アプリとは?

このガイドは、Slack を初めて使うユーザー(ようこそ!)やアプリについて初めて学ぶユーザーのためのものです。まずアプリとは何か、それが Slack とどう連携するのかについての基本的な概要をお伝えし、その後例をいくつかご紹介していきます。 

アプリとは?

アプリを使うと、普段使っているツールを Slack ワークスペースと連携させることができ、Slack 上でそれらツールの機能を利用できるようになります。

メリット

私たちは普段、カレンダーやメール、ビデオチャットなどさまざまなツールを使って仕事をしています。つまり、Slack でチームとやり取りする間に、何度もツールを切り替えているということです。アプリを使うと、それらのツールを Slack にまとめることができるため、ツールの切り替えが必要なくなり、次のようなよく行うタスクを簡単にできるようになります。 

  • 文書を共有する 
  • プロジェクトの最新情報を共有する 
  • チームと通話する
  • スケジュールを把握する
  • 会話を実行タスクに変える

Slack 上でアプリを使ってこれらの日常タスクを効率化すると、重要なことに集中しやすくなり、チームの仕事がどんどん前に進みます。 

例で確認

それでは Slack アプリを使うイメージを例で見ていきましょう。

Slack でスケジュールを把握する

私たちの多くは、仕事をする時カレンダーを中心に動きます。Outlook カレンダーアプリを使うと、Slack からカレンダーを操作できます。

Slack で直接 Outlook カレンダーの会議依頼に返信できるうえ、会議に参加すると自分のステータスが「会議中」に変わります

絶対に遅刻しない
Outlook カレンダーアプリで、会議のリマインダーを Slack に送るように設定できます。

1 日の計画を立てる
今日と明日のスケジュールは Slack 上で見られます。

ミーティングを管理
Slack 上で会議への招待を受け取り、返信することもできます。

ステータスを通知する
会議が始まると Slack のステータスは自動的に更新されます。

 

チームと通話する

働き方が変わるにつれ、ビデオ通話はチームがつながるために欠かせない手段になってきました。Zoom アプリを使うと、Slack からビデオチャットを始めることができます。

Zoom ミーティングを作成・開始するには、Slack 上でショートカットを入力します

必要な時に必要なメンバーと話す
込み入った問題について話す時は、顔を見ながらの方がいい場合があります。そんな時は Slack でビデオ通話を立ち上げ、必要に応じてほかのメンバーに参加してもらいましょう。

参加していない会議の内容を確認する
ミーティングに参加できなかったメンバーのために、ミーティングを録画してそのリンクをチャンネルで共有しましょう。

 

ファイル上でチームと一緒に作業する

重要な仕事にはよくファイルが使われます。Google ドライブ アプリを使えば、この作業を Slack に移行することができます。

 

Google ドライブファイルを Slack に添付して、権限を更新します

ファイルを共有し、すぐにアクセスできるようにする
ファイルを共有するとき、適切な権限を適切なメンバーに付与するのは大変です。Slack でファイルをさくっと共有して権限を更新すると、チャンネル内の全メンバーが必要なアクセス権を持てるようになります。

ファイルのコメントを管理する
ファイルにコメントが追加されると Slack で通知されます。そのコメントには Slack 上で直接返信することができます。

Slack でファイルを新規作成する
必要に応じて Slack 上でファイルの作成・共有ができます。

次のステップ

アプリをワークスペースに追加するには、「Slack App ディレクトリ」に移動してください。上で説明したもののほか、2,000 以上のアプリが見つかります。

この情報はお役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。