チャンネルにメンバーを追加する

Slack での仕事は、Slackワークスペース内のチャンネルで行われます。チャンネルは、メッセージ、ツール、ファイルを一つに集めて共有する場所です。 

チャンネルには、通常メンバー、招待されたメンバーとゲストを追加できます。ゲストがアクセスできるのは参加しているチャンネルのみです。ワークスペースや Enterprise Grid 全体にアクセスできるわけではありません。チャンネルへゲストを招待する方法を確認してみましょう。

Tip : 招待されたメンバーをチャンネルに追加すると、これらのメンバーがメンションされた際にメール通知が届くようになります。ワークスペース参加の招待を受諾した後は Slack で会話を続けることができます。

 

チャンネルにメンバーを追加する

デスクトップ

iOS

Android

  1. チャンネルを開きます。
  2. 画面上部の (チャンネル設定アイコン) をクリックします。
  3. 「[チャンネル名] にメンバーを追加する」を選択します。
  4. プライベートチャンネルにメンバーを追加する場合は、参加したメンバーにチャンネルの履歴を見せるかどうか Slack が尋ねます。詳しくは以下を参照してください。
  5. 招待するメンバーの名前を入力し、候補から本人を選択します。名前の横にある  (プラスアイコン) をそれぞれクリックします。
    Slack チャンネルへのメンバー追加プロセスを示すスクリーンショット
  6. 完了したら Enter キーを押すか、「追加」ボタンをクリックします。

💡また、スラッシュコマンド /invite を使ってすばやくメンバー (1人) をチャンネルに追加することもできます。「/invite」と入力し、続けて追加したいメンバーの表示名をメッセージフィールドに入力して Enter キーを押すか「送信する」を選択します。

  1. 右にスワイプしてチャンネルリストを表示します。
  2. 招待先のチャンネルを開きます。 
  3. 画面上部のチャンネル名をタップします。
  4. プライベートチャンネルに招待する場合は、参加したメンバーにチャンネルの履歴を見せるかどうか Slack が尋ねます。詳しくは以下を参照してください。
  5. 「メンバーを追加する」をタップし、そのメンバーの名前の横にある丸印をタップします。
  6. 「招待する」 をタップします。

💡また、スラッシュコマンド /invite を使ってすばやくメンバー (1人) をチャンネルに追加することもできます。「/invite」と入力し、続けて追加したいメンバーの表示名をメッセージフィールドに入力して「送信」をタップします。

  1. 右にスワイプしてチャンネルリストを表示します。
  2. 招待先のチャンネルを開きます。
  3. 画面上部のチャンネル名をタップします。
  4. プライベートチャンネルに招待する場合は、参加したメンバーにチャンネルの履歴を見せるかどうか Slack が尋ねます。詳しくは以下を参照してください。
  5. 「メンバーを追加する」をタップし、そのメンバーの名前の横にある丸印をタップします。
  6. 「完了」をタップします。

💡また、スラッシュコマンド /invite を使ってすばやくメンバー (1人) をチャンネルに追加することもできます。「/invite」と入力し、続けて追加したいメンバーの表示名をメッセージフィールドに入力して「送信」をタップします。

Tip : 有料プランでは、ユーザーグループを作成し、スラッシュコマンド  /invite @usergroup を使ってグループメンバー全員を一度にチャンネルに追加できます。

 

グループをチャンネルに追加する

現時点でユーザーをチャンネルに一括で追加する方法はありませんが、以下のオプションが役立つかもしれません。

チャンネルへのリンク

Slack メッセージにパブリックチャンネルへのリンクを挿入するには、チャンネル名を入力します (例: #新チャンネル)。メッセージが投稿されたチャンネルのメンバーが、その新しいチャンネルにアクセスし、必要に応じて参加できるようになります。

Screen_Shot_2019-06-27_at_4.22.24_PM.png

注意 : Enterprise Grid プランでは、メッセージ内で引用するチャンネルがワークスペース間で共有されていることを確かめておきましょう。共有されていないと、チャンネル名のリンクは機能しません。


デフォルトのチャンネルを設定

オーナーと管理者は、デフォルトのチャンネルを設定し、新しいメンバー全員をワークスペース参加時に自動で追加することもできます。全社向けの関連情報を共有できるうえ、新しいメンバーも重要な情報にすばやくアクセスできるようになるため、Slack へメンバーを歓迎する方法として最適です。

詳しくは デフォルトのチャンネルを設定する を参照してください。

 

プライベートチャンネルの履歴

プライベートチャンネルへのメンバーの招待は、既存のプライベートチャンネルに追加する方法と新しいプライベートチャンネルを始める方法の 2 つのオプションがあります。既存のプライベートチャンネルに加わったメンバーは、チャンネルの履歴を閲覧できます。

新しくチャンネルを始めると、既存のチャンネルは名前が変わってアーカイブされます。新しいプライベートチャンネルには、アーカイブされた既存のチャンネルの参加メンバー全員と、新しく招待したメンバーが含まれます。既存のメンバーは、アーカイブされたチャンネルへのリンクを確認できます。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • メンバー全員マルチチャンネルゲスト
  • フリースタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン