リマインダーを設定する

今日も元気に働きバチ、でもやることが多すぎていろいろ忘れそう!そんな時は、自分やワークスペースのメンバーにリマインダーを送ることができます。重要なミーティングや To-Do アイテムのリマインダーはもちろん、後で再開する作業のリマインダーを送ることもできます。

リマインダーの設定方法はいくつかあります :

  • ショートカットメニューを開き、自分用にリマインダーを作成します。
  • メッセージの横の (3 つのドットアイコン) をクリックし、後でメッセージに戻るように自分に対してリマインダーを設定します。
  • メッセージフィールドに「/remind」スラッシュコマンドを入力して、自分、他のメンバー、または特定のチャンネルにカスタムリマインダーを作成します。

注意 : マルチチャンネルゲストとシングルチャンネルゲストは、自分自身にのみリマインダーを設定することができます。


ショートカットメニューからリマインダーを設定する

ショートカットを使用すれば、Slack 内のどこからでも、自分にリマインダーを設定することができます。手順は以下のとおりです。

  1. デスクトップで、メッセージフィールドの左側にある (稲妻アイコン) をクリックします。
  2. 「リマインダーを設定する」を選択します。
  3. 「いつ」フィールドをクリックして、カレンダーから日付を選択します。
  4. 「時間」フィールドをクリックして、ドロップダウンメニューから時間を選択します。
  5. リマインダーの説明を入力します。
  6. 「作成する」をクリックします。

指定した時間に Slackbot からリマインダーの説明が記載されたダイレクトメッセージが送られてきます。時間を指定しない場合は、指定した日の午前 9 時に Slackbot からリマインダーが送られてきます。


メッセージからリマインダーを設定する

Slack メッセージから、自分にリマインダーを設定することができます。指定した時間に Slackbot からメッセージに関するリマインダーが送られてきます。

デスクトップ

iOS

Android

  1. メッセージまたはファイルにマウスを重ねます。
  2. メッセージやファイルの  (その他) アイコン をクリックします。
  3. 「後でリマインドする」にマウスポインタ―を重ねます。  そしてリストから時間枠を選択するか、「カスタム」を選択して独自の時間枠を設定します。
  1. メッセージまたはファイルを長押しします。
  2. 「リマインダーを設定」をタップします。
  3. リマインドするタイミングを選択してタップします。
  1. メッセージまたはファイルを長押しします。
  2. 「リマインダーを設定」をタップします。
  3. リマインドするタイミングを選択してタップします。


スラッシュコマンドを使用してリマインダーを設定する

メッセージフィールドに「/remind」を入力して、自分や他の誰か、またはチャンネルにリマインダーを設定します。「/remind」 を入力すると、リマインダーの入力形式のテンプレートが表示されます : /remind [@メンバー または #チャンネルl] [内容] [いつ]

注意 : リマインダーの日付と時刻を設定する方法は多数あります。時刻を指定しない場合、Slackbot が、時刻を指定した日の午前 9 時をデフォルトに設定します。

  スラッシュコマンド [@メンバーまたは#チャンネル] [内容] [いつ]
自分へ /remind 自分 プレゼンテーションの更新 10 分後
他のメンバーへ /remind @kyoko レポート提出 5 月 30 日
チャンネルへ /remind #team-design 週 1 回のミーティングに参加 毎週火曜日

Tip : 自分のためのリマインダーを簡単に設定するには、/remind と入力してメッセージを送信します。そしてリマインダーの日付、時間、説明を入力します。

気をつけてほしいこと

  • Slack を別の言語で使用している場合、自分の言語でリマインダーを作成できますが、日時の入力形式は英語のリマインダーの設定方法に従うことをおすすめします。
  • リマインダーは常にあなたの地域のタイムゾーンで設定されます。別の地域に他のチームメンバーがいる場合は、リマインダーを設定する時に、そのメンバーのタイムゾーンを考慮するようにしましょう。
  • リマインダーを入力する時は、プライベートチャンネル名の使用はおすすめしません。プライベートチャンネルにリマインダーを設定する時は、プライベートチャンネル名の前には # マークをつけ、さらにプライベートチャンネル名をすべて正確に手入力してください。
  • 繰り返しのリマインダーは、自分またはチャンネルに設定できますが、他のメンバーに設定することはできません。


リマインダーを管理する

リマインダーのリストを表示する

メッセージフィールドに「/remind list」スラッシュコマンドを入力して、メッセージを送信すると、今後、過去、未完了のリマインダーの一覧が表示されます。特定のチャンネルに対するリマインダーを確認・管理する時は、そのチャンネルのメッセージフィールドに「/remind list」コマンドを入力します。

リマインダーのスヌーズ機能

リマインダーで設定したイベントを先送りしたい場合は、Slackbot から送られたリマインダーメッセージに表示されるドロップダウンメニューを使用して、再設定することができます。20 分、1 時間、または翌日の午前 9 時まで、リマインダーを一定時間停止することができます。

リマインダーを完了する

メッセージフィールドに「/remind list」スラッシュコマンドを入力して、メッセージを送信します。次に、完了とマークしたいリマインダーの横の「完了」をクリックします。「完了したリマインダーを表示する」をクリックして、完了とマークした項目を表示します。

リマインダーを削除する

メッセージフィールドに「/remind list」スラッシュコマンドを入力して、メッセージを送信します。次に、削除したいリマインダーの横の「削除」をクリックします。

要注意 : 繰り返しのリマインダーは完了とマークすることはできません。ただし削除することは可能です。