自分の Slack アカウントを解除する

Slack ワークスペースから完全に退会したい場合は、いつでもアカウントを解除できます。

設定による影響

  • 複数のワークスペースのメンバーになっている場合は、ワークスペースごとにアカウントが作成されるため、各アカウントを 1 つずつ解除する必要があります。
  • メッセージとファイルは削除されません。ワークスペースのオーナーやワークスペースの管理者によって許可されている場合には、アカウントを解除する前に自分が追加したメッセージファイルを削除することができます。
  • ワークスペースのプライマリーオーナーに対しては、アカウント解除のオプションは表示されません。まず、ほかのメンバーにプライマリーオーナーの権限を譲渡する必要があります。
  • このワークスペースにインストールしたアプリがある場合には、そのアプリが無効となる場合もあります。ただし、ワークスペースのオーナーはこれらのアプリを管理することも、もう一度有効にすることもできます。

注意 : Enterprise Grid OrG では、ワークスペースのメンバーシップが必須になっている場合や、ユーザーがゲストである場合、アカウント解除のオプションは表示されませんオーナーや管理者に相談してみることをおすすめします。


アカウントを解除する

  1. デスクトップで、右上にある自分のプロフィール写真をクリックします。
  2. メニューから「プロフィールを表示する」を選択します。
  3.  「その他」をクリックし、「アカウント設定」を選択します。
  4. 下にスクロールして「アカウントを解除する」をクリックします。
  5. パスワードを入力して「パスワードの確定」をクリックします。
  6. 「はい、アカウントを解除します」をクリックします。 


アカウントはただちに解除されます。今後このワークスペースに再度参加したい時は、ワークスペースのオーナーかワークスペースの管理者に問い合わせ、アカウントを再開してもらいましょう。


プロフィール情報を削除する

プロフィール情報を削除したい場合は、アカウントを解除後にワークスペースのプライマリーオーナーに問い合わせましょう。ワークスペースのプライマリーオーナーは、ワークスペースを代表して、Slack にプロフィール情報の削除をリクエストすることができます。