ワークフロービルダーガイド

誰がこの機能を利用できますか?
  • デフォルトでは、ワークスペースのメンバーなら誰でもワークフローを作成できます。メンバーゲストは誰でも、自分が参加中のチャンネルに追加されているワークフローを使用できます。
  • スタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン

ワークフロービルダーは、定型的なプロセスを自動化して Slack ワークスペースのワークフローに変換できるツールです。コーディングの必要はありません。Slack でのワークフローは簡単なものから複雑なものまで自由に作れます。仕事に使用しているほかのアプリやサービスを連携させることもできます。

ワークフロービルダーの説明を読み、チュートリアルを参考にしてワークフローを作ってみてください。 


ワークフロービルダーの用語集

トリガー ワークフローを開始する方法です。チャンネルのメニューからワークフローを起動する ショートカットメニュートリガーや、特定のアクションが実行されたときに自動的にワークフローを開始するトリガーを選択できます。
ステップ ユーザーがワークフローを操作する方法です。メッセージやカスタムフォームを送信するステップを追加したり、Slack アプリからのステップを使用してワークフローをほかのツールにリンクさせたりすることができます。 
変数 ワークフローに送信される情報のことで、ステップで参照できます。ワークフローにステップを追加すると、使用できる変数が増えます。 
コラボレーター ワークフローの管理権限を持つ、ワークスペースのメンバーです。コラボレーターは、ステップの変更や削除、ほかのコラボレーターの管理、ワークフローの公開停止と削除を行うことができます。


ワークフロービルダーへのアクセスを管理する

オーナーと管理者は、必要に応じて、ワークフローの作成権限をワークスペースや Enterprise Grid オーガナイゼーションの一部のメンバーのみに制限したり、特定のワークフロー機能へのアクセスを管理したりすることができます。

  • スタンダードプランとプラスプランでは、ワークスペースのオーナーと管理者はワークフローの作成権限を「オーナーと管理者のみ」、「オーナー、管理者と一部のメンバー」、または「ユーザーグループ」に制限することができます。 
  • Enterprise Grid プランでは、OrG オーナーと OrG 管理者はオーガナイゼーション全体のワークフロービルダーを無効にすることができます。ワークフロービルダーが有効にされている場合、OrG オーナーと管理者は、アクセスを規定する OrG 全体のポリシーを設定したり、個々のワークスペースのオーナーと管理者にワークスペースレベルでのアクセス管理を許可したりすることができます。 

詳細は、ワークフロービルダーのアクセスと権限を管理するを参照してください。


ワークフロービルダーのチュートリアルとリソース

ワークフロー作成の参考にしていただけるように、プロセスをわかりやすく一連のチュートリアルにまとめました。ワークフロービルダーのチュートリアルでは、初期設定、ステップの追加とカスタマイズ、公開などを順を追って説明します。順番どおりに見ることをおすすめします。

*高度な技術知識を持っている方におすすめします。

追加情報

Slack お役立ち情報には、ワークフローのアイデアや手始めに使用できるテンプレートのライブラリがありますのでチェックしてみてください!開発者の方は、Slack API のページにアクセスすると、Slack アプリのワークフローステップの構築方法について詳しい情報を確認できます。 


ワークフローの可視性

ワークフローを公開する前は、自分自身とコラボレーターのみがワークフローにアクセスできます。ワークフローを公開すると、ワークスペースのオーナーと管理者がワークフローを表示し、各自をコラボレーターとして追加できるようになります。オーナーや管理者がワークフローのコラボレーターになると、Slack でワークフローの編集、公開停止、削除ができるようになります。コラボレーターが追加または削除されると、ほかのコラボレーター全員に Slackbot から通知が届きます。

注意 :オーナーや管理者が参加していないプライベートチャンネルにワークフローがある場合、そのプライベートチャンネルの名前はオーナーや管理者に表示されません。


ワークフロービルダーと Enterprise Key Management(EKM)

Enterprise Key Management(EKM)をお使いのお客様がワークフロービルダーを使用する場合、次のデータをお客様のキーで暗号化できます。 

  • ワークフローのブループリント
    ワークフローのステップ、メッセージ、フォーム、変数、ワークフローが追加されるチャンネル
  • ワークフローのメッセージとフォームのデータ
    ワークフローで送信または収集されたすべてのメッセージとフォームのデータ

オーガナイゼーションで EKM が有効な場合、2020 年 5 月 14 日よりも前に作成されたワークフローは暗号化されません。この日付以降に作成されたワークフロー、およびワークフローによって送信または収集されたすべてのデータは EKM に準拠しています。 

注意 :  ワークフローの名前は EKM で暗号化されません。