Slack デスクトップ通知ガイド

Slack 通知は、重要な事項についての最新情報を常に把握しておくために便利な機能です。以下では、デスクトップでの通知の仕組みやニーズに合わせたカスタマイズ方法について紹介しています。


通知の仕組み

初めてワークスペースに参加した場合は、自分宛てのメッセージがあった時に Slack から通知が届くよう設定されています。デフォルトの設定では、以下の場合に通知が届きます :

変更を加えない限り、これらの設定はデスクトップ通知とモバイル通知の両方に適用されます。通知機能に問題がある場合には、ページ下部の通知のトラブルシューティングを参照してください。

注意 : ワークスペースのメンバーが 50 人以下の場合、デフォルトで新しいメッセージごとに通知が届きます。


通知を設定する

デフォルトのデスクトップ通知は、ワークスペースに参加する際に自動的に有効になります。環境設定をカスタマイズしたい場合は、以下の手順に従ってください。


通知のトリガー

デフォルトの設定では、メンションダイレクトメッセージマイキーワードについてのみ、デスクトップ通知が送られます。この設定を変更して、参加しているチャンネルへ送信されたすべてのメッセージを対象に含めたり、すべてを対象から除外したりすることもできます。

  1. デスクトップで、右上にある自分のプロフィール写真をクリックします。
  2. メニューから「環境設定」を選択し、「通知」を開きます。
  3. 「通知のタイミング」で、通知のトリガーを選択します。

フォローしているスレッドへの返信があると、すべてのメンバーに自動的に通知が届きます。これらの通知を停止するには、ボックスのチェックを外します。

注意 : Windows 版 Slack をお使いの場合、デフォルトでは、Windows 7 の場合には Slack 経由で、Windows 10 の場合には Windows アクションセンター経由で通知が配信されるよう設定されています。

通知音と表示

  1. デスクトップで、右上にある自分のプロフィール写真をクリックします。
  2. メニューから「環境設定」を選択し、「通知」を開きます。
  3. 「サウンド&表示」で、通知の表示、通知音、動作などを選択します。

Tip : 通知を一時停止するには、プロフィール写真をクリックし、「通知を一時停止する」にマウスポインターを重ねて期間を選択します。


Slack アイコンでのバッジ通知

未読の通知がある場合には、Slack デスクトップアプリのアイコンの右上にバッジが表示されます。

Mac

Windows

Linux

デフォルトのバッジ通知

デフォルトの設定では、未読アクティビティがあると、Slack アイコン上に赤いバッジが表示されます。

  • 赤丸が表示されている場合は、参加しているワークスペースのどれかに未読アクティビティがあることを意味します。
  • 3 数字が表示されている場合は、チームのメンバーがあなたをメンションした、あなたにダイレクトメッセージを送信した、あなたが参加しているチャンネルに通知した、またはマイキーワードを含むメッセージが投稿されたことを意味します。

必要に応じて次のステップに従い、Slack アプリアイコンからバッジを削除できます。


バッジ通知を設定する

  1. デスクトップで、右上にある自分のプロフィール写真をクリックします。
  2. メニューから「環境設定」を選択し、「通知」を開きます。
  3. 「サウンド&表示」の項目で、「新しいアクティビティを Slack のアイコンにバッジ(•)で表示する」のボックスにチェックをつけるか、外します。

Tip : 複数のワークスペースに参加している場合には、バッジ通知を使用したいワークスペースを選択することができます。

Windows では、タスクバーと通知領域の 2 か所にバッジ通知が表示されます。

タスクバー

タスクバーに赤いバッジが表示されている場合は、メンバーがあなたをメンションした、あなたにダイレクトメッセージを送信した、またはマイキーワードを含むメッセージが投稿されたことを意味します。タスクバー設定で、小さいタスクバーボタンを使うように設定されていると、Slack アイコン上のバッジは表示されません。

デフォルトでは、通知の受信時に Slack アイコンが 1 回点滅します。ただしこれは、コンピューターが 10 秒間アイドル状態であった場合に限られます。アクティブ状態の時にアイコンを点滅させるよう設定することもできます。 

  1. デスクトップで、右上にある自分のプロフィール写真をクリックします。
  2. メニューから「環境設定」を選択し、「通知」を開きます。
  3. 「通知が届いたときにウィンドウをフラッシュする」までスクロールして、「常時」を選択します。

Tip :  「常時」を選択すると、アプリのウィンドウを閉じた時に Slack アイコンがタスクバーに表示されます。 

通知領域

Slack が起動中の時には、Slack アイコンが通知領域に表示されます。

Windows_notification_tray_blue_badge.png 青いバッジが表示されている場合は、参加しているワークスペースのどれかにおいて、未読アクティビティがあることを意味します。
Windows_notification_tray_red_badge.png

赤いバッジが表示されている場合は、チームのメンバーがあなたをメンションした、あなたにダイレクトメッセージを送信した、またはマイキーワードを含むメッセージが投稿されたことを意味します。

デフォルトでは、ウィンドウが閉じている間も Slack アプリを通知領域で起動中にしておくよう設定されています。ウィンドウを閉じている時に Slack アプリが起動したままにならないように設定すると、Slack アイコンとバッジが通知領域に表示されなくなります。ウィンドウを閉じている時に Slack アプリが通知領域で起動したままにならないよう設定する手順を以下に示します。

  1. デスクトップで、右上にあるプロフィール写真をクリックします。
  2. メニューで「環境設定」を選択します。
  3. 「詳細設定」をクリックします。
  4. 「その他のオプション」から、「ウィンドウが閉じている間もアプリを通知領域で起動中にしておく」の項目のチェックを外します。

 

Linux では、Slack アプリの起動中は、バッジ通知が通知領域に表示されます。

Windows_notification_tray_blue_badge.png 青いバッジが表示されている場合は、参加しているワークスペースのどれかにおいて、未読アクティビティがあることを意味します。
Windows_notification_tray_red_badge.png

赤いバッジが表示されている場合は、チームのメンバーがあなたをメンションした、あなたにダイレクトメッセージを送信した、またはマイキーワードを含むメッセージが投稿されたことを意味します。

デフォルトでは、ウィンドウが閉じている間もアプリを通知領域で起動中にしておくよう設定されています。ウィンドウを閉じている時に Slack アプリが起動したままにならないように設定すると、Slack アイコンとバッジが通知領域に表示されなくなります。ウィンドウを閉じている時に Slack アプリが通知領域で起動したままにならないよう設定する手順を以下に示します。

  1. デスクトップで、右上にある自分のプロフィール写真をクリックします。
  2. メニューで「環境設定」を選択します。
  3. 「詳細設定」をクリックします。 
  4. 「その他のオプション」から、「ウィンドウが閉じている間もアプリを通知領域で起動中にしておく」の項目のチェックを外します。

注意 : 他のメンバーがあなたをメンションした時、またはあなたが参加しているチャンネルに通知した時、1 のようなバッジがチャンネルリストに表示されます。


チャンネル特有の通知とグループ DM の通知

チャンネルやグループダイレクトメッセージの通知設定はそれぞれ個別に調整できます。通知を受信したいメッセージを選択したり、会話をミュートして不要な通知を減らすことができます。

  1. チャンネルまたはグループ DM を開きます。
  2. 右上の  「詳細」アイコンをクリックします。
  3.  「その他」をクリックしてから、「変更通知」をクリックします。 
  4. 通知設定を選び、モバイルデバイスに別の設定を使用するかどうかを選択します。
  5. 右上の  「閉じる」アイコンをクリックして保存し、終了します。

注意 :メンションされた場合にのみ通知を受信するよう選択すると、デフォルトで「@channel と @here も含む」の横にあるボックスにもチェックが入ります。ワークスペースでチャンネルへの投稿権限メッセージに関する権限に制限がない場合には、このボックスのチェックを外すことができます。


通知のトラブルシューティング

通知が届かない、遅延している、表示されないなどの問題がある場合には、以下の記事のいずれかをクリックしてトラブルシューティングを始めてみましょう。これらのトラブルシューティングを行っても問題が解決しない場合は、サポートチームまでお問い合わせください。問題解決のお手伝いをします。