おやすみモードによる通知の一時停止

邪魔されたくない時やオフタイムが必要な場合には、おやすみモード (DND) で Slack からの通知 を一時停止することができます。集中が必要な時には必要に応じて DND を設定。通知を受け取りたくない時間帯につき、定期的に DND スケジュールを設定することもできます。😴

おやすみモードの仕組み

  • 通知とメンションは一時停止します。通知を再開すると、おやすみモード設定中に見逃した内容をチェックできるようになります。
  • おやすみモード設定中は、  (おやすみモード) アイコンが表示されます。
  • あなたの表示名の横に  (おやすみモード) アイコンが表示されます。誰かがあなたに至急連絡しなければならない時は、ダイレクトメッセージを送る際におやすみモード設定を上書きできます。


通知を一時停止にする

デスクトップ

iOS

Android

おやすみモードをオンにする

  1. ワークスペース名の横にある   (ベルのアイコン) をクリックします。
  2. 通知を一時停止にしたい時間を選択します。 

おやすみモードをオフにする・停止時間を変更する

  1. 左上の  (おやすみモードアイコン) をクリックします。
  2. 「今すぐ通知を再開」を選択します。または、「時間を調整する」をクリックしておやすみモードの時間枠を変更します。

おやすみモードをオンにする

  1. 右から左にスワイプ して右サイドバーを開きます。
  2. 「おやすみモード」をタップします。
  3. 通知を一時停止にしたい時間を選択します。

おやすみモードをオフにする・停止時間を変更する

  1.  (おやすみモード) アイコンをタップします。
  2. 時間枠を変更するか、「オフにする」を選択します。

おやすみモードをオンにする

  1. 右上の  (3つのドットアイコン)  をタップします。
  2. 「おやすみモード」を選択します。
  3. 通知を一時停止にしたい時間を選択します。

おやすみモードをオフにする・時間を変更する

  1.  (おやすみモード) アイコンをタップします。
  2. 時間を変更するか、「オフにする」を選択します。


おやすみモードのスケジュールを設定する

定期的にオフラインとなる時間帯がある場合には、おやすみモードのスケジュールを設定することができます。その時間帯は通知を一時停止にできます。

デスクトップ

iOS

Android

  1. ワークスペース名の横にある   (ベルのアイコン) をクリックします。
  2. メニューから「おやすみモードのスケジュール」を選択します。
  3. 「おやすみモード」の項目で、時間帯を入力します。
  4. 設定は自動的に保存されます。完了したら、右上の  (閉じるアイコン) をクリックします。
  1. 右から左にスワイプ して右サイドバーを開きます。
  2. 「設定」 をタップします。
  3.  「おやすみモード」を選択します。
  4. 「スケジュール」 の横のトグルボタンをタップして おやすみモード にするスケジュールを入力します。設定は自動的に保存されます。
  1. 右上の   (3 つのドットアイコン) をタップします。
  2. 「設定」をタップします。
  3. 「通知設定」から「おやすみモード」をタップします。
  4. 「スケジュール」 の横のトグルボタンをタップしておやすみモードにするスケジュールを入力します。設定は自動的に保存されます。

Tip : ワークスペースのオーナーと管理者は、メンバーが使用するデフォルトのおやすみモードスケジュールを設定できます。詳しくはデフォルトのおやすみモード時間を設定するを参照してください。


おやすみモードのショートカットとコマンド

急いでいる時は、 スラッシュコマンドを使っておやすみモードを切り替えましょう。

  • /dnd [時間設定テキスト] と入力して通知を一時停止
  • /dnd off と入力しておやすみモードをオフに設定


/dnd の例

通知を一時停止にする時間

 

特定の時間枠

/dnd for 15 mins (15 分間)
/dnd 15 minutes (15 分間)

1 日の特定の時間まで /dnd until 17:00
/dnd until 5pm (17:00まで)
1 日の一般的な時間帯まで

/dnd until tonight (今夜まで)
/dnd until tomorrow morning (明日の朝まで)