プロプランの料金改定とフリープランの最新情報

Slack が提供するサービスは、これまで何年もの間に拡張されてきました。その中には、さまざまなつながり方を実現する柔軟なツール、強固なセキュリティ機能、アプリのインテグレーション、ワークフローなどが含まれます。引き続きユーザー企業にとってうれしいイノベーションをお届けし、そのビジネスの成功に貢献するため、プロプランの料金を引き上げるとともに、フリープランにいくらかの調整を加えることになりました。この 2 つの変更は、2022 年 9 月 1 日から有効になります。 

プロプランの料金改定

2022 年 9 月 1 日から、プロプランの料金が上がります。プロプランを年払いでご利用の場合、料金改定前に更新を前倒しすることで、現行の年額料金を継続できます。プロプランを月払いでご利用の場合(または現在フリープランをご利用の場合)も、2022 年 9 月 1 日までに年払いのプロプランに切り替えていただければ、1 年間は現在の年額料金でご利用いただけます。料金の改定についてのよくある質問をご覧ください

通貨別の料金改定

通貨

プランの種類

改定後の価格
(人 / 月)

(人 / 月)
USD 毎月 
年払い
8.75 ドル
7.25 ドル
105.00 ドル
87.00 ドル
EUR 毎月 
年払い
8.25 ユーロ
6.75 ユーロ
99.00 ユーロ
81.00 ユーロ
GBP 毎月 
年払い
7.00 ポンド
5.75 ポンド
84.00 ポンド
69.00 ポンド
JPY 毎月 
年払い
1,050 円
925 円
12,600 円
11,100 円
INR 毎月 
年払い
655 ルピー
545 ルピー
7860 ルピー
6540 ルピー

 

フリープランの変更

2022 年 9 月 1 日から、フリープランの使用上限がシンプルになります。メッセージ数を 1 万件、ストレージ容量を 5GB に制限する代わりに、過去 90 日間のメッセージ履歴とファイルストレージの利用を無制限にすることで、制限を気にせず皆さまのチームに Slack をご利用いただけます。クリップおよびメッセージとファイルの保存設定などの機能もご利用いただけるようになります。 今後の変更予定についてのよくある質問をご覧ください

プロプランの値上げに関するよくある質問

値上げされるのはプロプランだけですか?
はい、料金が改定されるのはプロプランだけです。ビジネスプラスプランと Enterprise Grid プランの料金は改定されません。 

改定後の料金が有効となるのはいつですか?
改定後の料金は 2022 年 9 月 1 日に有効になります。この日より前に料金を固定していなかった場合、9 月 1 日以後の最初の更新日に改定後の料金が適用されることになります。次回の更新日は、ワークスペースの請求ページから確認できます。 

プロプランを現行の料金に固定するには、どうすればよいですか?
年払いでご利用のお客さまが 2022 年 9 月 1 日より前に更新された場合、および現在月払いでご利用のお客さまが同日付より前に年払いに切り替えられた場合、現行の料金のまま 1 年間ご利用いただけます。ワークスペースのオーナー(および該当する場合ワークスペースをアップグレードしたメンバー)は、請求ページから現行の料金に固定できます。

年払いに切り替えず、月払いプランのままで現行料金に固定することはできますか?
いいえ。現行料金に固定するには、プロプランの月払いを 2022 年 9 月 1 日より前に年払いへ切り替えることが必要です。

現行料金に固定するためのアクションを起こさなかった場合は、どうなりますか?
2022 年 9 月 1 日以降、最初の更新日に改定後の料金が適用されることになります。

現在、プロプランの無料トライアルを利用している場合はどうなりますか?
無料トライアルをご利用中の場合、2022 年 9 月 1 日より前にプロプランにアップグレードして年払いを選択すれば、現行料金で固定されます。有料プランにアップグレードしない場合は、トライアル期間の終了とともにフリープランに切り替わります。

参加中のワークスペースには、プロモーション料金が適用されています。値上げの影響を受けますか?
現在有効な割引は、該当する割引期間中またはプロモーション期間中、値上げ後のプロプランの料金に引き続き適用されます。

教育機関や非営利団体向けの割引に影響はありますか?
教育機関非営利団体に対する現在有効な割引は、値上げ後のプロプランの料金に引き続き適用されます。参加中のワークスペースに対する影響については、請求ページをご覧ください。

料金の改定は米国国外のワークスペースにも適用されますか?
はい。改定は米国以外のお客さまにも適用されます。上の改定後の料金表をご覧ください。


フリープランの変更に関するよくある質問

フリープランではどのような新機能を利用できるようになりますか?
2022 年 9 月 1 日から、フリープランのお客さまもクリップをご利用いただけます。クリップを使えば、誰でも音声や動画のメッセージを Slack で共有できます。メンバーがさまざまな時間帯に働いているチームやプロジェクトでは、この機能を最新情報の提供に活用することで、必要なミーティングの回数を減らせます。 

ワークスペースにある 90 日が経過したメッセージやファイルのデータはどうなりますか?
2022 年 9 月 1 日より、過去 90 日間のメッセージ、ファイル、クリップにはすべてアクセスできますが、90 日が経過したものは非表示になります。有料プランへアップグレードすれば、いつでもワークスペースのメッセージとファイルの全履歴にアクセスできるようになります。

参加中のワークスペースで使用している Slack コネクトで、ファイルとメッセージの 90 日制限はどのように動作しますか?
フリープランのワークスペースが別のオーガナイゼーションとの連携に Slack コネクトを使うよう招待された場合は、90 日が経過したメッセージとファイルにもアクセスできます。ただし、Slack コネクトのダイレクトメッセージでは、フリープランのチームの 90 日が経過したメッセージとファイルは非表示になります。

メッセージとファイルの保存はどのような仕組みになりますか?
2022 年 9 月 1 日から、ワークスペースのオーナーと管理者は 90 日が経過したメッセージとファイルを自動的に削除するように保存設定を調整することができるようになります。削除したものは復元できません。削除したメッセージとファイルは、後で有料プランにアップグレードした場合でも復元されず、削除されたコンテンツがワークスペースのデータエクスポートに含まれることもありません。

Slack のプランと機能について教えてください。
Slack のプランと使用できる機能についてもっと詳しく知るには、slack.com/pricing を参照してください。