ワークフロービルダーガイド

この機能を使えるのは誰?
  • メンバー全員 (デフォルト)
  • スタンダードプラスEnterprise Grid の各プラン

ワークフロービルダーは、定型的なプロセスを Slack ワークフローへと簡単に変換できるツールです。ワークフローは、複数のステップからなるタスクやプロセスが自動化されたものです。

デフォルトではゲスト以外、ワークスペースのメンバーなら誰でもワークフローを作成できます。公開ワークフローは、ゲストや共有チャンネルに参加している別のオーガナイゼーションのメンバーを含め、チャンネルのメンバー全員が使用できます。

Tip :  Slack アプリ開発者は、ワークフローステップのオープンベータ版への参加を承諾して、ビルダーが Slack ワークフローをサービスに接続するためのステップを作成できます。ドキュメンテーションを確認して Slack API を利用開始してください。 

ワークフローの使い方

仕事内容や会社の規模にかかわらず、カスタムワークフローを使用してチームの仕事を効率化できます。必要に応じて、テンプレートからワークフローを作成することも、作成済みのワークフローファイルのいずれかを変更することもできます。次にワークフロービルダーで自動化できるプロセスの例を紹介します。

Slack デスクトップアプリやブラウザの Slack からアクセスできるワークフローテンプレートをいくつか用意しています。テンプレートを使うには、ワークフロービルダーを開き、画面上部の「Templates (テンプレート)」タブをクリックします。また、Slack お役立ち情報にアクセスし、さまざまなワークフロー例の中から選んでダウンロードし、ワークフロービルダーにインポートすることもできます。 

 

ワークフローを作成する

ワークフロービルダーの基本

  • ワークフローは、トリガーと、タスクを完了するための一連のステップで構成されます。
  • ワークフローの作成者は、コラボレーターを追加してワークフローの管理に協力してもらうことができます。
  • ワークフローを作成できるかどうかは、ワークスペースの設定によって異なります。

ワークフローの作成を思いついたら、デスクトップの Slack から作成できます。ワークフローを公開する際には、チャンネルのトピックに簡単な説明を追加しておけば、メンバーにワークフローの使い方が伝わりやすくなります。

 

ワークフローを起動する 

ワークフローがチャンネルに追加されたら、チャンネルのすべてのメンバーがそのワークフローを使用できるようになります。ワークフローの設定によっては、チャンネルに参加する、特定の絵文字リアクションを使用するなど、メンバーが実行したアクションに基づいて自動的に開始できます。それ以外のワークフローは、チャンネルのショートカットメニューから起動できます。

デスクトップ

モバイル

  1. チャンネルから、メッセージフィールドの左側にある  「稲妻」アイコンをクリックします。
  2. #チャンネル名に追加済みの下で、ワークフローを選択して起動します。 
  1. チャンネルから、 「稲妻」アイコンをタップします。 
  2. #チャンネル名に追加済みの下で、ワークフローをタップして起動します。

Tip :チャンネルにワークフローが含まれている場合、「稲妻」アイコンが青色になります。このアイコンをクリックすると、チャンネル内で利用できるすべてのワークフローが表示されます。


ワークフローの作成権限を管理する

スタンダードプランとプラスプランでは、ワークスペースのオーナーとワークスペースの管理者はワークフローの作成権限を管理権限のあるメンバー種別またはワークスペースの特定のメンバーに制限することができます。

Enterprise Grid プランでは、OrG オーナーと OrG 管理者はオーガナイゼーション全体のワークフロービルダーを無効にすることができます。ワークフロービルダーが有効にされている場合、OrG オーナーと管理者は、アクセスを規定する OrG 全体のポリシーを設定したり、個々のワークスペースのオーナーと管理者にワークスペースレベルでのアクセス管理を許可したりすることができます。

詳細は、ワークフロービルダーのアクセスと権限を管理するを参照してください。


ワークフロービルダーと Enterprise Key Management (EKM)

Enterprise Key Management (EKM) をお使いのお客様がワークフロービルダーを使用する場合、次のデータをお客様のキーで暗号化できます。 

  • ワークフローのブループリント
    ワークフローのステップ、メッセージ、フォーム、変数、ワークフローが追加されるチャンネル
  • ワークフローのメッセージとフォームのデータ
    ワークフローで送信または収集されたすべてのメッセージとフォームのデータ

オーガナイゼーションで EKM が有効な場合、2020 年 5 月 14 日よりも前に作成されたワークフローは暗号化されません。この日付以降に作成されたワークフロー、およびワークフローによって送信または収集されたすべてのデータは EKM に準拠しています。2020 年 5 月 14 日よりも前に作成したワークフローの公開を停止または削除する場合は、コラボレーターとしてワークフローを管理するに記載されている手順を実行してください。 

注意 :  ワークフローの名前は EKM で暗号化されません。