Slack アナリティクスダッシュボードの権限を管理する

Slack アナリティクスダッシュボードは、チームでの Slack の利用状況を確認できる重要なインサイトを提供します。ワークスペースのオーナーと OrG オーナーは、アナリティクスダッシュボードへのアクセスを制限できます。有料プランでは、メンバーのアナリティクスを完全に無効にすることもできます。


アナリティクスダッシュボードを閲覧できるメンバーを選択します。

無料

プロプランとビジネスプラスプラン

Enterprise Grid

デフォルトの設定では、ゲスト以外のメンバーなら誰でもアナリティクスにアクセスできます。必要に応じて、ワークスペースのオーナーは、以下の方法でアクセス権限をオーナーと管理者のみに制限できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「権限」タブを選択します。
  4. 「ワークスペースアナリティクス」を見つけて「開く」をクリックします。
  5. ドロップダウンメニューを開いて、アナリティクスにアクセスできるメンバーを選択します。
  6. 「保存」をクリックします。

デフォルトの設定では、メンバーなら誰でもアナリティクスにアクセスすることができます。必要に応じて、ワークスペースのオーナーはアクセス権限をオーナーと管理者に制限することや、アナリティクスダッシュボードの「メンバー」タブを無効にすることができます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「権限」タブを選択します。
  4. 「ワークスペースアナリティクス」を見つけて「開く」をクリックします。
  5. ドロップダウンメニューを開いて、アナリティクスにアクセスできるメンバーを選択します。
  6. メンバーアナリティクスを無効にする場合は、「Enable Member Analytics(メンバーアナリティクスを有効にする)」の横にあるボックスのチェックを外します。
  7. 「保存」をクリックします。

OrG レベル

アナリティクスへのアクセスについての OrG ポリシーを設定する

デフォルトでは、メンバーは自分が参加しているすべてのワークスペースのアナリティクスを表示できます。必要に応じて、OrG オーナーは、OrG ポリシーを設定して、OrG 内の各ワークスペースのアナリティクスダッシュボードへのアクセス権限をオーナーと管理者に制限できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択してから、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの 「設定」をクリックし、「オーガナイゼーションポリシー)」を選択します。
  4. 「権限」タブを選択します。
  5. 「統計の閲覧」を見つけて、「ポリシーの追加」をクリックします。
  6. ボックスにチェックを入れて、「ポリシーを保存する」をクリックします。

注意 :OrG レベルのアナリティクスダッシュボードにアクセスできるのは OrG オーナーと OrG 管理者のみです。この権限は変更できません。


メンバーのメトリクスを無効にする

必要に応じて、OrG オーナーは OrG 内の各ワークスペースについて、アナリティクスダッシュボードの「メンバー」タブを無効にすることもできます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定と管理」を選択してから、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左側のサイドバーの 「設定」をクリックし、「オーガナイゼーションの設定」を選択します。
  4. 「メンバーアナリティクス」の横にあるトグルボタンをクリックして、この機能を有効または無効にします。


ワークスペースレベル

OrG ポリシーが設定されていない場合、ワークスペースのオーナーは、管理するワークスペースでのアクセス権限をオーナーと管理者に制限できます。

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「ワークスペースの設定」をクリックします。
  3. 「権限」タブを選択します。
  4. 「ワークスペースアナリティクス」を見つけて「開く」をクリックします。
  5. ドロップダウンメニューを開いて、アナリティクスにアクセスできるメンバーを選択します。
  6. 「保存」をクリックします。
誰がこの機能を利用できますか?