Slack からプロフィール情報を削除する

一般データ保護規則(GDPR)、カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)など、データのプライバシーに関してグローバルに適用される法令を遵守するため、ワークスペースまたはオーガナイゼーションのプライマリーオーナーは Slack に連絡を取り、メンバーのプロフィール情報の削除を依頼できます。メンバーとオーナーの皆さんが確認できるよう、以下に要点をまとめました。不明な点については Slack までお問い合わせください

背景について

  • ワークスペースのデータは、ワークスペースまたは OrG のプライマリーオーナーによって管理されます(Slack では、このデータを顧客データと呼びます)。このデータには、メンバーが送信したすべてのコンテンツと メンバーのプロフィール情報 が含まれます。
  • メンバーがワークスペースや OrG から退会する際には、プライマリーオーナーにプロフィール情報を削除するようリクエストできる場合があります。プロフィール情報を削除する必要があるかどうかの判断は、データの管理者であるプライマリーオーナーが行います。
  • 解除されたメンバーのプロフィール情報を削除するには、ワークスペースまたは OrG のプライマリーオーナーが Slack に連絡し、削除をリクエストする必要があります。

注 :プロフィール情報は一度削除すると、もとに戻すことはできません。くれぐれもご注意ください。


プロフィール情報とは?

メンバーのプロフィール情報には以下が含まれます。

  • 表示名
  • 氏名
  • プロフィール写真
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 役職
  • カスタムプロフィールフィールドの詳細
  • 使ってほしい人称


以下の内容はプロフィール情報とはみなされないため、メンバーの個人情報削除のリクエストがあっても削除されることはありません

  • 対象メンバーがチャンネルやダイレクトメッセージに送信したメッセージの内容
  • 対象メンバーが作成したポストやファイル
  • 対象メンバー宛てのメンション

注 :プロフィール情報が削除されると、解除されたメンバーの氏名と表示名は @deactivateduser(解除済みメンバー)として表示されるようになります。


メンバー向け

プロフィール情報を削除する必要があるかどうかの判断は、プライマリーオーナーが行います。Slack は、プライマリーオーナーからリクエストがあった場合のみ、プロフィール情報を削除します。 Slack のユーザー向けサービス利用規約を確認してください

プロフィール情報の削除をリクエストする

フリー、プロ、ビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

削除リクエストを送信するには、ワークスペースへのアクセスの可否に応じて以下の 2 つの方法があります。

選択肢 1 :ワークスペースのプライマリーオーナーに連絡する

  1. ワークスペースのプライマリーオーナーの連絡先は、ワークスペースの設定ページから確認できます。
  2. アカウントを解除します
  3. ワークスペースのプライマリーオーナーにプロフィール情報の削除を依頼します。
  4. ワークスペースのプライマリーオーナーは feedback@slack.com にメールで連絡します。
  5. ワークスペースのプライマリーオーナーからのリクエストに応じて、Slack があなたの名前やメールアドレスのほか、固有の識別子をワークスペースから削除します。

オプション 2 : Slack に問い合わせる

ワークスペースのプライマリーオーナーと連絡が取れない場合は、Slack がプライマリーオーナー宛てにリクエストの転送をお手伝いします。

  1. feedback@slack.com までメールで連絡します。その際、アカウントを正しく特定できるよう、次の情報も送信してください。
    • ワークスペースの URL
    • Slack アカウントに関連づけられたメールアドレス
  2. リクエストはワークスペースのプライマリーオーナーに転送されます。
  3. ワークスペースのプライマリーオーナーがリクエスト内容を確認した後、Slack があなたの名前やメールアドレスのほか、固有の識別子をプロフィールから削除します。

Enterprise Grid オーガナイゼーションはメンバー数が多いため、OrG のプライマリーオーナーの特定が難しいこともあるでしょう。そのような場合は、Slack まで連絡してください。オーナー探しのお手伝いをします。

  1. feedback@slack.com までメールで連絡します。その際、アカウントを正しく特定できるよう、次の情報も送信してください。
    • ワークスペースの URL
    • Slack アカウントに関連づけられたメールアドレス
  2. リクエストは OrG のプライマリーオーナーに転送されます。
  3. OrG のプライマリーオーナーがリクエスト内容を確認した後、Slack があなたの名前やメールアドレスのほか、固有の識別子を OrG から削除します。


プライマリーオーナー向け

プロフィール情報を削除するよう Slack に問い合わせる

Slack は、プライマリーオーナーからリクエストがあった場合にのみ、メンバーのプロフィール情報を削除できます。プライマリーオーナーがコンプライアンス上の理由でメンバーのプロフィール削除リクエストを受けた場合、以下の手順で手続きを行います。

  1. feedback@slack.com までメールで連絡します。
  2. メンバーのプロフィール情報を削除したい旨を知らせてください。
  3. その際、対象となるメンバーのメールアドレスとワークスペースの URL を必ず記載します。

    プライマリーオーナーの許可のもと、Slack は対象メンバーの名前やメールアドレスのほか、メンバーに固有の識別子をワークスペースから削除します。

注 :ワークスペースの使い勝手に影響が及ぶ可能性があるため、管理目的でのプロフィール削除は推奨していません。