ワークスペースまたはオーガナイゼーションの通話設定を管理する

デフォルトでは、メンバー全員が (電話アイコン)を使用して Slack で通話することができますプランに応じて、ワークスペースや Enterprise Grid オーガナイゼーションの通話設定をカスタマイズする方法がいくつかあります。

  • すべてのプランで、Slack コールを有効または無効にすることができます。 
  • すべてのプランで、Slack コールの代わりに、電話アイコンをクリックして表示されるサードパーティ製の通話アプリを選択できます。
  • スタンダード、プラス、Enterprise Grid プランでは、Slack コールに加えて、電話アイコンから複数のサードパーティ製の通話アプリを利用できるように選択できます。特定のアプリで発信を許可することもできます。

注意 : Slack では、サードパーティのプロバイダとアプリを介してのみ通話を許可しています。インターネットや通信プロバイダのサービスを利用するためにサードパーティと直接契約していただく必要があります。このようなインテグレーションの利用に対して Slack から料金を請求することはありません。


Slack で通話を有効または無効にする

デフォルトでは、すべてのプランのメンバーが Slack で通話できます。オーナーと管理者はこの設定を管理して、電話アイコンを表示するか非表示にするかを指定できます。

フリープラン、スタンダードプラン、プラスプラン

Enterprise Grid プラン

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「コール」の項目の「開く」をクリックします。
  4. 「Slack でのビデオ通話を許可する」の項目のボックスをチェックするか、チェックを外します。
  5. 「保存」をクリックします。

OrG オーナーおよび OrG 管理者は、Enterprise Grid OrG 内のすべてのワークスペースの通話を有効または無効にできます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの 「設定」をクリックし、「オーガナイゼーションの設定」を選択します。
  4. 「通話機能」の横にある「有効にする」または「無効にする」をクリックします。 


通話アプリを選択する

デフォルトでは、電話アイコンをクリックすると Slack コールが開始されます。必要に応じて、ワークスペースまたは Enterprise Grid OrG のデフォルトの通話オプションとしてサードパーティ製の通話アプリを選択できます。サードパーティ製のアプリを選択すると、すべてのメンバーがそのサービスでアカウントを作成する必要があります。

フリープラン

スタンダードプランとプラスプラン

Enterprise Grid プラン

ステップ 1 : 通話アプリを選択してインストールする

  1. デスクトップから Slack の App ディレクトリにアクセスして、通話アプリを選択します。
  2. ワークスペースにアプリをインストールします。

ステップ 2 : デフォルトの通話アプリを設定する

アプリをインストールしたら、次の手順を使用して、アプリをワークスペースのデフォルトの通話オプションにします。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「コール」の項目の「開く」をクリックします。
  4. 「Slack でのビデオ通話を許可する」で、アプリの横にあるボックスにチェックを入れます。
  5. 「保存」をクリックします。

スタンダードプランとプラスプランでは、ワークスペースのオーナーと管理者は、メンバーが電話アイコンから選択できるように、複数のサードパーティ製の通話アプリを選択できます。

ステップ 1 : 通話アプリを選択してインストールする

  1. デスクトップから Slack の App ディレクトリにアクセスして、通話アプリを選択します。
  2. ワークスペースにアプリをインストールします。


ステップ 2 : 通話アプリを追加する

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「通話機能」の横にある「開く」をクリックします。
  4. 「Slack でのビデオ通話を許可する」で、希望する通話オプションの横にあるボックスにチェックを入れます。
  5. 「Save」をクリックします。

Enterprise Grid プランでは、特定のアプリを OrG レベルでインストールできます。ほかのアプリについては、ワークスペースのオーナーと管理者がワークスペースにインストールする権限を OrG レベルで承認できます。

OrG レベルで通話アプリを追加する

OrG オーナーと OrG 管理者は、電話アイコンのオプションとして、Slack コールと OrG レベルでインストールされている通話アプリを設定できます。これらのオプションは、OrG 内のすべてのワークスペースのメンバーに表示されます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの 「設定」をクリックし、「オーガナイゼーションの設定」を選択します。
  4. 「通話機能」の横にある「編集」をクリックします。
  5. 「Slack でのビデオ通話を許可する」で、希望するアプリの横にあるボックスにチェックを入れます。
  6. 「Save」をクリックします。


ワークスペースレベルで通話アプリを追加する

通話アプリが OrG レベルで追加されていない場合、ワークスペースのオーナーと管理者は、承認済みの通話アプリをワークスペースにインストールして、メンバーが電話アイコンから選択できるオプションとしてそのアプリを追加することが可能です。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「通話機能」の横にある「開く」をクリックします。
  4. 「Slack でのビデオ通話を許可する」で、希望する通話オプションの横にあるボックスにチェックを入れます。
  5. 「Save」をクリックします。


発信を許可する

スタンダード、プラス、Enterprise Grid プランでは、サードパーティ製アプリを使用して、Slack のダイレクトメッセージ(DM)から電話番号に発信することができます。次のアプリは、発信機能をサポートしています。

ステップ 1 : 通話アプリを選択してインストールする

  1. デスクトップから Slack の App ディレクトリにアクセスして、通話アプリを選択します。
  2. ワークスペースにアプリをインストールします。

ステップ 2 : 発信を許可する

サードパーティ製の通話アプリを選択してインストールしたら、次の手順で、電話アイコンからアプリを利用できるようにし、DM からの発信を許可します。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「コール」の項目の「開く」をクリックします。
  4. 「Slack での音声通話を許可する」で、希望するアプリの横にあるボックスにチェックを入れます。
  5. 「保存」をクリックします。

注意 : Enterprise Grid プランを利用しているなら、次の方法で OrG の各ワークスペースから外部に電話をかけられるようになります。

誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークスペースのオーナーおよび管理者OrG のオーナーおよび管理者
  • フリースタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン