Slack のファイルストレージ

チャンネルまたはダイレクトメッセージにアップロードされたファイルは Slack 内に保存されます。チャンネルやダイレクトメッセージにアップロードしたファイル(PDF、ドキュメント、画像、スクリーンショット、オーディオ、ビデオ)は、すべてファイルストレージの上限に対してカウントされます。

ワークスペースで利用可能なストレージ容量はプランによって異なります。

プラン ファイルストレージ
フリープラン ワークスペース全体で最大 5 GB
プロプラン メンバーごとに 10 GB
ビジネスプラスプラン メンバーごとに 20 GB
Enterprise Grid プラン メンバーごとに 1 TB(1,000 GB)

Tip :メンバーあたりの容量を合算したものが、ワークスペース全体で共有されるファイルストレージの容量になります。例えば、メンバー数が 50 人のプロプランのワークスペースの場合、ワークスペース全体のファイルストレージ容量は 500 GB になります。

 

ワークスペースのストレージが上限に達すると、Slack から通知が届きます。メンバーは引き続きファイルをアップロードできますが、新しいファイルの保存スペースを確保するため、古いファイルが自動的にアーカイブされます。アーカイブされたファイルは、チャンネル、ダイレクトメッセージ、検索結果に表示されなくなりますが、プランをアップグレードすることでアーカイブされたファイルを復元できます。

古いファイルを削除して空き容量を増やすこともできますが、この機会にプランのアップグレードもご検討ください。

注意 : BoxDropboxGoogle DriveOneDrive などのアプリ経由で共有したファイル、および音声クリップと動画クリップは、ファイルストレージの上限計算に含まれません。