Slack でのアプリ使用ガイド

アプリによって、ご使用のソフトウェア(Google カレンダー、Salesforce、社内専用ツールなど)を Slack と連携させることができます。使うツールすべてを 1 か所に集められるので、作業効率が上がり、ワークスペース内のメンバー間の共同作業をいっそう効果的に進められます。

知っておくべきこと

  • Slack 上で使用できるアプリには、いくつかのタイプがあります。Slack が構築したアプリ、サードパーティ製アプリ、ユーザー独自のアプリです。アプリが構築された方法によって、ワークスペースでのインストール・使用・管理の方法も異なります。 
  • デフォルトではワークスペースのメンバー全員がアプリをインストールできますが、オーナーと管理者がインストール権限を制限することもできます。アプリがワークスペースにインストールされると、すべてのメンバーが自分のアカウントを接続してそのアプリを使えるようになります。
  • App ディレクトリからアプリをインストールする前に、プライバシーポリシーやセキュリティ、コンプライアンス情報(アプリ開発者が提出している場合)について、そのアプリのページから確認できます。アプリを Slack にインストールする場合は、信頼できるサービスだけを選ぶようおすすめします。 


アプリを検索する

ワークスペースのセットアップ中や、Slack で使えるアプリすべてを確認したい場合は、Slack App ディレクトリにアクセスしてください。ワークスペースのメンバーが、自分のワークスペースにすでにインストールされているアプリを探す時は、アプリブラウザを使用します。

Slack App ディレクトリでアプリを検索

特定のアプリを探している場合や、自分の業務に合ったアプリを探している場合は、App ディレクトリにある 2,000 を超えるアプリを閲覧できます。

参加中のワークスペースのアプリを表示する

デスクトップ版の Slack では、参加中のワークスペースにほかのメンバーがインストールしたアプリを表示できます。アプリブラウザを開くには、サイドバー左上の  App をクリックします。このオプションが見当たらない場合、 「その他」をクリックすると見つけられます。

Guide_to_apps_in_Slack1.png


ワークスペースにアプリを追加する

デフォルトでは、ワークスペースのメンバー全員が Slack にアプリをインストールできます。使いたいアプリが見つかったら、Slack App ディレクトリのアプリページで「Slack に追加」ボタンをクリックします。アプリのインストール権限がない場合は、代わりにアプリのリクエストを申請できます。

ワークスペースにインストールされたアプリは、ワークスペースのメンバー全員がすぐに使えるようになります。通常、アプリをインストールした人はインストールの過程で自分のアカウントをそのアプリに接続しますが、ほかのメンバーも使用前に自分のアカウントを接続する必要があります。


アプリを活用する

アプリを使って作業する

アプリの使用・操作方法は、アプリがどのように構築されたかによって異なります。アプリの機能には次のようなものがあります。 

  • アプリのホームタブやメッセージタブ
    アプリのホームタブでは、アプリ情報の表示やアプリの設定などが行えます。メッセージタブには、アプリから届いたメッセージが表示されます(例 : Google カレンダーイベントの更新情報が記載されたメッセージ)。
  • アプリのショートカット
    一部のアプリにはショートカットがあり、Slack のショートカットメニューからアクションを実行できます。メッセージフィールド左側の  「稲妻」アイコンをクリックまたはタップすると、ショートカットメニューが開き、アプリのショートカットやスラッシュコマンドを検索できます。
    Screen_Shot_2020-10-13_at_4.24.32_PM.png
  • ボットユーザー
    一部の Slack アプリには、メッセージやポストをチャンネルに投稿できるボットユーザーがあります。アプリのボットユーザーからダイレクトメッセージ(DM)が届いたり(例 : アプリが作成したアンケート記入用のリンクが記載されたメッセージ)、チャンネル内でアプリが投稿したメッセージを目にしたりすることがあるでしょう。


別のサービスに新規登録する

ほとんどの Slack アプリは使用するために、開発元のサービスのアカウントが必要になります。アプリ開発者は、Slack アプリを無料で利用できるようにするか、サービスの有料アカウントを必須にするかを選択できます。

アプリ開発者がアプリの料金プランの要件を提出している場合、その情報は Slack App ディレクトリのアプリページに表示されます。

料金プラン 説明
無料 サービスと Slack アプリを無料で利用できます。
無料プランと有料プランを利用可能 サービスと Slack アプリを無料で利用できますが、有料プランもあります。
有料(無料トライアルあり) Slack アプリを使用するには、サービスの有料アカウントが必要ですが、無料トライアルもあります。 
有料 Slack アプリを使用するには、サービスにおいて有料アカウントが必要です。 


アプリのセキュリティについて理解する

Slack ワークスペースを安全に保つには、アプリが Slack とどのように連携して動作するかを理解することが重要です。それぞれの Slack アプリには独自の権限スコープのセットがあり、Slack でアクセスできる情報と、その情報の使用方法が決められています。アプリをインストールする前に、以下の点を検討するようおすすめします。

  • アプリがワークスペースで動作するためにリクエストするスコープの範囲。通常、アプリは、メッセージの投稿権限、アクションの実行権限、情報の読み取り権限をリクエストします。
  • アプリがワークスペース内でアクセスできる情報 : メンバーのプロフィール、チャンネル名、メッセージ、ファイルなど。
  • アプリがアクセスできる情報の利用方法 : メッセージの投稿、メッセージ内容の変更、チャンネルの作成など。


追加情報