すべての未読メッセージを確認する

デスクトップですべての未読メッセージを閲覧し、Slack から離れていた間に見逃したメッセージをまとめて確認できます。その際、未読メッセージを以下のように処理できます。


未読メッセージを確認する

デスクトップで、左サイドバーの上部にある「全未読」をクリックします。このオプションが見当たらない場合、 「その他」をクリックして探します。 ミュートまたはアーカイブされたチャンネルのメッセージはここに表示されませんので注意してください。

Tip :  左サイドバー上部に「全未読」を表示するか、非表示にするには、サイドバーのアイテムを変更する方法を参照してください。


未読メッセージ間を移動する

全未読画面から、作業を優先順位付けしやすいように、Slack で未読メッセージを表示する方法を管理します。


未読のチャンネルを並べ替える

チャンネルの並べ替え方を変更して、未読メッセージの優先順位を設定します。メッセージは、アルファベット順新着アクティビティ順、または古いアクティビティ順に並べ替えることができます。有料プランでは、関連度順に並べ替えることができます。表示は Slack の使用状況に応じて変わります。


メッセージを既読にする

メッセージを読み終えたら、「既読にする」をクリックしてチャンネルのメッセージをクリアします。全未読画面の一番下までスクロールダウンし、「全てのメッセージを既読にする」をクリックすることもできます。

  • 「既読にする」をクリックしたけれど、やっぱり未読に戻したい - そんな時には、「元に戻す」をクリックしてメッセージを全未読画面に戻せます。
  • チャンネルのメッセージを後で確認したい場合は、チャンネル名の横にある  (矢印のアイコン)をクリックして折りたたんでおきます。未読のメッセージをあらためて確認したい時に、アイコンを再度クリックします。


リフレッシュして新規メッセージを読み込む

全未読画面を確認中に新規メッセージが投稿されると、ヘッダーに  (リフレッシュアイコン)が表示されます。このアイコンをクリックすると、新しい未読メッセージを読み込むことができます。


メッセージのショートカット

全未読画面からのメッセージの新規投稿はできませんが、メッセージを保存したり、共有したり、リアクションを追加したり、ピン留めしたり、メッセージリマインダーを設定したり、スレッドを開始したりすることはできます。


チャンネルに移動する

チャンネルにメッセージを投稿したり、会話に移動したりしたい場合は、メッセージにあるタイムスタンプをクリックしてそのチャンネルに移動します。


キーボードショートカット

全未読画面では、次のショートカットを使って手早く作業を進めることができます。 

 

Mac

Windows

全未読画面を開く*

ShiftA

CtrlShiftA

メッセージを未読にする

OptionClick

AltClick

メッセージ間を移動する

または

または

*タブを押してメッセージ一覧にフォーカスを移動します。