別に変更することができます。詳しくは、メンバーの種別を変更するを参照してください。


ゲストの解除時間を設定する

ワークスペースのオーナーと管理者は、ゲストがワークスペースへアクセスできる期間を設定することができます。以下のオプションから選択します :

  • 一定期間の経過後に自動でゲストを無効にする
  • アカウントが無効になる日時をカスタム設定する。
  • ゲストのアクセスを無期限で許可する

無効化の 2 日前に、無効化の日付を設定したオーナーまたは管理者とゲストの双方に Slackbot からリマインダーが届きます。オーナーまたは管理者は、必要に応じてその日付を変更できます。

注意 :期間の制限付きのマルチチャンネルゲストのアカウントも通常メンバーと同じように請求されます。ワークスペースの請求締め日までの一部の期間しかゲストがアクティブでなかった場合には、その日割り額分の Slack クレジットポイントがアカウントに払い戻されます。

 

チャンネルへのアクセスを管理する

ゲストが Slack 内のチャンネルに参加するためには、招待が必要です。ゲストがアクセスできるチャンネルを管理する方法は、以下のとおりです。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し「メンバーを管理する」をクリックします。
  3. 編集するメンバーの右側の  (3 つのドットアイコン)をクリックします。
  4. シングルチャンネルゲストの場合は、「情報を編集する」をクリックして参加チャンネルを変更します。 マルチチャンネルゲストの場合は、「情報を編集する」をクリックしてアクセスが可能なチャンネルを選択・変更するか、アクセス対象から外したいチャンネルの横にある x アイコンをクリックします。

Tip :メンバーの名前の横に表示されるアイコンは、マルチチャンネルゲストの場合は「正方形」、シングルチャンネルゲストの場合は 「三角形」で表示されます。

 

ワークスペースディレクトリでゲストのプロフィールを表示する

ゲストをワークスペースに追加すると、新しいプロフィールが以下の情報と共にワークスペースのディレクトリに自動的に入力されます。

  • ゲストを招待したワークスペースのオーナーまたは管理者
  • ゲストがアクセスできるチャンネル
  • 期間の制限が設定されている場合には、ゲストアカウントが解除される日付


ゲストのプロフィールを表示する

  1. デスクトップから、左のサイドバーの 「メンバー」をクリックします。
  2. 「検索」フィールドに、ゲストの名前、表示名、役職、またはメールアドレスを入力するか、「アカウントタイプ」のドロップダウンメニューから「ゲスト」を選択すると、すべてのゲストが表示されます。
  3. ゲストのプロフィール写真をクリックしてプロフィールを開くと、その他のオプションを確認できます。

注意 :Slack のモバイルアプリでは、ゲストのプロフィールフィールドは利用できません。

 

ゲストの権限

ゲストが Slack でどのような権限があるのかを理解しましょう。もしくは、Slack での各メンバー種別の権限で詳細を参照してください。

 

✓ : 利用可能
◼ : ワークスペースのオーナーにより権限を与えられた場合のみ可能

  マルチチャンネルゲスト シングルチャンネルゲスト
参加しているチャンネル内のメンバーやアプリを確認する
プライベートチャンネルの作成  
パブリックチャンネルの作成    
管理者からのパブリックチャンネルへの招待を承諾する  
すべてのメンバーからのプライベートチャンネルへの招待を承諾する  
他のメンバーをプライベートチャンネルに招待する  
チャンネルの名前変更アーカイブ、または削除    
チャンネルからメンバーを外す    
チャンネルのトピックと目的の設定    
チャンネル内でのグループ通話の開始 & 参加
パブリックチャンネルから退出する    
プライベートチャンネルから退出する  
@channel・@here でのチャンネル内アナウンス
@everyone でのワークスペース内アナウンス
ユーザーグループへの追加またはメンション     
同じチャンネルに参加しているメンバーとのダイレクトメッセージの送受信*
同じチャンネルに参加しているメンバーとのグループ DM を開始する*  
同じチャンネルに参加しているメンバーとのプライベート通話の開始
参加しているチャンネル内のメッセージとファイルの履歴を確認する
パブリックチャンネル内のファイルへの外部リンクを作成する    
#general チャンネルに投稿 (アクセスできる場合)
アプリをインストールまたは削除する    
Slack アカウントを認証または連携させてアプリを使用する    
スラッシュコマンドとショートカットを使用する  

* ゲストが DM の送信を開始できるのは、同じチャンネルのメンバーに対してのみです。ただし、メンバーは別のチャンネルのゲストに対しても、DM を送信することができます。

 

誰がこの機能を利用できますか?
  • ゲストの管理ができるのはワークスペースのオーナー管理者のみです
  • 有料プランでご利用いただけます。