Slack へ招待されたメンバー

Slack へメンバーを招待することで、招待を承諾する前からワークスペースでの会話に参加してもらうことができるようになります。

招待されたメンバーとやり取りする方法

 

招待されたメンバーに可能な操作

招待されたメンバーにメンションまたはダイレクトメッセージを送信すると、このメンバーにメールで通知が届きます。また、招待されたメンバーが Slack のメッセージにメールで返信できる機能もリリース予定です。

Screen_Shot_2019-06-14_at_10.04.28_AM.png

招待されたメンバーがメール通知に返信すると、そのメッセージは Slack の対応するチャンネル、スレッドやダイレクトメッセージに送信されます。

Screen_Shot_2019-10-15_at_1.19.46_PM.png

招待されたメンバーがワークスペースに参加すると、参加しているチャンネルとダイレクトメッセージが表示され、Slack でコラボレーションを続けられるようになります。

注意 : 招待されたメンバーがメール通知の登録を解除しても、招待に影響はありません。ワークスペースへの参加は引き続き可能です。

 

招待されたメンバーの管理

アカウントと請求

招待されたメンバーはメール通知を受信して Slack からのメッセージへメールから返信することができますが、Slack アカウントはまだ有効化されていません。招待を受諾して Slack ワークスペースに初めてサインインするとアカウントが有効になります。

有料プランをご利用の場合には、招待されたメンバーが Slack でアクティブな状態になるまではこのメンバーへの請求はされません。

Tip : 請求方法の詳細は、Slack のフェアビリングポリシーを参照してください


招待の管理

ワークスペースのオーナーと管理者は、メンバー管理ページから保留中の招待を管理できます。Enterprise Grid プランでは、OrG オーナーと管理者は管理者ダッシュボードから招待を管理することができます。

SCIM プロビジョニングを使用して Slack へメンバーを追加すると、招待された事前プロビジョニング済みのメンバーは、ID プロバイダ (IDP) で追加された後すぐに Slack で表示されるようになります。これらのメンバーが最初にサインインするまでの間、Slack で他のメンバーからメッセージやメンションが届くと毎回メールで通知が届きます。また、メールを通して Slack メッセージに返信することもできます。ジャストインタイムプロビジョニングの対象ユーザーは、ログインするまで Slack では表示されません。 

招待されたメンバーの招待を取り消すと、その Slack アカウントは解除され、メール通知が届かなくなります。これらのメンバーを後で Slack に再度招待すると、ワークスペースに参加するまでの間は新しい招待メンバーとして扱われます。


メール通知設定

プラスプランまたは Enterprise Grid プランをご利用の場合、招待されたメンバーがメール通知で Slack メッセージの内容を表示できるかどうかは設定により異なります。

以下の場合には、招待されたメンバーにメッセージの内容は表示されません。

  • 招待されたメンバーのメールドメインが他のメンバーと一致せず、ワークスペースまたは OrG で SSO が有効化されている。
  • 招待されたメンバーのメールアドレスがワークスペースでブラックリスト登録したドメインでホストされている。
  • OrG が HIPAA に準拠している

Tip : ワークスペースのオーナーと管理者は、ワークスペースの設定で特定のドメインに送信されるメールの内容を非表示にするよう選択できます。

質問がある場合や、サポート必要な場合は、サポートチームまでお問い合わせください。折り返しご連絡します。