Slack 向け OneDrive

ファイルをクラウド上でホスト・管理するのに、Microsoft の OneDrive を使っている人は、Slack のための OneDrive アプリもインストールして試してみましょう。ファイルの作成、共有、検索をワークスペースで直接できるようになります。 

OneDrive アプリの要件

  • Slack ワークスペースのメンバー 1 人あたり OneDrive アカウント 1 つが使えます。
  • OneDrive Slack アプリが使えるのは、Office 365 (SharePoint Online、OneDrive for Business、Office 365 Enterprise) とエンタープライズ以外の Microsoft アカウント (OneDrive、OneDrive Basic) です。
  • 現時点では、オンプレミスの SharePoint インストールや Microsoft National Cloud 環境 でホストされた Office 365 プラン (Office 365 U.S. Government、Office 365 Germany および 21Vianet 中国運営の Office 365 を含む) には対応していません。

注意 : OneDrive アプリから追加されたファイルは Slack で検索できますが、ワークスペースへは保存されずません。ファイル自体は引き続き OneDrive に保存されます。

 

OneDrive を Slack に連携させる

OneDrive と Slack を連携させるには、OneDrive アプリをワークスペースへインストールする必要があります。アプリのインストール後は、各メンバーがそれぞれの OneDrive アカウントを Slack に連携させる必要があります。 

Slack の App ディレクトリからアプリをインストールします。

  1. App ディレクトリの OneDrive のページ にアクセスします。
  2. 「Slack に追加」をクリックします。 
  3. 「許可する」をクリックして OneDrive アプリにワークスペースへのアクセスを許可します。
  4. OneDrive にサインインして、 「はい」をクリックして Slack との連携を認証します。

アカウントを連携させる

OneDrive アプリがワークスペースにすでにインストールされている場合には、アカウントを連携させるだけで使用を開始できます。 

  1. デスクトップから、左のサイドバーの「App」をクリックします。 
  2. 「Microsoft OneDrive」を見つけてアプリ名の横の 「表示」をクリックします。OneDrive アプリとのダイレクトメッセージが開きます。 
  3. 「接続」をクリックします。 
  4. 「許可する」をクリックして OneDrive に Slack アカウントへのアクセスを許可します。 
  5. プロンプトが表示されたら、OneDrive にサインインします。 

 

OneDrive からファイルを共有する

  1. チャンネルやダイレクトメッセージで、メッセージフィールドの左の   (ペーパークリップアイコン) をクリックします。
  2. OneDrive アカウントにサインインします。 
  3. 「ファイルを選択」から OneDrive を選択します。 
  4. 共有するファイルを選択し、「開く」をクリックします。 

メッセージの送信後にはファイルが展開されて、プレビュー、ファイルのタイプ、そして OneDrive へのリンクが表示されます。現時点ではフォルダや OneNote ファイルを Slack で共有することはできません。 

Tip : アカウントの連携が完了したら、チャンネルや DM にリンクを貼り付ける方法でも OneDrive ファイルを共有できるようになります。

ファイルへのアクセスを管理する

ファイルの共有先にファイルの表示や編集権限がないメンバーが含まれる場合には、ファイルの共有時に OneDrive アプリからアクセスの管理を求めるメッセージが送信されます。今後アクセス権限を更新する場合は、 Slack でファイルをもう 1 度共有し、必要な変更を加えることをおすすめします。  

  1. 共有した OneDrive ファイルの横にあるドロップダウンメニューを開きます。 
  2. 「会話に含まれるメンバー全員」「オーガナイゼーションのメンバー全員」「リンクを保有しているメンバー全員」のいずれかから閲覧アクセス権限を付与する対象を選択します。 
  3. 「オーガナイゼーションのメンバー全員」および「会話に含まれるメンバー全員」には編集権限を付与することもできます。 

Slack で共有された OneDrive ファイルのスクリーンショット

注意 :ファイルへのアクセス管理のオプションは、メンバーが 10 人以下のチャンネルで共有されているファイルに関してのみ表示されます。

ファイルのプレビューを管理する

Slack で OneDrive ファイルを共有する際には、以下のいずれかからプレビューの表示方法を選択できます。

  • プレビューを追加する
    ファイルを共有するとプレビューが表示されます。
  • プレビューを追加しない
    ファイルを共有してもプレビューは表示されませんが、他のファイル情報は表示されます。
  • プレビューを追加せず、この確認を今後省略する
    ファイルの共有時にプレビューが表示されることも、確認のメッセージが表示されることもなくなります。  

Tip : /onedriveスラッシュコマンドを使うと、ファイル管理の環境設定のリセットや、アカウントの連携の解除もできます。

Microsoft の OneDrive を使ってファイルをクラウド上でホスト・管理している人は、Slack 用の OneDrive アプリもインストールして試してみましょう。ファイルの検索、共有、プレビューをワークスペースで直接できるようになります。 

OneDrive アプリの要件

  • Slack ワークスペースのメンバー 1 人あたり OneDrive アカウント 1 つが使えます。
  • OneDrive Slack アプリが使えるのは、Office 365 (SharePoint Online、OneDrive for Business、Office 365 Enterprise) とエンタープライズ以外の Microsoft アカウント (OneDrive、OneDrive Basic) です。
  • 現時点では、オンプレミスの SharePoint インストールや Microsoft National Cloud 環境 でホストされた Office 365 プラン (Office 365 U.S. Government、Office 365 Germany および 21Vianet 中国運営の Office 365 を含む) には対応していません。

注意 : OneDrive アプリから追加されたファイルは Slack で検索できますが、ワークスペースへは保存されずません。ファイル自体は引き続き OneDrive に保存されます。

 

OneDrive を Slack に連携させる

OneDrive と Slack を連携させるには、OneDrive アプリをワークスペースへインストールする必要があります。アプリのインストール後は、各メンバーがそれぞれの OneDrive アカウントを Slack に連携させる必要があります。 

Slack の App ディレクトリからアプリをインストールします。

  1. App ディレクトリの OneDrive のページ にアクセスします。
  2. 「Slack に追加」をクリックします。 
  3. 「許可する」をクリックして OneDrive アプリにワークスペースへのアクセスを許可します。
  4. OneDrive にサインインして、 「はい」をクリックして Slack との連携を認証します。


アカウントを連携させる

OneDrive アプリがワークスペースにすでにインストールされている場合には、アカウントを連携させるだけで使用を開始できます。 

  1. デスクトップから、左のサイドバーの (App) をクリックします。 
  2. Microsoft OneDrive を検索して選択し、アプリでダイレクトメッセージを開きます。 
  3. 「アカウントを連携させる」をクリックします。 
  4. 「許可する」をクリックして OneDrive に Slack アカウントへのアクセスを許可します。 
  5. プロンプトが表示されたら、OneDrive にサインインします。 


OneDrive からファイルを共有する

  1. チャンネルやダイレクトメッセージで、メッセージフィールドの左の (ペーパークリップアイコン) をクリックします。
  2. OneDrive アカウントにサインインします。 
  3. 「ファイルを選択」から OneDrive を選択します。 
  4. 共有するファイルを選択し、「開く」をクリックします。 

メッセージの送信後にはファイルが展開されて、プレビュー、ファイルのタイプ、そして OneDrive へのリンクが表示されます。現時点ではフォルダや OneNote ファイルを Slack で共有することはできません。 

Tip :アカウントの連携が完了したら、チャンネルや DM にリンクを貼り付ける方法でも OneDrive ファイルを共有できるようになります。

ファイルへのアクセスを管理する

ファイルの共有先にファイルの表示や編集権限がないメンバーが含まれる場合には、ファイルの共有時に OneDrive アプリからアクセスの管理を求めるメッセージが送信されます。今後アクセス権限を更新する場合は、 Slack でファイルをもう 1 度共有し、必要な変更を加えることをおすすめします。  

  1. 共有した OneDrive ファイルの横にあるドロップダウンメニューを開きます。 
  2. 「会話に含まれるメンバー全員」「オーガナイゼーションのメンバー全員」「リンクを保有しているメンバー全員」のいずれかから閲覧アクセス権限を付与する対象を選択します。 
  3. 「オーガナイゼーションのメンバー全員」および「会話に含まれるメンバー全員」には編集権限を付与することもできます。 

Slack で共有された OneDrive ファイルのスクリーンショット

注意 :ファイルへのアクセス管理のオプションは、メンバーが 100 人以下のチャンネルで共有されているファイルに関してのみ表示されます。

ファイルのプレビューを管理する

Slack で OneDrive ファイルを共有する際には、以下のいずれかからプレビューの表示方法を選択できます。

  • プレビューを追加する
    ファイルを共有するとプレビューが表示されます。
  • プレビューを追加しない
    ファイルを共有してもプレビューは表示されませんが、他のファイル情報は表示されます。
  • プレビューを追加せず、この確認を今後省略する
    ファイルの共有時にプレビューが表示されることも、確認のメッセージが表示されることもなくなります。  

Tip :/onedriveスラッシュコマンドを使うと、ファイル管理の環境設定のリセットや、アカウントの連携の解除もできます。