Slack のファイルストレージ

チャンネルまたはダイレクトメッセージにアップロードしたファイルは Slack に保存されます。チャンネルまたはダイレクトメッセージにアップロードしたファイル (PDF、文書、画像、スクリーンショット、オーディオ、ビデオ) はすべてファイルストレージの上限に対してカウントされます。

ワークスペースで利用可能なストレージ容量はプランによって異なります。

料金プラン ファイルストレージ
フリープラン ワークスペース全体で最大 5GB まで
スタンダードプラン メンバーひとりにつき 10GB
プラスプラン メンバーひとりにつき 20GB
Enterprise Grid プラン メンバーひとりにつき 1 TB (1,000 GB)

Tip : メンバー当たりの容量を合算したものがワークスペース全体で共有されるファイルストレージの容量となります。例えば、メンバー数が50人のスタンダードプランのワークスペースの場合、ワークスペース全体のファイルストレージ容量は500GB となります。

 

ワークスペースのストレージ上限に達した場合、Slack から通知が届きます。メンバーは引き続きファイルをアップロードできますが、新しいファイルの保存スペースができるように、古いファイルは自動的にアーカイブされます。アーカイブされたファイルは、チャンネル、ダイレクトメッセージ、検索結果に表示されなくなりますが、プランをアップグレードするとアーカイブされたファイルはアーカイブから復元されます。

古いファイルを削除して空き容量を増やすこともできますが、この機会にプランのアップグレードもご検討ください。

注意 : アプリ (BoxDropboxGoogle DriveOneDrive など) 経由で共有したファイルは、ファイルストレージの上限に対しては加算されません。