ワークフローのコラボレーターを管理する

誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークフローのコラボレーターであるメンバー
  • スタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン

ワークフローとは、Slack 内で設定する、複数のステップで構成される自動化されたタスクまたはプロセスのことです。コーディングの必要はありません。ワークフローは自分のワークスペースで開始されます。Slack で直接実行することも、他のツールやサービスと連携させることもできます。

ワークスペースの他のメンバーに、あなたが作成したワークフローを管理する権限を与えたい場合は、そのメンバーをコラボレーターとして追加できます。コラボレーターとして追加されたメンバーは、ワークフロー自体に加えて、他のコラボレーターを管理できます。

学習内容


ワークフローのコラボレーターの権限

コラボレーターができること

メンバーをワークフローのコラボレーターとして追加すると、そのメンバーにはワークフロー作成者であるあなたと同じ権限が与えられます。ワークフローのコラボレーターができることは次のとおりです。

  • ワークフローの名前とカスタムアイコンを変更する
  • ワークフローのステップを編集または削除する
  • ワークフローを公開停止または削除する
  • ワークフローのコラボレーターを管理する


ワークフローのコラボレーターを管理できる人

  • ワークフローのコラボレーター全員が、他のコラボレーター(管理者を含む)を追加または削除できます。 
  • ワークスペースのオーナーと管理者は、ワークスペース内で公開されているどのワークフローでも、自分をコラボレーターとして追加できます。管理者が、自分が参加していないプライベートチャンネルに設定されたワークフローのコラボレーターとして自分を追加した場合、管理者はそのチャンネルの名前を見ることはできません。 

Tip :公開される前のワークフローを見ることができるのはコラボレーターだけです。


学んだことを実践する

コラボレーターを追加する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツール」を選択して、「ワークフロービルダー」をクリックします。
  3. 画面の上部にある「自分のワークフロー」をクリックし、リストからワークフローを選択します。
  4. 「設定」タブをクリックします。
  5. 「コラボレーター」の横にある「管理」を選択します。
  6. 追加するユーザーを検索し、ドロップダウンメニューから名前を選択します。コラボレーターとして追加されたユーザーには、Slackbot から通知が届きます。
  7. 完了したら、「閉じる」をクリックします。


コラボレーターを削除する

ワークフローをコラボレーターとして管理する必要がなくなったチームメンバーを削除することができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「ツール」を選択し、「ワークフロービルダー」をクリックします。
  3. 画面の上部にある「自分のワークフロー」をクリックし、リストからワークフローを選択します。
  4. 「設定」タブをクリックします。
  5. 「コラボレーター」の横にある「管理」を選択します。
  6. コラボレーターの名前の横にある「削除する」をクリックします。
  7. 完了したら、「閉じる」をクリックします。

Tip :誤って自分自身をコラボレーターから削除してしまった場合は、別のコラボレーターに追加し直すよう依頼してください。


さて次は :

🔗 Slack でワークフローを設定する

🔗 ワークフローにステップを追加する

📍 ワークフローのコラボレーターを管理する

🔗 ワークフローを公開する

🔗 ワークフローを管理する