Slack Enterprise Key Management

Slack Enterprise Key Management (EKM) は、Enterprise Grid プラン向けのセキュリティアドオンです。独自の暗号化キーを使用して Slack 内のオーガナイゼーションのデータを完全にコントロールし、アクセス状況を可視化できるソリューションです。

注意 : 本サービスのさまざまな機能性や機能と同時に EKM を使用する場合、EKM が異なる形で動作するまたは一定の制限の対象となる場合があります。

Slack EKM のしくみ

  • Amazon の Key Management Service に格納される独自の暗号化キーを使ってメッセージやファイルを暗号化できます。
  • 管理者がキーへのアクセスをきめ細かく無効にでき、Slack OrG のチームメンバーにはほとんど影響しません。
  • 一部のデータへのアクセスを制限しても、OrG メンバーはいつも通りに Slack を使用できます。

もっと知りたい!そんな方はぜひ、Slack セールスチームまでお問い合わせください。

注意 : Enterprise Grid OrG を使っている場合は、OrG のオーナーか管理者に Slack EKM について詳しくお聞きください。 

この機能を使えるのは誰?
  • OrG オーナーOrG 管理者
  • Enterprise Grid プランで利用できます。