Slack でのアクションについて

Slack では、チームでのやり取りや作業がチャンネルダイレクトメッセージ (DM) で行われます。メッセージファイルを送信したり、メッセージやファイルを保存して、ブックマークを追加したり、重要なメッセージを会話にピン留めしたり、他のメンバーをメンションして注意を引いたりすることができます。以下では、これらの機能について詳しく説明します。


メッセージやファイルを送信・投稿する

アクション

何が起こるのか

チャンネル内でメッセージを投稿する

そのチャンネルにアクセスできるメンバー全員がメッセージを読めるようになります。

プライベートチャンネル内でメッセージを投稿する

そのチャンネルに招待されたメンバーだけがメッセージを読めるようになります。

メンバーまたはメンバーのグループに DM を送信する

そのメンバーに通知が届きます。


アイテムをピン留め・保存する

アクション

何が起こるのか

チャンネルや DM にアイテムをピン留めする

あなたや他のメンバーがピン留めしたメッセージやファイルは、対象の会話にアクセス可能なメンバー全員に表示されます。

チャンネルまたはダイレクトメッセージからのアイテムを保存する

自分が保存したメッセージとファイルのみが表示されます。


チームメンバーをメンションする

アクション

何が起こるのか

チャンネル内でメンバーにメンションする

そのメンバーに通知が届きます。

チャンネルに参加していないメンバーをメンションする

対象のメンバーには通知は送られません。ただしチャンネルにそのメンバーを招待することも、特に何もしないことも可能です。

ダイレクトメッセージに参加していないメンバーにメンションする

対象のメンバーには通知は送られず、会話に参加することもできません。


チャンネル名にリンクする

アクション

何が起こるのか

メッセージにハッシュタグとチャンネル名
(例 : #チャンネル) を含めて送信する

チャンネル名は青いリンクとして表示されます。アクセス可能なメンバーは全員、チャンネル名をクリックして開くことができます。

メッセージにハッシュタグとプライベートチャンネル名
(例 : #プライベートチャンネル) を含めて送信する

プライベートチャンネル名は青いリンクとしては表示されず、メンバーがチャンネル名をクリックしても開くことはできません。

 

Slackを使うのは初めてですか?Slack の基本と応用知識を学び、作業の実践に役立つレッスンシリーズをおすすめします。Slack 101 で早速、レッスンを始めましょう。