中央にプラス記号と、その記号を指すカーソルが示された、キーボードのキーの形をしたボタン。

新しいチャンネルを作成する

レッスンの概要

エミリは最近、ABC カンパニーに入社しました。この会社では Slack を使用しています。このレッスンではエミリを通して、チャンネルを作成し、コンテキストを設定し、チームメンバーを追加する方法について学びます。

Slack を使用する前の状況

エミリが以前勤めていた会社では、特定のトピックに関する作業を整理することはほとんど不可能でした。コミュニケーションは主にメールで行われ、知る限りすべてのトピックやプロジェクトに関する情報が 1 つの受信トレイに保管されていました。情報がばらばらになっていたため、情報を追跡し、最新の内容を把握し、仕事を進めることは困難でした。

ABC カンパニーでの Slack の活用方法

  • ABC カンパニーでは、特定のトピック (プロジェクト、チーム、社内通知、ソーシャルディスカッションなど) に関連する会話と作業が、チャンネルにまとめられています。
  • ABC カンパニーの社員はチャンネルの命名プレフィックスを使って Slack を管理しているため、社員が自分の仕事に関係したチャンネルを見つけて参加しやすくなっています。
  • エミリは、適切な人に適切な情報が届くチャンネルが理想的なチャンネルであるとわかりました。

命名プレフィックスを使ってチャンネルを作成する

チャンネル名のプレフィックス

エミリは、ABC カンパニーが企画した新しいキャンペーンのプロジェクトマネージャーです。チャンネルを作成して、プロジェクトに関するすべてのやり取りと計画を管理しようとしています。

ABC カンパニーでは、チャンネル名にプレフィックス (接頭辞) を付けてチャンネルの目的がすぐに分かるようにし、Slack 内で検索する際に見つけやすくしています。ABC カンパニーの既存のチャンネル命名規則に従い、エミリは#プロジェクト-ブランド-キャンペーンという、簡潔でわかりやすいチャンネル名を付けました。

ピン留めを使ってメンバーに情報を周知する

メッセージをピン留めする
エミリは、メンバーが新しいチャンネルに初めて参加する時点で、必要な情報が皆の目に留まるようにしたいと考えています。メンバーを追加する前に、エミリはキックオフに関する詳細情報をチャンネルにピン留めします。こうすることで、チャンネル内のすべてのユーザーがメッセージを確認し、必要な情報を把握できるようにします。

チャンネルにメンバーを追加する

チームメンバーを追加する
チャンネルは、適切なメンバーに適切な情報が届く場合にもっとも効果的なものとなります。エミリはキックオフに関する情報を共有したので、次はチームメンバーをこのチャンネルに追加して、仕事に取りかかれるようにします。

次のステップ

💡 ワークスペースの命名規則に従ってチャンネルを作成しましょう。

💡 新しく作成したチャンネルでメッセージにピン留めしましょう。

💡 チャンネルにメンバーを追加しましょう。

この情報はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。