オペレーティングシステム、アプリのバージョン、ブラウザに対する Slack のサポートライフサイクル

イノベーションを継続し、ユーザーのデータを安全に守るために、Slack はシステム要件を半年ごと(3 月と 9 月)に更新します。サポートライフサイクルのポリシーをお読みになり、最近サポートを終了した、あるいはサポート終了が近いオペレーティングシステム(OS)、アプリ、ブラウザのバージョンのリストをご確認ください。リストにあるバージョンをお使いの場合、引き続き Slack をご利用いただくにはアップグレードしてください。

Tip :サポート対象の OS とブラウザのバージョンについては、Slack を利用するためのシステム要件を参照してください。


サポートライフサイクルのポリシー

Slack からアプリのバージョン、ブラウザ、OS へのサポートを提供する期間は、開発サイクルとユーザーのニーズを考慮して、それぞれ異なります。

OS、アプリのバージョン、ブラウザ サポート期間の長さ
Slack のデスクトップアプリとモバイルアプリ リリースから 12~18 か月
ブラウザ リリースから 12~18 か月
Mac、Windows *、Linux 製造者による OS のサポート停止後、最低 6 か月
iOS リリースから 2 年半~3 年
Android リリースから 4 年半~5 年

* Windows 向けのサポートサイクルは、LTSC / LTSB のサポートを除き、Microsoft の Enterprise ライフサイクルスケジュールに従います。


デスクトップ版のサポートライフサイクルスケジュール

オペレーティングシステム(OS)

Mac

Windows

Linux

OS バージョン サポート終了日
10.13 以前 2021 年 9 月 1 日

注 :Windows OS のサポート終了には、LTSB / LTSC バージョンも含まれます。

OS バージョン サポート終了日

Windows 10
バージョン 1809

2022 年 3 月 1 日

Windows 10
バージョン 1803

2022 年 3 月 1 日
OS バージョン サポート終了日
Fedora の全バージョン 2022 年 3 月 1 日
Redhat 7 2022 年 3 月 1 日

ご利用の Windows、Mac、Linux OS がサポート終了日に達した場合、サポート対象のアプリのバージョンを使用している限りその後も Slack にアクセスできますが、アプリのアップデートが行われなくなります。Slack は、App Store、Microsoft Store、または Snap からダウンロードできなくなります。


Slack アプリのバージョン

アプリバージョン サポート終了日
4.13.0 以前 2022 年 3 月 1 日

Slack のデスクトップアプリのバージョンがサポートされなくなると、アプリのバージョンをアップグレードして Slack を使い続けるように促す通知が表示されます。


モバイル版のサポートライフサイクルスケジュール

オペレーティングシステム(OS)

iOS

Android

OS バージョン サポート終了日
13 以前 2022 年 3 月 1 日
OS バージョン サポート終了日
7.1 以前 2021 年 9 月 1 日

お使いの iOS や Android のバージョンがサポート終了日に達した場合、サポート対象のアプリのバージョンを使用している限り、その後も Slack にアクセスできますが、アプリのアップデートは行われなくなります。Slack は、App Store や Google Play ストアからダウンロードできなくなります。


Slack アプリのバージョン

iOS

Android

アプリバージョン サポート終了日
20.07.20 以前 2021 年 9 月 1 日
アプリバージョン サポート終了日
20.07.20 以前 2021 年 9 月 1 日

Slack のモバイルアプリのバージョンがサポートされなくなると、アプリのバージョンをアップグレードして Slack を使い続けるように促す通知が表示されます。


ブラウザのサポートライフサイクルスケジュール

ブラウザのバージョン サポート終了日
Safari 14.0.3 以前 2022 年 3 月 1 日
Chrome 88 以前 2022 年 3 月 1 日
Firefox 86 以前 2022 年 3 月 1 日
Edge 88 以前 2022 年 3 月 1 日
Internet Explorer 11* 2022 年 3 月 1 日

* 2019 年 7 月現在、Internet Explorer 11 から Slack を利用することはできませんが、2022 年 3 月までは同ブラウザからサインインしてワークスペースの設定を管理することができます。

ウェブブラウザのサポートが完全に終了すると、そのブラウザで Slack を利用すること、サインイン、新しいワークスペースの作成、ワークスペースや Enterprise Grid オーガナイゼーションの設定管理ができなくなります。サポートされているブラウザにアップグレードすると、そのようなアクティビティを引き続き行うことができます。