Slack からプロフィール情報を削除する

一般データ保護規則(GDPR)、カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)など、データのプライバシーに関してグローバルに適用される法令を遵守するため、ワークスペースまたは Enterprise Grid オーガナイゼーションのプライマリーオーナーは、メンバーのプロフィールを削除することができます。

背景について

  • プライマリーオーナーは、ワークスペースまたは OrG のデータを管理します(Slack では、このデータを「顧客データ」と呼びます)。このデータには、メンバーが送信したコンテンツとメンバーのプロフィール情報が含まれます。
  • Slack ワークスペースや Enterprise Grid OrG を退会するメンバーには、自身のプロフィール情報の削除をリクエストできる場合があります。プロフィール情報を削除する必要があるかどうかの判断は、データの管理者であるプライマリーオーナーが行います。
  • メンバーのアカウントが解除されると、プロフィールを削除できるようになります。プロフィール情報は一度削除すると、もとに戻すことはできませんのでご注意ください。

注 :ワークスペースの使い勝手に影響が及ぶ可能性があるため、管理目的でのプロフィール削除は推奨していません。メンバーのアカウントが重複している場合は、代わりにアカウントの重複を修正する手順に従ってください。


プロフィール情報とは?

Slack からメンバーのプロフィールを削除すると、対象メンバーについて以下の個人識別情報が削除されます。

  • 表示名
  • 氏名
  • プロフィール写真
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 役職
  • カスタムプロフィールフィールドの詳細
  • 使ってほしい人称

プロフィール情報とみなされないコンテンツは、Slack から削除されません。これには、次のようなものが含まれます。

  • 対象メンバーがチャンネルやダイレクトメッセージに送信したメッセージの内容
  • 対象メンバーが作成した canvas やファイル

注 :プロフィールが削除されたメンバーの氏名と表示名は @deactivateduser と表示されます。Slack Atlas の表示専用プロフィールでは、削除しても氏名と表示名が保持されます。


メンバー向け

メンバーは、自分のプロフィールの削除リクエストを提出できます。ただし、リクエストを提出しても、プロフィールが削除されるとは限りません。ユーザー向けサービス利用規約に従い、プロフィール情報を削除するかどうかは、プライマリーオーナーが判断します。

プロフィールの削除リクエストを提出する

フリー、プロ、ビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

まだワークスペースにアクセスできる場合は、ワークスペースのプライマリーオーナーに連絡することをおすすめします。連絡が取れない場合は、Slack があなたに代わってリクエストの転送をお手伝いします。

方法 1 :ワークスペースのプライマリーオーナーに連絡する

  1. ワークスペースのプライマリーオーナーの連絡先は、ワークスペースの設定ページから確認できます。
  2. アカウントを解除します
  3. ワークスペースのプライマリーオーナーに連絡し、プロフィール情報の削除をリクエストします。

方法 2 :Slack に問い合わせる

  1. feedback@slack.com までメールで連絡します。その際、アカウントを正しく特定できるよう、あなたのワークスペースの URL とあなたの Slack アカウントに関連づけられたメールアドレスを記載してください。
  2. あなたのプロフィール情報を削除するよう、リクエストをワークスペースのプライマリーオーナーへ転送します。

Enterprise Grid オーガナイゼーションのユーザーの場合は、OrG プライマリーオーナーに問い合わせて、プロフィールの削除をリクエストすることができます。OrG プライマリーオーナーを特定する必要がある場合は、Slack にお問い合わせいただければ、適切なメンバーに直接あなたのリクエストを送ることができます。

  1. feedback@slack.com までメールで連絡します。その際、アカウントを正しく特定できるよう、次の情報も送信してください。
    • ワークスペースの URL
    • Slack アカウントに関連づけられたメールアドレス
  2. リクエストは OrG のプライマリーオーナーに転送されます。
  3. その後、OrG のプライマリーオーナーは、あなたのプロフィールを削除して、名前、メールアドレス、およびその他の個人を特定できる情報をワークスペースから削除することができます。

注 :Slack Atlas の表示専用プロフィールの削除を希望する場合は、Slack 管理者にお問い合わせください。 


プライマリーオーナー向け

プロフィール情報を削除する

フリー、プロ、ビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、その後「メンバーを管理する」をクリックします。
  3. 削除したいプロフィールの横にある  (3 つのドットアイコン)をクリックします。
  4. 「プロフィールを削除する」を選択します。このオプションは、メンバーのプロフィールがすでに解除されている場合にのみ表示されます。
  5. ボックスにチェックを入れ、「プロフィールを削除する」を選択して確定します。
  1. デスクトップの画面左上にあるワークスペース名をクリックします。
  2. メニューから「設定とその他管理項目」を選択し、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左サイドバーの 「メンバーディレクトリ」をクリックし、「メンバー」を選択します。 
  4. 右上の「解除されたメンバーを表示する」をクリックします。
  5. 削除したいプロフィールの横にある  (3 つのドットアイコン)をクリックします。
  6. 「プロフィールを削除する」を選択します。
  7. ボックスにチェックを入れ、「プロフィールを削除する」を選択して確定します。

注 :社内で Slack Atlas を利用しており、表示専用プロフィールの情報を削除する必要がある場合は、SCIM を使用して削除することができます。

一般データ保護規則(GDPR)、カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)など、データのプライバシーに関してグローバルに適用される法令を遵守するため、ワークスペースまたは Enterprise Grid オーガナイゼーションのプライマリーオーナーは、メンバーのプロフィールを削除することができます。

背景について

  • プライマリーオーナーは、ワークスペースまたは Enterprise Grid OrG のデータを管理します(Slack では、このデータを「顧客データ」と呼びます)。このデータには、メンバーが送信したコンテンツとメンバーのプロフィール情報が含まれます。
  • Slack ワークスペースや OrG を退会するメンバーは、自身のプロフィール情報の削除をリクエストできる場合があります。プロフィール情報を削除する必要があるかどうかの判断は、データの管理者であるプライマリーオーナーが行います。
  • メンバーのアカウントが解除されると、プロフィールを削除できるようになります。プロフィール情報は一度削除すると、もとに戻すことはできませんのでご注意ください。

注 :ワークスペースの使い勝手に影響が及ぶ可能性があるため、管理目的でのプロフィール削除は推奨していません。メンバーのアカウントが重複している場合は、代わりにアカウントの重複を修正する手順に従ってください。


プロフィール情報とは?

Slack からメンバーのプロフィールを削除すると、対象メンバーについて以下の個人識別情報が削除されます。

  • 表示名
  • 氏名
  • プロフィール写真
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 役職
  • カスタムプロフィールフィールドの詳細
  • 使ってほしい人称

プロフィール情報とみなされないコンテンツは、Slack から削除されません。これには、次のようなものが含まれます。

  • 対象メンバーがチャンネルやダイレクトメッセージに送信したメッセージの内容
  • 対象メンバーが作成した canvas やファイル

注 :プロフィールが削除されたメンバーの氏名と表示名は @deactivateduser と表示されます。Slack Atlas の表示専用プロフィールでは、削除しても氏名と表示名が保持されます。


プロフィールの削除リクエストを提出する

メンバーは、自分のプロフィールの削除リクエストを提出できます。ただし、リクエストを提出しても、プロフィールが削除されるとは限りません。ユーザー向けサービス利用規約に従い、プロフィール情報を削除するかどうかは、プライマリーオーナーが判断します。

フリー、プロ、ビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

まだワークスペースにアクセスできる場合は、ワークスペースのプライマリーオーナーに連絡することをおすすめします。連絡が取れない場合は、Slack があなたに代わってリクエストの転送をお手伝いします。

方法 1 :ワークスペースのプライマリーオーナーに連絡する

  1. ワークスペースのプライマリーオーナーの連絡先は、ワークスペースの設定ページから確認できます。
  2. アカウントを解除します
  3. ワークスペースのプライマリーオーナーに連絡し、プロフィール情報の削除をリクエストします

方法 2 :Slack に問い合わせる

ワークスペースのプライマリーオーナーと連絡が取れない場合は、Slack があなたに代わりプライマリーオーナー宛てにリクエストの転送をお手伝いします。

  1. feedback@slack.com までメールで連絡します。その際、アカウントを正しく特定できるよう、あなたのワークスペースの URL とあなたの Slack アカウントに関連づけられたメールアドレスを記載してください。
  2. リクエストはワークスペースのプライマリーオーナーに転送されます。

可能であれば、OrG のプライマリーオーナーに直接連絡することをおすすめします。ただし、プライマリーオーナーが不明な場合は、リクエストの転送をお手伝いできます。

  1. feedback@slack.com までメールで連絡します。その際、アカウントを正しく特定できるよう、あなたの OrG の URL とあなたの Slack アカウントに関連づけられたメールアドレスを記載してください。
  2. リクエストは OrG のプライマリーオーナーに転送されます。

注 :Slack Atlas の表示専用プロフィールの削除を希望する場合は、Slack 管理者にお問い合わせください。


メンバーのプロフィールを削除する

フリー、プロ、ビジネスプラスプラン

Enterprise Grid プラン

ワークスペースのプライマリーオーナーは解除済みメンバーのプロフィールを削除できます。

  1. デスクトップのサイドバーにあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「ツールと設定」にマウスポインターを重ねてから、「メンバー管理」をクリックします。
  3. 削除したいプロフィールの横にある  (3 つのドットアイコン)をクリックします。
  4. 「プロフィールを削除する」を選択します。このオプションは、メンバーのプロフィールがすでに解除されている場合にのみ表示されます。
  5. ボックスにチェックを入れ、「プロフィールを削除する」を選択して確定します。

デフォルトでは、OrG のプライマリーオーナーが解除済みメンバーのプロフィールを削除できます。ほかの OrG オーナーと OrG 管理者に削除を許可することもできます。

  1. デスクトップのサイドバーにあるワークスペース名をクリックします。
  2. 「ツールと設定」にマウスポインターを重ねてから、「オーガナイゼーションの設定」をクリックします。
  3. 左サイドバーの 「メンバーディレクトリ」をクリックし、「メンバー」を選択します。 
  4. 右上の「解除されたメンバーを表示する」をクリックします。
  5. 削除したいプロフィールの横にある  (3 つのドットアイコン)をクリックします。
  6. 「プロフィールを削除する」を選択します。
  7. ボックスにチェックを入れ、「プロフィールを削除する」を選択して確定します。

注 :SCIM を使用して Slack Atlas の表示専用プロフィールを削除できます。