特定の会話についてメッセージの保存設定を編集する

デフォルトの設定では、ワークスペースが存在する限り、Slack にすべてのメッセージが保存されます。許可されている場合、メンバーは自分のプライベートチャンネルとダイレクトメッセージ(DM)に対して、自分でメッセージの保存期限をカスタム設定することができます。ワークスペースのオーナーと OrG オーナーは、個別のパブリックチャンネルについて保存設定を変更できます。このような個別の会話に対する保存設定は、ワークスペースや OrG 全体のメッセージの保存設定より、短くすることも長くすることもできます。

設定による影響

  • チャンネルと DM についてメッセージの保存期限の設定オプションがメンバーに表示されるのは、ワークスペースのオーナーまたは OrG オーナーによって許可されている場合のみです。
  • 外部のオーガナイゼーションと共有しているチャンネルでは、オーガナイゼーションのメンバーが送信したメッセージにのみ保存設定が適用されます。
  • Enterprise Grid の OrG の場合、マルチワークスペースチャンネルは、常にオーガナイゼーションの保存ポリシーに準拠します。OrG レベルのポリシーが設定されていない場合、デフォルトではすべてのメッセージが保持されます。

注意! メッセージはいったん削除すると復元できません。保存ポリシーを設定する際には、十分注意してください。 


特定のチャンネルまたは DM にメッセージの保存を設定する

メンバーは自分のプライベートチャンネルと DM に対して、チャンネル専用の保存設定を作成できます。また、ワークスペースのオーナーと OrG オーナーは次の方法でパブリックチャンネルの保存設定を作成できます。

  1. デスクトップから、保存設定を設定したい会話を開きます。
  2. 右上の  (詳細アイコン)を開きます。
  3.  「その他」をクリックし、「その他のオプション」を選択します。
  4. 「メッセージの保存設定を編集する」をクリックします。
  5. 「この会話にカスタム保存設定を適用する」を選択します。
  6. メッセージを保存する期間を選択して「保存する」をクリックします。
  7. 「はい、この新しい設定を適用します」のとなりのボックスにチェックしてから、
    「設定を適用」をクリックします。


更新された保存設定を確認する Slackbot メッセージが会話に投稿されます。

Tip : プラスプランと Enterprise Grid プランでは、権限を持つオーナーおよび管理者が、チャンネル管理ツールでチャンネルの保存設定を管理できます。

この機能を使えるのは誰?
  • ワークスペースのオーナーOrG オーナーは、すべてのメンバーゲストを除く)がこの機能を使えるように設定できます。 
  • スタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン