Slack の使い方 : クイックスタートガイド

Slack へようこそ。Slack はビジネス用のメッセージアプリです。Slack を使うことで、組織のコミュニケーションの方法が変わります。メンバーが 1 つの場所に集まり、チームが一体となって働くことができるのです。Slack をスムーズに使い始められるように、以下の動画でクイックツアーに参加して、詳細を読み進めてください。

Tip :もっと詳しく知るには、Slack の基本ビデオチュートリアルを参照してください。


サイドバー

サイドバーから、Slack での会話にアクセスできます。参加中のチャンネルとダイレクトメッセージのリスト、特定の会話の通知、新規メッセージを作成するオプションが表示されます。 

Slack の左サイドバーに表示されるチャンネル、ダイレクトメッセージ、通知のリスト

チャンネル

ダイレクトメッセージ

通知

新規メッセージ

Slack では、チャンネルという専用のスペースに仕事をまとめることができます。チャンネルには、プロジェクト、トピック、チームごとに、適切なメンバーと情報が集められます。メールとは違って、チャンネルでの会話は特定のトピックに焦点を合わせているため、必要に応じて参加したり退出したりできます。

ダイレクトメッセージ(DM)は、チャンネル全体に知らせる必要のない、テーマが定まった一度限りのやり取りを行いたい場合に便利な機能です。上司に質問したり、チームメンバーとの電話を手配したりなど、その場限りのメッセージやタスクに DM を使用できます。

Slack の通知は、お馴染みのメールやその他のツールとは違います。チームメイトがあなたをメンションした時にバッジを表示することで、あなたが必要とされていることがはっきりとわかるようになっています。新しいアクティビティがあると、サイドバーに会話名が太字で表示されます。

新規メッセージボタンを使って、メッセージを作成し、いずれかの会話に送信することができます。メッセージは、送信する準備ができるまで、サイドバーの「下書き」セクションに自動的に下書きとして保存されます。


チャンネル

チャンネルは Slack での作業の基本です。チャンネルでは、業務に必要なメンバーや情報を 1 か所に集めて、共通の目的に合わせて業務を整理することができます。

Slack チャンネルでの会話

チャンネルヘッダー

メッセージとファイル

絵文字リアクション

チャンネルヘッダーから、現在のチャンネルに関する詳細にアクセスできます。チャンネル名をクリックすると、チャンネルのトピックや説明追加されたファイルなどの詳細が表示されます。ほかのタブでは、チャンネルに参加しているメンバーを確認したり、ほかの会話の設定を表示したりできます。

チャンネルは、メッセージを作成したりファイルを追加したりする専用スペースです。特定のトピックやプロジェクト、チームに関連するあらゆる情報がチャンネルにまとめられているため、チャンネルを開いたり参加したりするといつでも、上にスクロールして会話の履歴を確認できます。

絵文字リアクションを使えば、Slack のどんなメッセージにも簡単にリアクションできます。仕事を楽しく、効率よく進められます。シンプルな絵文字リアクションを使うと、メッセージに返信する手間も省けます。


メッセージフィールド

Slack で作業すると、メッセージフィールドでさまざまなメッセージのオプションを使って、チームとのコミュニケーションや交流を円滑に行えます。 

Slack のメッセージフィールドに入力されたメッセージ

書式設定

メンション

ファイル

編集 / 削除

メッセージの書式を設定して一番重要な項目を太字にし、アイデアを箇条書きにまとめると、メッセージが読みやすくなり、内容が伝わりやすくなります。

フィードバックを頼む場合でも、アクションアイテムをフォローアップする場合でも、メンションを使うと、会話で特定のメンバーの注意を引くことができます。

メッセージにファイルを追加して、チームの会話に沿った重要な情報を共有できます。

メールとは違って、メッセージを送信した後にでも、誤字脱字や間違いを修正できます。一から書き直したい場合は、送信済みのメッセージを削除することも可能です。


ナビゲーションバー

ナビゲーションアイコンを使うと、履歴の閲覧(ウェブブラウザの履歴閲覧と同様)、直近の会話の表示、情報検索、Slack のヘルプを利用できます。 

Slack デスクトップアプリの上部に、ナビゲーションアイコンや検索バーが表示されている

履歴

検索

ヘルプ

履歴アイコンを使用すると、最近表示された項目にすばやくアクセスできるようになります。右矢印や左矢印を使うと、履歴を自由に閲覧できます。あるいは、 時計アイコンをクリックして、直近のチャンネルや DM、検索結果、スレッドなどを確認できます。
Slack でチームの会話の履歴を検索すれば、業務の進行に必要な関連メッセージやファイル、チャンネル、メンバーが簡単に見つかります。
検索バーの右側にある クエスチョンマークのアイコンクリックすると、ヘルプや学習リソースを利用できます。あるいは、ブラウザからヘルプセンターにアクセスしてください。