【公共機関向け】導入事例紹介セッション

このウェビナーの対象者 :

  • 誰でも

「公共機関が目指す DX のはじめの一歩に Slack を選んだ理由とは?」

長期化するコロナ禍の影響を受け、出社の制限やリモートワークの推進など、私たちの仕事の在り方には大きな変化が起こっています。分散された働き方が進む中でも、セキュアに組織内外のコラボレーションを行い、業務を円滑に進めていくためのメッセージプラットフォームとして Slack を導入する公共機関は増えています。

今回は、国立研究機関、国立大学、そして地方自治体で Slack を利用中のユーザーをお招きし、導入の背景や、公共機関ならではの活用ヒントをご紹介します。

実際のワークスペースやチャンネルの構築例や業務改善事例、アプリ連携、セキュリティ基盤をどう構築したかなど、明日から使える業務の DX のヒントをお伝えします。(このウェビナーは、2021年4月21日に配信したものです)

注目のスピーカー :

東京工業大学学術国際情報センター 准教授 東工大CERT統括責任者 副CISO松浦 知史 様
国立研究開発法人理化学研究所情報統合本部 情報システム部 部長黒川 原佳 様
長野県佐久市役所広報広聴課 広報係垣波 竜太 様
Slack Japan 株式会社ソリューションズエンジニアリング本部 シニアソリューションズエンジニア髙島 元
Slack Japan 株式会社エンタープライズ事業本部 アカウントエグゼクティブ若山 宗平

このウェビナーは役に立ちましたか?

0/600

助かります!

ご意見ありがとうございました!

了解です!

ご意見ありがとうございました!

うーん、システムがなにか不具合を起こしてるみたいです。後でもう一度お試しください。