アプリと Slack App ディレクトリについて

ビジネスコラボレーションハブの Slack は、仕事に必要なメンバーと情報を一つにまとめます。アプリを使えば、いつも使っているツールやサービスを Slack ワークスペースと連携させることができます。

Tip : Slack App ディレクトリには、Slack を活用しているあらゆるタイプの組織にぴったりのアプリが1,500 点以上揃っています。App ディレクトリをチェックして、それぞれのニーズに合ったアプリを見つけましょう。


アプリとは?

アプリは、ツールやサービス (Salesforce、Google ドライブ、Jira など) を Slack に連携させるソフトウェアです。Slack 製やサードパーティ製のアプリに加え、チーム独自のアプリを開発することもできます。

Slack にアプリを連携させれば、仕事を一箇所にまとめ、手際よく進めることができます。使っているツールすべてが Slack に集約されるので、Slack 内のメッセージを他のサービスに送信して関連情報をスムーズに共有したり、ワークスペースから直接プロジェクト管理ソフトウェア内でタスクを作成してプロジェクトの役割分担をしやすくすることができます。


アプリが見つかる場所は?

Slack App ディレクトリでアプリを検索

Slack App ディレクトリでは、特定のタイプの仕事や役割に適したあらゆる種類のサードパーティ製アプリが見つかります。App ディレクトリのどのアプリも Slack と連動するように開発され、Slack チームが審査しています。

Slack デスクトップアプリでワークスペースのアプリを確認する

Slack のデスクトップアプリから直接、App ディレクトリで利用可能なアプリを参照することもできます。左サイドバーの上部の 「App」をクリックすると、ワークスペースのメンバーなら誰でも使えるアプリの表示、新しいアプリの検索に加え、最近使用したアプリが簡単に開けます。

image__5_.png


アプリを連携させて使用する方法は?

ワークスペースにアプリをインストールする

使いたいアプリが見つかったら、「Slack に追加」ボタンをクリックして、表示されるメッセージに従います。

デフォルトの設定では、ワークスペースのメンバーはアプリを連携させることができますが、ワークスペースのオーナーはこの権限を制限することもできます。この権限が制限されている場合には、アプリのリクエストの送信が必要となります。

Slack でアプリを使う

アプリをインストールして Slack に接続したら、すぐに使用を開始できます。Slack アプリの多くでは、メンバーへダイレクトメッセージを送信したり、チャンネル内でメッセージを投稿したりできるボットユーザーが採用されているため、Slack の始め方に関するアドバイスが記載された歓迎メッセージが届く場合もあります。この他に、情報の確認やアプリの設定などができる Home タブが備わったアプリもあります。 

Screen_Shot_2019-10-24_at_8.50.36_AM.png

アプリの操作方法は、アプリの設計方法によって異なります。アプリの中には、スラッシュコマンドを使ってアクションやタスクを実行するものもあります。例えば、Slack チャンネルのメッセージフィールドにスラッシュコマンド「/zoom」を入力すると、チャンネルのメンバー全員と Zoom ミーティングを開始することができます。

また、アクションと呼ばれるビルトインのショートカットが用意されているアプリもあります。関連する Slack メッセージを Salesforce 内の顧客のレコードに添付するなど、Slack から連携されたアプリにタスクを移行する上で役立つ機能です。アクションを使用するには、Slack メッセージの横に表示される   (3つのドットアイコン) をクリックして表示されるアプリのアクションを選択します。


さて次は?