ワークスペースのデータをエクスポートする

Slack では、ワークスペースからのデータのエクスポートに関して Standard Export (スタンダードエクスポート)Corporate Export (コーポレートエクスポート) の2つの方法を使用することができます。

  • Standard Export | スタンダードエクスポート
    Slack のどのプランでも、ワークスペースのオーナーと管理者はスタンダードエクスポートを使用して、メッセージやファイルへのリンクを含むパブリックチャンネルのデータをワークスペースからエクスポートできます。
  • Corporate Export (コーポレートエクスポート)
    プラスプランのワークスペースのオーナーは、Corporate Export と呼ばれるセルフサービスのエクスポートツールの利用を申請することができます。このタイプのエクスポートには、パブリックチャンネルだけでなく、プライベートチャンネルやダイレクトメッセージのデータも含まれます。Corporate Export が有効化されているワークスペースでは、Standard Export の利用はできなくなります。

Tip: プラン別の Slack のエクスポートのオプションについての詳細は、Slack のインポート/エクスポートの手段 のページを参照してください。Slack からエクスポートしたデータの読み方 についても確認できます。


Standard Export を利用して公開データをエクスポートする

Slack の全てのプランのワークスペースのオーナーと管理者が Standard Export (スタンダードエクスポート) を利用することができます。このツールでは、ワークスペースの全てのパブリックチャンネルのコンテンツをエクスポートすることができます。

    1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
    2. メニューから「その他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」を選択します。
    3. 右上の「データのインポート/エクスポート」をクリックします。
    4. 「エクスポート」タブを選択します。
    5. 「エクスポート開始」をクリックします。エクスポートが完了次第、メールで通知が届きます。
    6. 届いたメールの「ワークスペースのエクスポートページにアクセスする」をクリックします。
    7. 「ダウンロードを開始する」をクリックして zip ファイルにアクセスします。


zip ファイルには、パブリックチャンネルに投稿された全てのメッセージ履歴 (JSON形式) とファイルへのリンクが含まれます。

注意 : このエクスポートにはパブリックチャンネルの全てのデータが含まれ、エクスポートするデータを選択することはできません。エクスポートしたデータを別のワークスペースにインポートする際に、統合させたいメッセージやファイルを選択・指定することが可能です。


Corporate Export を利用する

プラスプランのワークスペースのオーナーは、 Corporate Export (コーポレートエクスポート) の利用を申請することができます。このセルフサービスツールによって、ワークスペースのオーナーはパブリックチャンネルやプライベートチャンネル、ダイレクトメッセージからコンテンツを 必要に応じて、法律が許す範囲内で エクスポートすることができます。

Corporate Export を申請する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」を選択します。
  3. 右上の 「データのインポート/エクスポート」をクリックします。
  4.  「エクスポート」を選択します。
  5.  「申請書を提出する」リンクをクリックします。

注意 : Corporate Export ツールの利用申請が承認されると、Standard Export(パブリックチャンネルのデータ「のみ」のエクスポート)は利用できなくなります。

定期的な Corporate Export を設定する

Corporate Export (コーポレートエクスポート) の利用申請が承認されると、日次、週次、または月次でエクスポートを設定することができるようになります。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「その他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」を選択します。
  3. 右上の「データのインポート/エクスポート」をクリックします。
  4. 「エクスポートをスケジュールする」を選択し、頻度を指定します。
誰がこの機能を使用することができますか?
  • 全てのプランで、ワークスペースの オーナー 管理者 は、Standard Export (スタンダードエクスポート) を使用することができます。
    Corporate Export (コーポレートエクスポート) の申請ができるのは、プラスプランワークスペースのオーナー のみです。