プライベートチャンネルとダイレクトメッセージの保存ポリシーを設定する

メンバーは所属先のプライベートチャンネルやダイレクトメッセージで交換したメッセージをどのくらい Slack で保存するかを選択できます。たとえば、保存ポリシーを1日に設定した場合、チャンネルまたはダイレクトメッセージのすべてのメッセージが1日経過すると削除されます。

これらの設定は、ワークスペースまたは Enterprise Grid OrG のオーナーがあらかじめ設定したワークスペース全体のメッセージ保存ポリシーよりも優先されます。

警告 :  メッセージはいったん削除すると復元できません。⚠️  保存ポリシーを設定する際には、十分注意してください。

 

特定のチャンネルのメッセージ保存ポリシーの設定

  1. デスクトップから   (歯車のアイコン) をクリックして、チャンネル設定 メニューを開きます。
  2.  「メッセージ保存設定を編集」をクリックします。
  3. ワークスペース全体の設定を使用することもできますし、このチャンネルのカスタム保存設定を使用することもできます。
  4. 「保存」をクリックし、「設定を適用」をクリックします。

 

ダイレクトメッセージの保存ポリシーの設定

  1. デスクトップから、  (歯車のアイコン) をクリックして、会話の設定 メニューを開きます。
  2.  「メッセージ保存設定を 編集」をクリックします。
  3. ワークスペース全体の設定を使用することもできますし、この会話のカスタム保存設定を使用することもできます。
  4.  「保存する」 をクリックします。
  5.  「はい、この新しい設定を適用します」のとなりのボックスにチェックし、 「設定を適用」をクリックします。

注意 : ワークスペースの設定によってメンバーによるチャンネルのオーバーライドが許可されていない場合は、チャンネルまたは DM に対してメッセージ保存ポリシーを設定するオプションは表示されません。

誰がこの機能を使用することができますか?
  • ワークスペースのオーナーは、ゲスト以外のすべてのメンバーがこの機能を使えるように設定することができます。 
  • スタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン

メンバーは所属先のプライベートチャンネルやダイレクトメッセージ (DM) で交換したメッセージを Slack でどのくらいの期間保存するかを選択できます。たとえば、保存ポリシーを1日に設定した場合、チャンネルまたはダイレクトメッセージのすべてのメッセージが1日経過すると削除されます。

これらの設定は、ワークスペースまたは Enterprise Grid OrG のオーナーがあらかじめ設定したワークスペース全体のメッセージ保存ポリシーよりも優先されます。

注意! メッセージはいったん削除すると復元できません。保存ポリシーを設定する際には、十分注意してください。 

 

特定のチャンネルのメッセージ保存ポリシーを設定する

  1. デスクトップからチャンネルを開き、右上の 「詳細」をクリックします。
  2. 「その他」をクリックし、「その他のオプション」を選択します。
  3. 「メッセージ保存設定を編集」をクリックします。
  4. ワークスペース全体の設定を使用することもできますし、このチャンネルのカスタム保存設定を使用することもできます。
  5. 「保存」をクリックし、「設定を適用」をクリックします。

 

ダイレクトメッセージの保存ポリシーを設定する

  1. デスクトップからチャンネルを開き、右上の 「詳細」をクリックします。
  2. 「その他」をクリックし、「その他のオプション」を選択します。
  3. 「メッセージ保存設定を編集」をクリックします。
  4. ワークスペース全体の設定を使用することもできますし、この会話のカスタム保存設定を使用することもできます。
  5.  Save (保存する) をクリックします。
  6. 「はい、この新しい設定を適用します」の横のボックスにチェックし、「設定を適用」をクリックします。

注意 : ワークスペースの設定によってメンバーによるチャンネルの上書きが許可されていない場合は、チャンネルまたは DM に対してメッセージ保存ポリシーを設定するオプションは表示されません。

誰がこの機能を利用できますか?
  • ワークスペースのオーナーは、ゲスト以外のすべてのメンバーがこの機能を使えるように設定することができます。 
  • スタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン