Slack でスクリーンリーダーを使う

スクリーンリーダーを使用して、Slack デスクトップアプリとブラウザ版 Slack から会話を操作したり、メッセージを読み上げたり、サイドバーにある情報にアクセスしたりできます。

Tip :Slack では、よく使う操作にキーボードショートカットを用意しています。すべてのキーボードショートカットを表示するには、/ (Mac) または Ctrl/ (Windows/Linux) を押します。

 

トップレベルの操作

Slack のトップレベルのセクションを操作するには、ARIA ランドマークを使用するか、F6 を押します。トップレベルの各セクションには、その目的を識別するラベルがあります。

注意 : Windows でブラウザから Slack を使用している場合は、Ctrl を押しながら F6 を押すか、ShiftF6 を押します。

トップレベルのセクション

  • メッセージリスト 
  • メッセージフィールド
  • ワークスペースメニュー
  • サイドバー
  • ワークスペーススイッチャー
  • チャンネルヘッダー
  • 検索する


ARIA ランドマークのキーボードショートカット

ARIA ランドマーク間を移動するためのキーボードショートカットは、以下のように一般的なスクリーンリーダーによって異なります。

スクリーンリーダー ショートカット
JAWS : または Shift:

すべてのランドマークを一覧表示する CtrlInsert :
NVDA D
VoiceOver OptionU

 

会話またはページにジャンプする

キーボードショートカットを使うと、チャンネルダイレクトメッセージ(DM)、Slack の左サイドバーにあるページ(例えば、「全未読」「スレッド」「メンション&リアクション」など)を最も簡単に開くことができます。

  1. K (Mac) または CtrlK (Windows/Linux) キーを押します。
  2. チャンネル、メンバー、またはページの名前を入力します。
  3. Enter キーを押します。

Tip :スラッシュコマンドを入力して、Slack でさまざまなアクションを実行することもできます。


サイドバー内を移動する

サイドバーのチャンネルリストから Slack の会話やページに移動することもできます。必要に応じて、チャンネルリストの情報を管理するアクションを実行することもできます。 

会話またはページを開く

  1. F6 を押して、フォーカスをチャンネルリストに移動します。
  2. またはを押してチャンネル、DM、またはページに移動します。
  3. 選択するには Enter を押してください。

Tip :サイドバーの会話のリストが長い場合は、Page UpPage DownEndHome キーを使うとすばやく移動できます。


会話に対してアクションを実行する

サイドバーの各会話には、通知の変更、ミュートなどのアクションを実行するために使用できるコンテキストメニューが関連づけられています。

  1. F6 を押して、フォーカスをチャンネルリストに移動します。 
  2. またはを押してチャンネルまたは DM に移動します。
  3. VoiceOver を実行した状態で ShiftM(Mac)を押すか、ShiftF10(Windows/Linux)を押してコンテキストメニューを開きます。 
  4. またはを押してオプション間を移動し、Enter を押してオプションを選択します。

注意 : コンテキストメニューでは、Slack のユーザーであれば誰でも会話をサイドバーの「スター付き」セクションに移動できます。Slack の有料プランをお使いの場合は、カスタムセクションで会話を整理することもできます。


メッセージを読む

Mac

Windows/Linux

  1. F6 を押してメッセージ一覧にフォーカスを移動します。 
  2. またはを押して個別のメッセージ間を移動します。メッセージがフォーカスされると、そのメッセージの要約が読み上げられます。VoiceOver を使っている場合は、メッセージ内を移動することもできます。
  3. 引き続きを使用して、メッセージ間を移動するには、F6 を押します。
  1. F6 を押して、フォーカスをメッセージリストに移動します(これにより、バーチャルカーソルがオフになります)。 
  2. またはを押して個別のメッセージ間を移動します。メッセージがフォーカスされると、そのメッセージの要約が読み上げられます。
  3. バーチャルカーソルを使ってメッセージの内容を読み上げるには、Tab を押します。メッセージを送信した人の名前にフォーカスが移動します。
  4. を使ったメッセージの読み上げまたはメッセージ間の移動を再開するには、F6 を押します。メッセージリストにフォーカスが移動します。


既読設定を行う

Slack には、「環境設定」に、メッセージを読み、既読にするオプションが 3 つ用意されています。

  • 前回最後にメッセージを確認したところから表示され、そこから確認をスタートします。チャンネルは既読になります(デフォルト)。
    メッセージを古い順から時系列で表示します。会話の最初の未読メッセージが最初にフォーカスされます。すべて既読の場合には、会話で前回フォーカスしたメッセージにフォーカスが移ります。次のメッセージを閲覧するには、を押します。
  • 一番新しいメッセージが表示され、そこから確認をスタートします。チャンネルは既読になります。
    新しい順からメッセージを表示します。チャンネルの最新のメッセージが最初にフォーカスされます。
  • 一番新しいメッセージが表示され、そこから確認をスタートします。表示されなかったメッセージは未読のままになります。
    新しい順からメッセージを表示します。会話の最新のメッセージが最初にフォーカスされますが、会話はすべてのメッセージを閲覧するまで未読のままとなります。

 

メッセージ間を移動する

次のキーを使ってメッセージ間をすばやく移動できます。

  • Page Up または Page Down : 上か下へ移動します。
  • End : 直近のメッセージに移動します。
  • ShiftPage Up : 前日の最初のメッセージに移動します。*
  • ShiftPage Down : 翌日の最初のメッセージに移動します。*

* これらのキーを使用して、「スレッド」画面または「全未読」画面のメッセージ間を移動することはできません。

 

メッセージを作成する

Slack では、次の 2 通りの方法でメッセージを作成できます。

  • 任意のチャンネルまたは DM のメッセージフィールドにメッセージを入力し、メッセージを送信、スレッドを開始、またはスレッドに返信する。
  •  新規メッセージボタンを使って、チャンネルまたは DM でメッセージを送信する。 

メッセージフィールドに入力する

  1. Mac の場合、チャンネルまたは DM でメッセージを作成するには、入力を開始します。フォーカスが自動的にメッセージフィールドに移動します。Windows または Linux の場合、F6 を押してフォーカスをメッセージフィールドに移動してから入力を開始します。
  2. Enter を押してメッセージを送信します。


新規メッセージボタンを使う

  1. CmdN(Mac)または CtrlN(Windows/Linux)を押します。 
  2. 「送信先 : 」フィールドにフォーカスが移動します。チャンネルまたはメンバーの名前を入力し、メッセージを送信する会話を選択します。 
  3. Enter キーを押します。メイン画面が選択した会話に切り替えられ、メッセージフィールドにフォーカスが移動します。 
  4. メッセージを入力し、Enter を押してメッセージを送信します。


スレッドを開始またはスレッドに返信する

  1. F6 を押してメッセージ一覧にフォーカスを移動します。
  2. を押して、スレッドを開始または返信するメッセージに移動します。
  3. または T を押してスレッド画面を開きます。スレッドを開始またはスレッドに返信するメッセージに、フォーカスが移動します。既存のスレッドに返信がある場合は、 を押すと時系列順に表示されます。
  4. スレッドを開始またはスレッドに返信するには、End を押します。メッセージフィールドにフォーカスが移動します。

Tip :を押して、スレッドの返信が追加された元のメッセージにフォーカスを戻します。


すべての未読メッセージを確認する

「全未読」画面では、離席中に見ていないメッセージを確認できます。メッセージは会話別に分類されます。 

Mac

Windows/Linux

  1. CmdShiftA を押して「全未読」画面を開きます。未読メッセージの最初のグループのヘッダーにフォーカスが移動します。
  2. を押してグループ内のメッセージ間を移動します。メッセージがフォーカスされると、要約が読み上げられます。必要に応じて、VoiceOver のキーボード操作を使ってメッセージ内を移動できます。
  3. VoiceOver を使ってメッセージ内を移動している場合は、F6 を押すとを使ったメッセージ間の移動を再開できます。
  4. メッセージのグループ全体を既読にするには、Esc を押します。メッセージが折りたたまれ、次のグループのヘッダーにフォーカスが移動します。
  1. CtrlShiftA を押して「全未読」画面を開きます。未読メッセージの最初のグループのヘッダーにフォーカスが移動します(これにより、バーチャルカーソルがオフになります)。
  2. を押してグループ内のメッセージ間を移動します。メッセージがフォーカスされると、要約が読み上げられます。
  3. バーチャルカーソルを使ってメッセージの内容を読み上げるには、Tab を押します。メッセージを送信した人の名前にフォーカスが移動します。
  4. を使ったメッセージ間の移動を再開するには、F6 を押します。メッセージリストにフォーカスが移動します。
  5. メッセージのグループ全体を既読にするには、Esc を押します。メッセージが折りたたまれ、次のグループのヘッダーにフォーカスが移動します。

Tip :既読に設定せずにメッセージのグループを折りたたむには、フォーカスがグループのヘッダーにあるときにを押します。