3 つが連結し、1 つが横に離れて置いてある状態の 4 つのパズルのピース

チャンネルで効果的にコラボレーションする

レッスンの概要

エミリは最近、ABC カンパニーに入社しました。この会社では Slack を使用しています。このレッスンではエミリを通して、メンションや絵文字リアクション、ファイルの共有、メッセージの書式設定を活用して、チームがチャンネルで効果的にコラボレーションを行う方法について学びます。

Slack を使用する前の状況

エミリが以前勤めていた会社では、多くの異なる場所でやり取りが行われていました。受信トレイには、あまり重要ではないメールや、自分に関係のないメールもひっきりなしに入ってきました。ファイルは一部の人と個人的に共有され、皆が知らない間に決定が行われることもよくありました。このようなコミュニケーションサイロのため、皆で仕事に関する共通の認識を持ち、情報を追跡し、最新の状況を把握しておくことは困難でした。

ABC カンパニーでの Slack の活用方法

  • ABC カンパニーの社員はメンションを使うことで、特定の人に注意を促して仕事を進めています。
  • チャンネルにファイルと会話がまとまっているため、誰もがいつでも最新の情報にアクセスできます。
  • エミリは、皆が絵文字リアクションを活用して効率良くやり取りしていることに気付きました。

メンションして特定の人の注意を引く

チームメンバーをメンションする

エミリは、仕事を進めるために特定の人の注意を引く必要があり、チャンネルに送信するメッセージの中で春香に直接メンションします。春香は自分がメンションされているという通知を受け取り、チーム全体はどのようなやり取りがなされているかを確認できます。

ファイルをチームと共有する

ファイルをアップロード

エミリはチームとのコラボレーションの際、全員が最新の情報を確認できるようにして仕事を効率化できるよう、ファイルと会話を一緒に表示したいと思っています。ファイルを共有する準備ができたので、会話と一緒にチャンネルで共有します。

絵文字リアクションを使って効率的に返信する

 

エミリとチームメンバーは、確認するドキュメントをチャンネルで共有します。互いにファイルを受け取ったことを知らせるために、「ありがとう。見てみます!」というメッセージを送ることもできました。でも、新しいメッセージを送信すると、他のメンバー全員にもチャンネルが未読になるので、コメントを追加するとやり取りの効率が落ちてしまいます。

代わりに、ABC カンパニーでは絵文字を共通語として使用し、コミュニケーションをシンプルにしています。例えば、チャンネルで共有されたドキュメントをチームメンバーが確認しているときは目の絵文字でリアクションして、メッセージを見たこと、確認作業中であることをチャンネルの全員に知らせます。

メッセージの書式設定を使って見た目よく

メッセージの書式設定

エミリは、春香のドキュメントについて、いくつかの提案をメッセージで送ろうと思います。メッセージのフォーマットを整えるひと手間で、エミリはチャンネルの全員が内容をすぐに把握し、次のステップを理解できるようにします。

送信済みメッセージを編集または削除する

メッセージを編集する

エミリは、先ほどのメッセージに含めた提案に、変更を加えたいと思います。メッセージを送った後でも編集できる機能があります。

次のステップ

💡 チャンネルで同僚にメンションして、注意を引きましょう。

💡 チャンネルでメッセージにリアクションを追加しましょう。

💡 ファイルをアップロードして、チャンネルで共有しましょう。

💡 次にメッセージを送る時に書式を変更してみましょう。

この情報はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。