Slack 向け OneDrive と SharePoint

ファイルをクラウド上でホスト・管理するのに、Microsoft の OneDrive または SharePoint を使っている人は、OneDrive と SharePoint アプリもインストールして試してみましょう。ファイルの作成、共有、表示を Slack ワークスペースで直接できるようになります。

今後の予定

  • OneDrive と SharePoint の Slack アプリが使えるのは、Office 365(SharePoint Online、OneDrive for Business、Office 365 Enterprise)とエンタープライズ以外の Microsoft アカウント(OneDrive、OneDrive Basic)です。
  • 現時点では、オンプレミスの SharePoint インストールや Microsoft National Cloud 環境でホストされた Office 365 プラン(Office 365 U.S.Government、Office 365 Germany、中国で 21Vianet が運用している Office 365 を含む)には対応していません。

注意 :  Slack で作成・共有した OneDrive または SharePoint のファイルはワークスペースで検索できますが、OneDrive または SharePoint のみに保存されます。


OneDrive または SharePoint を Slack と連携させる

Slack で OneDrive と SharePoint アプリを使用するには、ワークスペースのいずれかのメンバーがアプリをインストールする必要があります。その後で、メンバーは自分のアカウントを Slack と連携させることができます。

OneDrive と SharePoint アプリをインストールする

  1. Slack App ディレクトリの OneDrive と SharePoint のページにアクセスします。
  2. 「Slack に追加」をクリックします。
  3. 「許可する」をクリックして OneDrive または SharePoint によるワークスペースへのアクセスを許可します。
  4. メッセージに従い、Office 365 アカウントにサインインします。
  5. 「承認する」をクリックして Slack で認証します。
  6. 「Slack を開く」をクリックしてワークスペースに戻ります。

Tip :Slack の Enterprise Grid プランをご利用の場合、OrG レベルで OneDrive と SharePoint アプリをインストールし、OneDrive と SharePoint へのアクセスが必要なワークスペースに管理者ダッシュボードから追加できます。


アカウントを連携させる

OneDrive と SharePoint アプリがワークスペースにインストールされたら、以下の手順に従ってアカウントを連携させてください。 

  1. デスクトップから、左のサイドバー上部の 「App」をクリックします。このオプションが見当たらない場合、 「その他」をクリックすると見つけることができます。
  2. OneDrive と SharePoint を検索して選択します。 
  3. アプリの「ホーム」タブで、「連携する」をクリックします。
  4. 「許可する」をクリックして OneDrive と SharePoint によるワークスペースへのアクセスを許可します。
  5. メッセージに従い、Office 365 アカウントにサインインします。
  6. 「Slack を開く」をクリックしてワークスペースに戻ります。


Slack で OneDrive と SharePoint を使う

ファイルを作成する

  1. いずれかの会話から (稲妻アイコン) をクリックして、ショートカットメニューを開きます。
  2. メニューの上部で OneDrive と SharePoint を検索します。 
  3. 「Create a document(ドキュメントを作成する)」を選択します。 
  4. ファイルのタイトルを入力します。必要に応じて、メッセージを入力することもできます。 
  5. 「Post file in(ファイルを投稿する)」の下で、ドロップダウンメニューを開いて会話を選択します。 
  6. 「作成」をクリックして、新しいファイルを共有します。 


ファイルを共有する

  1. いずれかの会話で、メッセージフィールドの右側にある 「ペーパークリップ」アイコンをクリックします。
  2. 「以下からファイルを選択...」の下で OneDrive と SharePoint を選択します。
  3. メッセージに従い、Office 365 アカウントにサインインします。
  4. 共有するファイルを選択し、「開く」をクリックします。


Slack で OneDrive または SharePoint のファイルを初めて共有する場合、ファイルが展開されてプレビューが表示されます。共有するファイルには、常に OneDrive または SharePoint へのリンクが含められます。 

注意 :現時点ではフォルダや OneNote ファイルを Slack で共有することはできません。

ファイルのプレビューを管理する

Slack で OneDrive または SharePoint のファイルを共有する際には、以下のいずれかからプレビューの表示方法を選択できます。

  • プレビューを追加する
    ファイルを共有するとプレビューが表示されます。
  • プレビューを追加しない
    ファイルを共有してもプレビューは表示されませんが、他のファイル情報は表示されます。
  • プレビューを追加せず、この確認を今後省略する
    ファイルの共有時にプレビューは表示されず、確認のメッセージも表示されません。

Tip :ファイルプレビューの設定をリセットするには、OneDrive と SharePoint アプリの「ホーム」タブから「Manage Settings(設定を管理する)」をクリックします。「Reset preferences(設定をリセットする)」の横にある「Reset(リセット)」をクリックします。 

最近使用したファイルを表示する

  1. デスクトップから、左のサイドバー上部の 「App」をクリックします。このオプションが見当たらない場合、 「その他」をクリックすると見つけられます。
  2. OneDrive と SharePoint を検索して選択します。
  3. アプリの「ホーム」タブから、Slack、OneDrive、SharePoint で最近アクセスしたファイルが「Recent OneDrive and SharePoint Files(最近使用した OneDrive と SharePoint ファイル)」の下に表示されます。


ファイルへのアクセスを管理する

共有したファイルを表示または編集する権限がメンバーにない場合は、OneDrive と SharePoint アプリから、対象のファイルへのアクセス権限を変更するように求めるメッセージが届きます。今後のアクセスを変更する場合は、ファイルを再共有して、調整を行います。

  1. 共有したファイルの横にあるドロップダウンメニューを開きます。
  2. 次のいずれかからファイルの閲覧アクセス権限を付与する対象を選択します : 「会話に含まれるメンバー全員」「オーガナイゼーションのメンバー全員」「リンクを保有しているメンバー全員」
  3. 次のメンバーには編集権限を付与することもできます : 「オーガナイゼーションのメンバー全員」および「会話に含まれるメンバー全員」

Screen_Shot_2020-11-02_at_5.32.34_PM.png

注意 :ファイルへのアクセス管理のオプションは、メンバーが 100 人未満のチャンネルで共有されているファイルに関してのみ表示されます。


アカウントの連携を解除する

OneDrive と SharePoint を使用する必要がなくなったら、アカウントの連携を解除できます。ワークスペースからアプリをアンインストールするわけではありません。

  1. デスクトップから、左のサイドバー上部の 「App」をクリックします。このオプションが見当たらない場合、 「その他」をクリックすると見つけられます。
  2. OneDrive と SharePoint を検索して選択します。
  3. 対象のアプリの「ホーム」タブの「Manage Settings(設定を管理する)」をクリックします。
  4. 「Disconnect account(アカウントの連携を解除する)」の横の「Disconnect(連携を解除する)」をクリックします。
  5. 「Yes, disconnect(連携を解除する)」をクリックして確定します。