チャンネルをアーカイブまたは削除する

プロジェクトをまとめる際に、不要になったチャンネルをアーカイブできます。アーカイブしたチャンネルでは、新たにアクティビティを行うことはできませんが、ワークスペース内ですべてのメッセージ履歴が保存されるので、引き続き検索できます。ワークスペースのオーナーとワークスペースの管理者は、ワークスペースからチャンネルとそのすべてのメッセージを完全に削除することができます。

注 :Slack コネクトチャンネルをアーカイブまたは削除するには、まずチャンネルから外部の組織を削除する必要があります。


チャンネルをアーカイブまたは復元する

デフォルトの設定では、メンバー(ゲストを除く)はチャンネルをアーカイブまたは復元できますが、オーナーと管理者はこの権限を制限できます。これらのオプションが見当たらない場合は、ワークスペースのオーナーや管理者に相談してください。

チャンネルをアーカイブする

デスクトップ

iOS

Android

  1. アーカイブしたいチャンネルを開きます。
  2. 会話のヘッダーのチャンネル名をクリックします。 
  3. 「設定」をクリックし、「全員に対してチャンネルをアーカイブする」をクリックします。
  4. 「チャンネルをアーカイブ」をクリックして確定します。
  1. チャンネルから、上部のチャンネル名をタップします。
  2.  「その他のオプション」をタップします。
  3. 「チャンネルをアーカイブ」をタップします。
  4. 「アーカイブ」をタップして確定します。
  1. チャンネルの右上の  「詳細」をタップします。
  2. 「アーカイブ」をタップします。
  3. 「アーカイブ」をタップして確定します。

注意 : ほかの Slack チャンネルとは異なり、#general チャンネルはアーカイブできないため、アーカイブのオプションは表示されません。 

チャンネルを復元させる

アーカイブしたチャンネルは、気が変わった場合は復元することもできます。対象がプライベートチャンネルの場合はチャンネルのメンバーは保持されますが、パブリックチャンネルの場合は元のメンバーを復元できません。 

  1. デスクトップから、左のサイドバーの上部にある (チャンネル検索)をクリックします。このオプションが見当たらない場合、 「その他」をクリックすると見つけることができます。
  2. チャンネルを検索して選択するか、 「フィルター」をクリックして「チャンネルタイプ」のドロップダウンメニューから「アーカイブしたチャンネル」を選択します。
  3. リストから復元したいチャンネルを選択します。
  4. 会話のヘッダーのチャンネル名をクリックします。
  5. 「設定」をクリックし、 「このチャンネルを復元する」をクリックします。

Tip :同じチャンネル名を再度使うことはできません。アーカイブされたチャンネル名をもう一度使うには、そのチャンネルを復元し、チャンネル名を変更する必要があります。


チャンネルを削除する 

ワークスペースのオーナーとワークスペースの管理者のみが、アクティブなチャンネルまたはアーカイブしたチャンネルを削除できます(#general チャンネルを除く)。チャンネルを削除できない場合は、ワークスペースのオーナーや管理者に相談してください。チャンネルはいったん削除すると復元できません。くれぐれもご注意ください。

アクティブなチャンネルを削除する 

  1. デスクトップで、削除するチャンネルを開きます。 
  2. 会話のヘッダーのチャンネル名をクリックします。
  3. 「設定」をクリックし、「チャンネルを削除する」をクリックします。
  4. 「このチャンネルを削除する」を選択します。
  5. 「はい、完全に削除します」にチェックを入れ、「チャンネルを削除する」をクリックします。


アーカイブしたチャンネルを削除する 

  1. 左のサイドバーの上部にある  「チャンネル検索」をクリックします。このオプションが見当たらない場合、 「その他」をクリックすると見つけられます。
  2. チャンネルを検索して選択するか、 「フィルター」をクリックして「チャンネルタイプ」のドロップダウンメニューから「アーカイブしたチャンネル」を選択します。
  3. リストから削除したいチャンネルを選択します。
  4. 会話のヘッダーのチャンネル名をクリックします。
  5. 「設定」をクリックし、「このチャンネルを削除する」をクリックします。
  6. 「はい、完全に削除します」にチェックを入れ、「チャンネルを削除する」をクリックします。
誰がこの機能を利用できますか?
  • デフォルトの設定では、ゲスト以外のメンバーなら誰でもチャンネルをアーカイブできます。ワークスペースのオーナーまたは管理者だけがチャンネルを削除することができます。
  • すべてのプランで利用できます